2018年9月28日 更新

ジャガー初のフルバッテリー電気自動車「I-PACE」受注開始!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガー初のフルバッテリー電気自動車となる「I-PACE」の受注を9月26日(水)より開始しました。ジャガー初のEVが人気のSUVとなったことで、EV戦線はますます活性化しそうです。

ジャガー初のフルバッテリー電気自動車「I-PACE」受注開始!

先進性と機能性を併せ持つエクステリア&インテリア

ジャガー I-PACE | ジャガー初のピュアEVが登場

I-PACE | ギャラリー | JAGUAR JAPAN (44891)

「I-PACE」のエクステリアデザインは、SUVでありながらクーペのような流線型のシルエットをもち、短く低いボンネット、空力特性を強化したルーフ・デザインを備えています。そして、フロントグリルの形状やジャガー独自の「ダブルJ」グラフィック・デザインを用いたマトリックスLEDヘッドライトなど、ひと目でジャガーとわかる要素を取り入れています。

「I-PACE」のインテリアは、ラージサイズSUVに匹敵する空間を確保しています。シートポジションを低めにしているためヘッドルームは968mmもあり、リアのレッグルームも890mmと余裕があります。

そして、従来のトランスミッション・トンネルがないため、10.5リットルの便利なストレージ・コンパートメントを中央に備えることができました。さらに、リアのラゲッジ容量は656Lと広大で、シートを折り畳んでフラットにすると1,453Lまで拡大します。

さらに、リアシート下にはタブレットやラップトップが収納できるユニークなスペースや、フロントにも27Lの収納スペース「フルート」を設けるなど、スペースを最大限活用しています。
I-PACE | ギャラリー | JAGUAR JAPAN (44907)

470kmの航続距離と0-100km/h加速4.8秒の実力

I-PACE | ギャラリー | JAGUAR JAPAN (44906)

Jaguar Land Rover Japan Media Centre (44895)

「I-PACE」は最先端の90kWhリチウムイオン・バッテリーを搭載し、470kmという航続距離を実現しています(WLTPサイクル)。

さらに、車軸と一体化させた軽量かつコンパクトなジャガー製電動モーターを前後輪にそれぞれ各1基ずつ配置し、瞬時に4輪すべてに正確なトルクを配分します。

そのパフォーマンスは最高出力294kW/400PS、最大トルク696Nm、そして0-100km/h加速4.8秒を誇っています。

さらに、日本市場向けには50kW CHAdeMO規格の急速充電に対応しており、自宅や高速道路のサービスエリアなどの公共設備で充電が可能です。

0%から80%までバッテリーを充電する際、DC急速充電(50kW)の場合は約85分、急速充電(100kW)の場合は約40分で充電できます。

そしてAC普通充電(7kW)の場合は、約10時間で同じく80%まで充電できるため夜間や目的地充電が理想的です。
I-PACE | ギャラリー | JAGUAR JAPAN (44898)

また、「I-PACE」専用に車体の94%にアルミニウムを使用した堅牢かつ軽量なアルミニウム・アーキテクチャーを設計・採用。

さらに、ボディ構造の一部としてフロントとリアにアルミニウム製のサブフレーム、その間にバッテリーフレームを可能な限り低い位置でレイアウトすることで、理想的な重量配分50:50と、ジャガー史上最も高いねじり剛性を実現しています。

ワンペダルドライビングと最大水深500mmまでの渡河走行

Jaguar Land Rover Japan Media Centre (44900)

そして、回生ブレーキと機械式ブレーキを一体制御する電動ブレーキ・サーボを搭載し、2段階から強度が選択できる回生ブレーキにより、「シングルペダル・ドライビング」が可能になりました。これにより、アクセル・ペダルから足を離すと回生ブレーキが作動し、ブレーキを踏んでいなくても車両を完全に停止させることができます。

さらに、オプションの「連続可変ダンパー付エアサスペンション」は、乗降時、通常時、オフロード走行時で3段階調整でき、通常90mmから乗降時には40mm下がり、オフロード走行時には最大50mm上がります。そのため、BEVでありながら最大水深500mmまでの渡河走行が可能となっています。

ジャガー「I-PACE」メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

・I-PACE S:9,590,000円
・I-PACE SE:10,640,000円
・I-PACE HSE:11,620,000円
・I-PACE FIRST EDITION:13,120,000円

まとめ

「I-PACE」は、BEV(フルバッテリー電気自動車)だからこそ実現できた画期的なデザインやパッケージング、最新テクノロジーの数々、そしてジャガーならではのスポーツカーのパフォーマンス、SUVとしての実用性や居住空間など、ジャガーのすべてを結集させたモデルとなっています。

日産の「リーフ」と比べたらかなりの高額車種ですが、その先進性とデザインそしてEVのスペックを考えれば、相当な人気車種となりそうです。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン