2019年4月19日 更新

メルセデスベンツA35-AMG 4マチックセダンが初公開!

メルセデスベンツ AMGから、Aクラスセダンをアップデートさせたモデルが登場しそうです。現時点では、日本未導入のAクラスセダン(A35-AMG 4マチックセダン含め)です。Aクラスのハッチバックは、日本で販売され続けています、AMGモデルのエクステリアや内装等をご紹介していきます。

メルセデスベンツA35-AMG 4マチックセダンが初公開!

メルセデスベンツA35-AMG 4マチックセダンのエクステリア等

メルセデスベンツAMGでは、ホットハッチモデルの販売好評の結果を受けて、新たにセダンバージョンを開発しています。同モデルは、新しいコンパクトプラットフォーム二番目のモデルとなっています。

同社では、コンパクトモデルの成功を継続していくために、コンパクトスポーツモデルでのセダンをラインアップさせたのではないでしょうか?同モデルのデザインや内装、そしてパワートレイン等をご紹介していきます。

フロントビューは、同モデルの強いプロポーションを表すように、ツインルーパー付きのラジエターグリルに、AMGフロントエプロン、そしてフロントスプリッターを特徴としています。

ヘッドライトユニットは、細長く両端に向かって上がっているディテールです。このフロントマスク全体で、AMGのスポーツ性をアピールしています。
https://www.netcarshow.com/ (57999)

via https://www.netcarshow.com/
サイドビューでは、フロントとリアのセクションを短くして、ホイールベースを長くしていることが解ります。ホイールベースが、2,729mmとなっていて乗員がゆとりを持って乗れることと、スポーティさを表現していますね。

サイドステップが装備され、このモデルがスポーツモデルであることを強く主張しています。サイドのプレスラインやディテールは、このモデルの強いキャラクターラインとなっていますね。
https://www.netcarshow.com/ (58000)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューで特徴的なのは、新デザインのすっきりした印象のディフェーザーです。そして2分割のテールライトとあわせて、横幅を強調するデザインにしています。さらにトランクリッドには、リップスポイラーが装備されていて、リアの全体的なフォルムに味付けをしています。

https://www.netcarshow.com/ (58001)

via https://www.netcarshow.com/
ホイールは、18インチのツインスポーク軽合金ホイールが採用されています。オプションでは、19インチのホイールも用意されています。
https://www.netcarshow.com/ (58002)

via https://www.netcarshow.com/

メルセデスベンツA35-AMG 4マチックセダンの内装等

新しいMBUXマルチメディアシステムでは、直感的な操作構造とスポーティなデザインを兼ね備えて装備されています。このシステムは、車両、運転手および乗客の間に、さらに密接な関係を作り出せるように設計されてます。最高の最高解像度3Dグラフィックが特徴です。

2つのディスプレイが、ワイドスクリーンコックピットに溶け込むことで、インテリアデザインの水平方向の向きが強調されていますね。インストゥルメントモニターでは、3つのAMGスタイルが選択できます。

一方タッチスクリーンマルチメディアモニターでは、運転プログラムの視覚化、AMG TRACK PACE、テレメトリデータなど、個々のAMGディスプレイによる動的なキャラクターによって表現されています。

新設計のステアリングホイールが、ドライバーコックピット最大の特徴です。ステアリングデザインは、下部を平らにし、グリップ部をパンチングレザーで構成、そしてレッドのトップステッチを施しています。

さらにオプションのAMG パフォーマンス ステアリングホイールでは、ハンドルスポークの右下にディスプレイが内蔵されたコントローラとハンドルスポーク左下のカラースイッチを装備することが出来き、AMG起動プログラムをこの2つを通じて、直接コントロールできます。
https://www.netcarshow.com/ (58003)

via https://www.netcarshow.com/
シートカラーは、赤をステッチにあしらったマイクロファイバー×人工皮革または、ブラック×ネバーグレーの人工皮革が用意されています。

ロングホイールベースのお陰で、後席の足元にもゆとりが作り出されています。また、頭上のクリアランスも多くなるようにシート設計も行われて、開放的な空間ですね。
https://www.netcarshow.com/ (58004)

via https://www.netcarshow.com/

メルセデスベンツA35-AMG 4マチックセダンのパワートレイン等

パワートレインでは、2000㏄4気筒ターボエンジンが搭載されています。最高出力は、306hpです。アルミダイキャストのクランクケースが、重量低減を担っています。ターボは、ツインスクロール式になっていて低回転から効率的に圧が掛かかる仕様です。

組み合わされるミッションは、AMG SPEEDSHIFT DCT 7Gデュアルクラッチトランスミッションとなっています。俊敏性とダイナミック性の両方を兼ね備えた仕様です。

全輪駆動である同モデルは、トルク配分もドライバーのハンドリング要求に合うように自在に可変してくれます。エンジンから前後への配分は、50%:50%の範囲で可能です。
https://www.netcarshow.com/ (58005)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

メルセデスベンツA35-AMG 4マチックセダンは、ベースモデルをAMG専用のスポーティなデザインにし、パワートレインにもAMGのチューニングが施されて登場します。

このモデルは、AMGから多数のオプション設定があるのも魅力です。例えばエアロダイナミックパッケージでは、フロント・サイド・リアなど、車両一周分のより押し出し感のあるエアロパーツです。装着後には、機能的にもデザイン的にもアップデートされます。

日本への登場は、現時点でベースモデルのセダンの販売が行われていないので、もう少し時間がかかるのではないでしょうか?A35-AMG 4マチックセダン(ベースモデルのAクラスセダン含め)の日本導入が楽しみです。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me