2019年4月22日 更新

4/16に上海モーターショーで日産新型シルフィ初披露目!

日産シルフィが、上海モーターショー2019にて新型を初公開しました。シルフィの持つスポーティ感を更に推し進めて、パワートレイン等も最新のものが搭載されていそうです。この新型をご紹介していきます。

4/16に上海モーターショーで日産新型シルフィ初披露目!

日産 新型シルフィ(上海発表)のエクステリア・内装の特徴

4/16に発表された上海モーターショーでの日産新型シルフィ画像

日産自動車株式会社(本社 神奈川県横浜市西区、社長 西川 廣人)は、上海モーターショー2019にて、最新技術の「ニッサン インテリジェント モビリティ」を搭載した、新型シルフィを世界お披露目しました。

新型シルフィは、燃費性能を向上させた新しいパワートレインを装備することで、さらに低重心でワイドなスタンスも可能にし、空力性能を向上させたエクステリアデザインに仕上がっています。

広々と質感を高めた内装をコンセプトに開発された新型シルフィは、さらにシームレスなコネクティビティ機能と最新安全技術によってドライバーをサポートスロことにも着目しています。同モデルは、日産としての最新技術を搭載し、新しい日産グローバリゼーションを展開していくモデルとなっていますね。

新型シルフィは、最新のニッサン インテリジェント モビリティとして、まずは中国市場に投入されます。スタイリッシュなデザイン、先進のコネクティビティ、そして安全技術などによって、同モデルは、世界市場を牽引するファミリーセダンとして日産が投入していくモデルです。

副社長のダニエレ スキラッチは、「お客さまにこれまでにない自信とワクワクを提供します」と上海モーターショー2019会場で述べています。

中国市場は、カーメーカーにとって非常に大きな市場であると言えます。やはり、人口が多く、国内総生産が拡大して、需要の多い国では、車だけでなく、色々な物品やサービスの需要があるのではないでしょうか。日産のシルフィも最新の技術を搭載して、中国市場を初めにグローバル展開していく予定でしょう。

Watch Nissan unveil the all-new Sylphy at Auto Shanghai 2019 (full press conference).

エクステリアデザインでのポイントは、GT-Rに近いCd値0.26を達成している点です。スポーティなエクステリアは、低い重心と流線形のデザインの融合となっています。

フロントは、日産デザインを象徴するVモーショングリル、リヤにはブーメラン型のLEDテールライトを採用しています。サイドは、ダブルウェストライン仕様とすることで、躍動感を表現しています。

ダイナミックなエクステリアデザインだけでなく、動的パフォーマンスの向上もさせています。新型シルフィは、最新のHR16DE型エンジンとエクストロニックCVTを搭載しています。同パワートレインは、燃費性能を向上させるだけでなく、スムーズなドライビングを可能にしています。

ハンドリング性能を向上させるために、ステアリングやサスペンション、ボディの剛性を高めました。これにより、安定したドライビングフィールに仕上げてもいます。

室内空間は、最近の定番となっているワイド、ロングホイールベース、ショーとオーバーハングによって、広々とした空間に仕上がっています。シートは、人間工学に基づいて設計されたソフトで快適な仕様です。

インテリアカラーは、スポーティなブラック、ライトグレー、そして特別色のタンの3色が設定されています。シートには、ラグジュアリーな印象を与えるダイヤモンドカットのキルト柄が描かれています。

快適をアップさせるために、3つのエアコンダクトを装備した空調システムです。快適性と利便性をアップするためにデザインされたアイディアインテリアになっています。左右のフロントシートとリアシート各々で、スイッチコントロールすることが可能です。

インストルメントパネル中央にある8インチモニターだけでなく、機能的でスマートデザインのメーターパネルでは、色々な情報表示を可能にした7インチ高解像度TFTモニターが搭載されています。

新型シルフィは、スマートフォンともシームレスにつながることが出来ます。ボイスコマンド機能を採用することで、コネクティビティ性能もアップしています。

下記の安全装備等が盛り込まれています。
インテリジェント トレースコントロール
インテリジェント ライドコントロール
踏み間違い衝突防止アシスト
前方衝突予測警報(インテリジェント FCW)
後側方車両検知警報(BSW)
車線逸脱警報(LDW)
後退時車両検知警報(CTA)
ふらつき警報(インテリジェント DA)
など。
ドライバーをサポートする最新ニッサン インテリジェント モビリティ技術や先進の安全装備が、数多く搭載されていますね。
 (59107)

米国セントラ(日本名シルフィ)

日産セントラは、日産自動車が北米を中心に販売している小型乗用車です。初代から5代目まではサニーの北米向けモデルとして販売されていましたが、ティーダの登場を期に、セントラは、プリメーラやシルフィモデルへと車格変更され登場しています。

北米現行型となるセントラは、北京モーターショー2012で発表されたシルフィの北米バージョンとなっています。今回上海モーターショーで発表になった新型シルフィが、次期北米バージョンへとなるやもしれませんね。

 (59114)

日本で販売の現行型シルフィ

日本では、ブルーバードから始まったモデルであります。後にブルーバードシルフィとなり、現行型で単独シルフィとなっています。北米市場ではセントラ、オーストラリアでは、パルサーセダン、台湾市場ではスーパーセントラなど、世界戦略車として販売されています。

日本でもシルフィとして販売されていて、登場してからすでに7年が経過しようとしています。日本シルフィも上海モーターショーで初お披露目された新型シルフィになっていく可能性が大きいと言えますね。
 (59030)

まとめ

日産シルフィは、世界各国で販売されている世界戦略車です。地域によって、デザインは統一されていてもモデル名が違っている点は、各メーカーと同じく、その地域での愛称やアイコニックによるものでしょう。

日本では、現行型のシルフィ登場から7年ほど経過しています。今回世界で一番の市場とも言える中国、上海モーターショー2019で、新型シルフィが、初雄披露目となりました。新型シルフィの日本登場が楽しみです。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me