2019年2月11日 更新

コンパクトサイズでも中身は本格のGT!それがフォルクスワーゲン・ポロGTIです!

まさに走りのハッチバック!コンパクトサイズなので、どんな場所でも快速・軽快!ポロGTIの実力を検証します!

コンパクトサイズでも中身は本格のGT!それがフォルクスワーゲン・ポロGTIです!

走りの証明「GTI」

バッジ

バッジ

フォルクスワーゲンではGTIシリーズを「ホットハッチ」と命名しているわけですが、このGTIシリーズは「up! GTI」、「ゴルフGTI」と今回採り上げた「ポロGTI」の3車種があります。

実はエクステリアにはGTIのバッジだけで、それぞれの車名はありません。つまり、車名よりグレード名が優先されているということで、いかに「GTI」というグレードがフォルクスワーゲンにとって大事なのかがわかります。
現行車は2代目で2018年7月に登場しています。

ボディーサイズはやや大きくなり、4075×1750×1440mmの3ナンバーになっています。
以下、主要スペックです。
ホイールベース:2550mm
車重:1290kg、駆動方式:FF
エンジン:2L直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT(DSG)
最高出力:200ps/4400~6000rpm
最大トルク:32.6kgm/1500~4350rpm
タイヤ:前後共 215/45R17 91W(ミシュラン・プライマシー3)
燃費:16.1km/リッター(JC08モード)
価格:344万8000円(ベース車)

魅惑のデザインと品質

フロントグリル

フロントグリル

先代と比べると全体のデザインはシャープかつダイナミックになっています。フロントグリルからヘッドライトまでをつなげた赤いラインが、このクルマがGTIであることを明確に知らせています。GTIバッジは前後左右に配置。さり気なくではありますが、特別なモデルであることがしっかり伝わってきます。

デュアルエキゾーストパイプはクローム仕上げ、そしてリアスポイラーなどのGTI専用のパーツも雰囲気づくりに役立っています。
シート

シート

インテリアで特徴的なのが伝統のタータンチェック柄シートです。これでGTIであることをわかりやすく知らせてくれます。赤と黒というのは初代ゴルフGTIからずっと受け継がれているのですが、当初はちょっとしたアクセントでした。それが現代のポロGTIにおいては室内全体にまで波及させてあります。結構鮮やかでちょっと驚くかもしれません。
インパネ

インパネ

そもそも他のメーカーでも、赤と黒でスポーティーなイメージを表現することはよくあるわけで、一般的にタータンチェックが赤と黒の組み合わせであり、本革ステアリングホイールにも赤いステッチが施されていたりします。

しかしポロGTIではダッシュボードまでもが赤と黒のパッドだけで構成されており、まさに徹底しています。かなり強いコントラストなので、これに慣れるのにはやや時間が要るかもしれないですね。

それでも質感の高さという点については素晴らしく、先代のポロと比べても群を抜いているレベルです。
足回りは可変ダンピングシステムのセレクトモード付き、電子制御ディファレンシャルロックのXDSも標準装備となっています。オプションになりますが、メータークラスター全体がデジタルディスプレイとなる「アクティブインフォディスプレー」も用意されています。装備だけを見れば、もはや完全なフル装備状態です。
エンジン

エンジン

新型ポロGTIのエンジンは、1.8リッターターボだった先代からから2リッターターボに排気量が拡大されています。ポロGTIとしては初めて2リッター直噴ターボエンジンを採用したのです。ノーマルモデルの方はダウンサイジングで1リッターターボになっているのとは逆です。

しかしこれはパワーアップに効果がある上、燃費向上の点でも有利だと判断したからで、このところ見直されてきている方策でもあります。最高出力は192psから200psへと僅かな向上しかしていませんから、この点でも効率を追求している狙いが大きいと考えられるでしょう。

そして日本で販売されるフォルクスワーゲン車では初のミラーサイクル方式を採用しており、より燃焼効率を高めています。

ドライビングプロファイル機能

ドライビングプロファイル機能

ドライビングプロファイル機能

本格的なホットモデルですが、エコドライブもお手の物です。ポロGTIにはドライビングプロファイル機能が標準装備されていて、通常の「ノーマル」に加えて、「エコ」、「スポーツ」、「カスタム」という各モードが選択できます。これでステアリング、エンジン特性、ギアボックスの制御プログラムなどが変更され、ダンピング特性も調整されるのです。

ダンパーはノーマルとスポーツの2種です。「エコ」は燃費追求モードです。これを選ぶと運転感覚はかなりマイルドで静か、乗り心地も良好です。それでも一般のTSIハイラインよりもパワフルです。

スポーツモードに変えると、性格が一変します。発進時はエコモードとは比較にならず、目の覚めるような加速です。ワインディングロードでは特に実力が発揮され、アクセル(右足)の力を少し抜くだけですぐシフトダウンされ、コーナー出口ではすぐに加速に移ることができます。ステアリングの反応もよく、山道を爽快に走り抜ける楽しさが満喫できます。

トランスミッション

トランスミッション

トランスミッション

トランスミッションは湿式のクラッチを持つ6速DSGです。最近のワーゲンのDSGは、ステップAT的なシフト感覚を追求して、本来のDSGが持っているスピード感に欠ける傾向もあったのですが、GTIではスピード感が重視されています。

オートマチックトランスミッションと同様のシンプル操作で、0.03~0.04秒(自社調べ)という瞬きする程度の時間でシフトチェンジが可能。切れ目のない滑らかな加速感を得ています。

先進の安全装備

先進の安全装備

先進の安全装備

新時代のGTIですから先進安全装備も万全です。歩行者対応型のプリクラッシュブレーキ、後方死角検知機能、後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能などが装備されています。

プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”は、全速度域においてレーダーが前方車両との距離を検知します。衝突の危険がある場合は、制動距離の短縮化のためにブレーキ圧を高めてスタンバイ状態を保持します。

全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)も付いているので、高速道路でも快適です。これはレーダーセンサーを組み合わせたシステムで、高感度レーダースキャンで先行車を測定します。任意で設定したスピードを上限に自動で加減速を行って、一定の車間距離を維持します。このシステムは渋滞など低速度域でも作動、先行車が完全に停止するまで制御してくれます。

全方位高性能なポロGTI

全方位高性能

全方位高性能

昔のゴルフGTIは言ってみれば「ちょっとだけ高性能」だったのですが、もはや現代のポロGTIは「全方位高性能」なクルマに進化しています。

コンパクトサイズでも洗練されたデザインと先進の技術を備え、妥協のない走りへの高いパフォーマンスを誇っています。価格は約350万円からですが、内容からすればコストパフォーマンスは相当なものだと思います。 ホットハッチのイメージを変える新しい選択肢であることは間違いないでしょう。
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bsr-kansai bsr-kansai