2018年8月19日 更新

Mercedes GLC63SベースのBRABUS 600が公開されました。ブラバスの本気を検証!!!

ブラバスから8/14に新モデルの発表が行われました。コンパクトSUVサイズとなるMercedes GLC63Sベースとし、ブラバスチューニングを施して、これから販売開始といったところのようです。ブラバス仕様を追いかけてみます!

Mercedes GLC63SベースのBRABUS 600が公開されました。ブラバスの本気を検証!!!

BRABUS 600のエクステリア等

 (39678)

ブラバスは、メルセデスベンツのトップチューナーとして知られるメーカーです。ブラバスが、メルセデスベンツGLCの頂点に位置するメルセデスAMG GLC63Sをベースに、さらなる高性能を求めてカスタマイズしたモデルがブラバス600。

フロントバンパーは、新しいBRABUSコンポーネントですね。空気力学を最適化し、前部バンパーサイドに隆起したフラップは、高速で前車軸のリフトを減少させるようです。 サイドエアインテークのためのカーボンサラウンドは、トップラインのGLCクラスをよりスポーティに。

さすがブラバスといえる重厚且つスポーティなデザインであると言えますね。そもそもベンツでトップグレードとなっているモデルを、さらに熟成していくと言う気合の入り方が凄いと!!!
 (39679)

リアのボリューム感は、もともとのベンツの重厚感を、さらにアップさせるという仕様に!4本出しのマフラーテールエンドもサイドに配置され、重厚感だけでなく低フォルムに。

バンパーデザインだけでなく、ディフェーザーデザインもSUV的な要素とレーシーな要素をミックスさせているのではないでしょうか!
 (39680)

カーボンエアロダイナミック強化コンポーネントは、高性能な4x4魅惑的なルックスを提供し、フロンとディフェーザーは、スポーティ且つレーシーな印象へ!
 (39682)

BRABUS 600のホイール&タイヤサイズ

カーボンファイバースタイリング、22インチサイズの鍛造ホイールを採用しているとの事(19インチ~の設定)。ブラバステクノロジーパートナーであるContinental、Pirelli、YOKOHAMAがSUV用の高性能タイヤを供給している模様。サイズは、265/40ZR21と295/35ZR21の高性能ストリートタイヤ。
 (39683)

BRABUS 600のマフラー能力

サウンドとパフォーマンスは、ブラバスにとって非常に重要なファクター。GLC63SとGLC63の両方に適合するブラバススポーツマフラー。ステンレス排気システムは排気圧を低減してくれる逸品。

排気音を電子制御するための排気フラップを装備し、 コックピットから、ドライバーは控えめな ComingHomeÂモードと、排気口フラップのオープンポジションのどちらかを選択することで、お好みの音色を選ぶことが出来るとも言えますね。
 (39684)

BRABUS 600の内装等

ブラバスは、ユーザー嗜好のためにスポーティーなアルミニウム製アクセサリーから、最高級の革とアルカンターラで作られた絶妙なブラバスファイン・レザーのアレンジまで、インテリアをカスタマイズするためのさまざまなオプションをご用意くれているとの事。

最高級のブラバスMastikレザーは、特に柔らかく通気性の高いレザータイプとなっている模様。アルカンターラは、手作業でどんな色でも高品質のインテリアに高精度に提供できる素材。

ダッシュボード、シート、ドアパネル、ヘッドライナーも同期で装備。 ブラバスの内装装飾とカーボンファイバーのトリムセットは、同様に色と表面仕上げの点で最大の品揃えとなっているとの事。

コックピット内では、カスタムアクセサリーの幅広い装備によってさらにアップグレードされています。 アルミ製のドアロックピンとペダル、そしてバックライト付きのBRABUSロゴは、色の変化が楽しめ、ステンレススカーフプレートまで、インテリアの雰囲気の照明と同期。
 (39685)

BRABUS 600のパワートレイン等

4000㏄8気筒のツインターボエンジンは、BRABUS PowerXtra B40 600の性能向上のためにさらに強化。 600hpの出力と800Nmのピークトルクで、同モデルは、わずか3.6秒で100km/hに。 最高速度は電子的に300km/hに制限


プラグアンドプレイ補助制御モジュールは、電子エンジン制御ユニットと統合されている模様。噴射および点火のために新たなマッピングを導入し、同時にブースト圧力を適度に増加させることを可能に。 その結果、ピーク出力は、5,800rpmの低速で510hpから 600hpにジャンプする可変最高出力式に。

AIRMATICエアサスペンションのためのブラバスコントロールモジュールは、高性能SUVの乗り心地を約30ミリメートル下げることを可能にしています。 その結果、4x4はよりエキサイティングに見えるだけでなく、より低い重心のおかげでさらにスポーティな印象と重厚感をかもし出しています。
 (39686)

まとめ

ブラバスから8/14にMercedes GLC63SベースにしたBRABUS 600を発表しました。現時点で価格等が公表されていないので判断が難しいところですが、ベースグレードが¥14,330,000となっておりますので、2000万円前後となってくるでしょう?!

ブラバス問い合わせ
Brabus-Allee、D-46240 Bottrop、
phone + 49/02041 / 777-0、
ファックス+ 49/02041/777-111、
インターネットwww.brabus.com
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me