2018年10月5日 更新

「ノート」が初のトップ、2018年度上半期の登録車販売台数

日本自動車販売協会連合会が4日に発表した、2018年度上半期の車名別販売台数速報によると、日産の「ノート」が登録車で初のトップとなりました。また、同時に発表された9月度の販売台数でも「ノート」が2位に大差を付けてトップとなっています。

「ノート」が初のトップ、2018年度上半期の登録車販売台数

2018年度上半期(4〜9月)乗用車通称名販売台数ベスト10

日産セレナ

日産セレナ

1位 日産 ノート 63.303台(92.5%)
2位 トヨタ アクア 62.220台(99.5%)
3位 トヨタ プリウス 54.388台(69.1%)
4位 日産 セレナ 47.472台(126.6%)
5位 トヨタ ヴィッツ 46.213台(105.0%)
6位 トヨタ カローラ 46.114台(130.0%)
7位 トヨタ ルーミー 44.414台(121.9%)
8位 ホンダ フィット 41.929台(86.5%)
9位 トヨタ ヴォクシー 40.746台(99.0%)
10位 ホンダ フリード 39.668台(76.8%)
トヨタクラウン

トヨタクラウン

トップとなった「ノート」や、2位の「アクア」も含めてベスト10の内、6台が前年比割れとなった上半期。それでも日産の「セレナ」 やトヨタの「カローラ」は大幅に前年比を上回っています。また、「プリウス」は前年比60%台にまで落ち込みましたが、それでも54,388台とヒット車種であることは間違いありません。

ベスト10以外では、「プリウス」以上に落ち込みが深刻なのがSUVの「C-HR」です。SUVブームはまだまだ続くと見られていながらも、前年比59.9%となってしまいました。スバルの「インプレッサ」が67%と大崩れ。これは不正疑惑が影響しているせいとみられていおり、不正のあとに登場した「フォレスター」は順調に売り上げているのと裏腹の結果となっています。

他にはフルモデルチェンジされた「クラウン」が前年比1.8倍、「リーフ」が2.5倍と絶好調。旧型との比較で10倍以上売れていた「カムリ」は、新型となった前年よりも勢いがなく80%台という前年比で、早くもセダン復権に黄信号が点灯しています。

乗用車通称名別販売台数ベスト10

スバル フォレスター

スバル フォレスター

1位 日産 ノート 13.589台(87.8%)
2位 トヨタ アクア 10.019台(77.7%)
3位 トヨタ プリウス 9.564台(72.0%)
4位 日産 セレナ 9.402台(114.8%)
5位 トヨタ カローラ 8.732台(157.4%)
6位 ホンダ フリード 8.091台(74.9%)
7位 トヨタ ヴィッツ 7.626台(118.5%)
8位 トヨタ シエンタ 7.314台(84.3%)
9位 ホンダ フィット 7.310台(82.9%)
10位 トヨタ ルーミー  7.237台(102.1%)
トヨタカムリ

トヨタカムリ

同時に発表された9月度は、「ノート」が2位「アクア」に3千500台以上の大差でトップ。「カローラ」はカローラスポーツの効果で前年比150%越えで好調さをキープ。ベスト10圏外に目を移すと、やはり「クラウン」が前年比257%と相変わらず絶好調で、EVの「リーフ」も好調に推移してます。

またスバルの「フォレスター」も前年比326%で5,154台となり、SUVのライバルの一角である日産の「エクストレイル」とマツダの「CX-5」を上回った。そしてコンパクトSUVの「ヴェゼル」や「C-HR」まで射程距離におさめた。

逆に落ち込んでいるのがトヨタの「カムリ」です。上半期でもそうでしたが、9月度ではさらにその落ち込みは大きく、なんと前年の半分となった。前年の9月はカムリがフルモデルチェンジした後で、話題も大きくセダンとしては久々の注目車種となっていました。それがわずか一年で半分になってしまったのです。この状況は現在絶好調の「クラウン」は大丈夫なのかと思ってしまうほどです。

まとめ

ホンダCR-V

ホンダCR-V

今後の注目は、新たにハイブリッドが加わった「XV」や、3列シート車が加わった「シエンタ」がどのくらい台数を上積みできるのか、新型の受注を開始したホンダの「CR-V」、さらに発売日が未定ながらもマツダの「アクセラ」やホンダの「インサイト」など、2018年後半に向けて目が離せません。
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン