2018年10月17日 更新

マツダ 新型アテンザのおすすめカラーを紹介します!

マツダの中型セダン「アテンザ」は、知名度が高く、上級感を感じさせる洗練されたデザインであると思います。そして、その大きい車体から繰り広げられる走行性能とはどんなものなのか気になるところであると思います。また、その洗練されたデザインには様々なカラーバリュエーションが存在していて、より多くの方に親しまれるカラーを持ち備えているのです。女性でも乗れるようなカラーも存在していると思います。 今回は、「アテンザ」の基本性能から走行性能、様々な特徴を紹介していきながら、あなたに合ったお気に入りのアテンザが持てるようなカラーバリエーションの組み合わせなどもご紹介していこうと思います。

マツダ 新型アテンザのおすすめカラーを紹介します!

【アテンザ】の全色ボディカラーと輝きの秘訣

【MAZDA】アテンザ エクステリア・ボディカラー - 生命感あふれる魂動デザイン (47272)

「アテンザ」と言えば赤の外観のボディカラーをイメージする人は多いのではないでしょうか?そして、これだけ赤の似合う車はないと思わせるほどの鮮やかな輝きを放っています。

例えばトヨタのアクアは青、クラウンは白、スバルは青などメーカーや車種によって標準カラーが決まっているものだと思います。そして「アテンザ」をネットで調べてみたりホームページを見てみると、やはり赤色の外観が代表的な色となっています。
しかしなぜ「赤」なのか?気になるところであると思います。その理由として、マツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」ならではの生命力溢れたエネルギッシュな強さと鮮やかさと、濁りのない深みと艶感を実現させているからであるということです。
【MAZDA】「匠塗 TAKUMINURI」|Be a driver. (47275)

1位〜8位までのボディカラーを紹介! 8位「チタニウムフラッシュマイカ」

 (47809)

シンプルかつ洗練されたクールなデザインです。黒でもなくグレーでもないカラーが個性を発揮します。このボディカラーでホイールをカスタムしてみたらなかなか格好良い輝きを見せるのではないかと思います。

7位「ブルーリフレックスマイカ」

価格.com - アテンザセダン(マツダ) XD 東京都 149.3万円 平成25年(2013年) [18630863] - 中古車 (47302)

ほどよく薄いボディカラーは、女性にとっても乗りこなせそうなデザインになっていると思います。そして、シルバーにも見え紺色にも見えるこの色は、ビジネスカーとして使用したら面白いのではないか?と思わせるカラーだと思います。

6位「ディープクリスタルブルーマイカ」

 (47297)

トヨタの「ハリアー」というSUVの特別仕様車としてこの紺色が採用されていました。
紺色は個性を発揮し、上級感をイメージさせます。

青過ぎない紺色とマツダの塗装技術「匠塗」によって、その上級感溢れる色は誰も文句をつけることはないといえる鮮やかなデザインとなるでしょう。

そして、この上級感溢れるボディカラーには黒も似合いますが、ブラウンの内装色がより一層紺色を強調させる色としてオススメです。
【MAZDA】アテンザ インテリアデザイン - 本物素材で丹念に造り込んだシート (47299)

【MAZDA】アテンザ インテリアデザイン - 本物素材で丹念に造り込んだシート (47300)

5位「マシーングレーププレミアムメタリック」

(この色も特別塗装色となっているので、約54000円程の塗装料金がかかります。)
 (47293)

グレーではあるけれど逞しいブラックのデザインにも見え、シンプルで鮮やかなデザインと言えるでしょう。また、塗装技術「匠塗」によって新車を購入した時には一際輝いて見えることは間違いないと思います。この色は街乗りでとても似合いそうなデザインです。

4位「ソニックシルバーメタリック」

 (47807)

洗練された機械をイメージさせるようなシルバーは、まるでカスタム仕様の車にも見えます。

また、ホイールにメッキをつけたりして光沢をつけたとしても、なかなか目立ちにくいと言えるほどボディのシルバーカラーが目立つと思います。敢えてシルバーを強調させるのも面白いかもしれません。

内装のカラーはどの色でも合うと思います。

3位「ジェットブラックマイカ」

 (47806)

深みのあるこの黒いカラーは、精悍なデザインに相性の良い色と言えます。また、アテンザのカラーバリエーションの中では一番深みのある濃い色にも見えます。接待やビジネスでも活躍する車と言えます。

2位「スノーブレイクホワイトパールマイカ」

(特別塗装色となるので、約30000円程の有料塗装となります。)
 (47808)

シンプルな無難な色に見えるけどマツダの代表的デザインカラー「赤」ではないというさりげなく個性を発揮する色です。白く輝くデザインは見る人を魅了し落ち着いた気持ちにさせる綺麗な色です。内装は白でも似合うかもしれません。

1位「ソウルレッドクリスタルメタリック」

(メーカーオプションの為、約75000円程の有料塗装色となります。)
【MAZDA】アテンザ エクステリア・ボディカラー - 生命感あふれる魂動デザイン (47279)

マツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」による代表的なカラーと言えます。「アテンザ」を買うならもうこの色以外を選ぶことはなかなかありませんと言えるほどインパクトが強く、セダンの中でも「アテンザ」だからこそ似合う色なのかもしれません。

また、外観が赤には内装色は黒が似合うと思われます。
【MAZDA】アテンザ インテリアデザイン - 本物素材で丹念に造り込んだシート (47281)

まとめ

「アテンザ」の外観ボディカラーには8色あることが分かっていただけたかと思います。

そして、洗練されたマツダの塗装技術によってより一層輝きを放ち、「スカイアクティブ」により優れた走行性能を持ったことにより改めてその輝きを魅せていると思います。

また、内装のインテリアカラーには、ナッパレザー仕様の「ピュアホワイト」「オリエンタルブラウン」「クロスブラック」の3色がありますが、上級機種「L Package」では、日本の伝統と先端技術により生まれた新素材「ウルトラスエード®ヌー」を採用しているそうです。

そして、木そのものの風合いを空間に取り入れるため、本杢の“栓(せん)”という素材をインテリアに採用しているので、自然と一体化できる感覚を持つこともできそうです。

この記事を参考に是非、お気に入りのデザインのマツダの車に乗ってみてください。
37 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan