2018年7月27日 更新

ダイハツ「ミラ トコット」約9,000台を受注!月販目標台数の3倍!

ダイハツは6月25日に発売した 「ミラ トコット」の累計受注台数が、発売後1ヶ月で、月販目標台数3,000台の3倍となる約9,000台となったことを発表した。 シンプルなデザインやスマートアシストⅢなどの安全・安心性能が好評だとしている。

ダイハツ「ミラ トコット」約9,000台を受注!月販目標台数の3倍!
ちなみに6月度の新車販売台数によると、ベース車の「ミラ」は9,114台とライバルのスズキ「アルト」に大きく差をつけていますが、前年同月比が70%台となっているのが気になります。

これが新型の「ミラ トコット」の発売を待つ買い控えなのかは不明ですが、「ミラ」を検討している方が「ミラ トコット」を見て車種変更した可能性もあります。

そして、生産できる台数の都合により、累計受注台数がそのまま数字に反映されることはありませんが、かなりの台数が「ミラ」としてカウントされるとみられ、7月度、8月度の新車販売台数の発表が注目されます。

誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ

 (37691)

「ミラ トコット」は、「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」をコンセプトに、若年層や女性、そしてエントリーユーザーをはじめとする幅広い方々に向けて開発した軽自動車です。

そして、シンプルで愛着のわくデザインや、車両感覚がつかみやすく死角の少ないパッケージ、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」をはじめとした安全・安心装備などを採用しながら、軽自動車ならではのお求めやすい価格を実現しています。

新型「ミラ トコット」の受注内容

 (37694)

・受注台数:約9,000台
・月販目標台数:3,000台

「ミラ トコット」の購入層はメインターゲットの若年女性はもとより、子離れやシニアなど幅広い年齢層にわたり、想定の約9割を上回る、ほぼすべての購入者がスマートアシストⅢ搭載グレードを選択しているのが目立っている。また、ボディカラーでは新色のセラミックグリーンメタリックが最も人気であり、アナザースタイルパッケージについても、スイートスタイルを中心に好評となっています。

好調な販売の要因としてあげられる点としては、求めやすい価格設定で装備できるスマートアシストⅢやパノラマモニターなどの安全・安心性能や車両感覚がつかみやすく、安心して運転できるパッケージ ・シンプルで愛着のわくデザインがあげられています。

カワイイから運転しやすさと安心感へ

 (37697)

軽自動車の中では、トールワゴンに人気が集中しており、これまで超低燃費性能で人気を集めたハッチバックタイプの「ミラ」や「アルト」は やや低迷気味。そこで、「アルトラパン」「ミラココア」といった若い女性をターゲットにしたモデルが投入されていました。しかし、「カワイイ」イメージが強すぎて、ターゲットとした若い女性にも敬遠されるケースも出てきました。

そこで、「ミラ トコット」はシンプルで化粧気のないスッキリしたデザインで登場。メーカーお仕着せの「カワイイ」を排除し、あくまで自分らしさのベース車としてのモデルに徹しました。デザイン以外の訴求ポイントとしては、運転しやすい箱型デザインとスマートアシストⅢやパノラマモニターといった安全装備を充実させ、これまでの「自分の部屋」「カワイイアイテム」といったものから、車本来の性能を強化するといった、考えてみれば当たり前のポイントを強化しているのです。

その結果、若い女性だけでなく、年配の方にも支持された結果の好調な受注となったようです。

まとめ

 (37701)

車両価格1,074,600円から、スマートアシストⅢを装備したグレードでも1,139,400円という求めやすい価格も「ミラ トコット」の魅力ですが、同じくスマートアシストⅢを装備したベース車「ミライース」は、939,600円から。

また、29.8㎞/Lの燃費性能も「ミライース」の35.2㎞/Lからは大きな差があります。このあたりのコスパが今後どのように評価されるのかが、本当のヒットモデルとなるのかの分かれ目となるでしょう。
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン