2018年9月25日 更新

Suzuki イグニスの魅力を御紹介します!

イグニスは、軽クロスオーバーSUVのハスラーと、小型クロスオーバーSUVのエスクードの間を埋める新ジャンルとして企画されています。大きさも小さめのハスラーと、車体の大きいエスクードを足して2で割ったようなデザインと大きさになったと言えます。販売期間は2016年から行われたので、先進技術の取り入れは初代から行われていたと言えます。また、5ナンバー基準に当たる数値が出ていることから、車庫などにも入れやすく、幅広い年齢層の方のニーズに合う車だと思います。今回は、イグニスの魅力を初代から御紹介していきます。

Suzuki イグニスの魅力を御紹介します!

イグニスの歴史

イグニス カラー・価格|スズキ (44103)

イグニスは、かつてのスイフトの初代モデル欧米仕様車に用いられています。当時、2代目のカルタスが日本国外で「スイフト」の名称で販売されていたことからイグニスという名で販売されていたとのことです。

その後、スイフトが2代目にモデルチェンジをした際、日本国外でもスイフトに名称を統一したために一旦消滅となった「イグニス」の名称を再び起用するものとしています。
K12C型デュアルジェットエンジン

K12C型デュアルジェットエンジン

プラットフォームやパワートレーンは、2015年にフルモデルチェンジしたソリオ/ソリオバンディット(MA26S/36S)と同じものを用いており、軽量且つ高剛性を特徴とする新プラットフォームに、低回転域でのトルクを向上させたK12C型デュアルジェットエンジンを搭載しています。

コンパクトで高性能なこのエンジンは、サイズ的にもエンジンルームに余裕を持てるように作られています。

現行型イグニスの魅力を御紹介します!

イグニス スタイリング|スズキ (44108)

イグニスのデザインは何と言っても力強そうな小型のSUVというインパクトを演出している車と言えます。また、凛としたフロントマスクやシャープで豊かなショルダーライン、洗練されたデザインの中に感じる個性はとても魅力的で、アウトドアに出かけて大勢の方に見せたくなります。

走行性能や環境性能

Suzuki Green Technologyの環境技術により、小さな車に大きな未来を実現する、まさにSuzukiの代名詞とも言える機能です。

停車前の減速時やブレーキを踏んで13km/h以下になるとエンジンを自動で停止する「新アイドリングストップシステム」の搭載や、アイドリングストップ中でも一定時間冷たい風を送ることによりエンジンを長持ちさせる「エコクール」という機能が付いたのです。

28.0km/L(HYBRID MZ・HYBRID MX 2WD車)
28.8km/L(HYBRID MG 2WD車)
イグニス 走行・環境性能|スズキ (44112)

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電する一石二鳥の効果がある機能です。
イグニス 走行・環境性能|スズキ (44115)

エコドライブをするサポートメーターにより、自分自身の好みに合ったエコに優しいドライブを一目で実現する方向に導くことができます。
また、坂道発進時に後退してしまう現象を防ぐためのブレーキを作動する機能や、約55km/h以上で走行中に急ブレーキをかけた時にハザードランプを自動的に高速点滅をさせることで後続車に注意を知らせる機能など、安全性に優れた車であることは間違いないです。

また、4WD仕様なので雪道や凍結路でも安心して走行することができます。
新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)

新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)

車の基本性能を高める軽量高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用しています。

主要構造や部品配置を全面刷新することで屈曲した骨格を滑らかに繋ぎ、サスペンション部品も骨格部品の一部として利用することで理想的な骨格構造を実現しています。

また、エンジンルームを最小化することに成功したので、室内空間は安全でゆとりのある空間が生まれることになり、視認性も向上する結果となっています。

まとめ

スズキの車と言えば、小さいサイズで使い勝手の良い車種が多いというイメージですが、エスクードなどの様に日産エクストレイルの様な大きいサイズも存在しています。

トランクルームも後席を畳むことによって415L容量スペースを確保できることから、ゴルフバックや大きい荷物も積むことができると思います。また、フラットモードにできることから快適性にも優れています。

先進技術が進んでいる現代では軽自動車やコンパクトカーがとても人気が出ていますが、個性的な車の一台として、コンパクトカーよりも小さく、SUVの機能も多少備わった小型だけど力強そうなイグニスを、自家用にしていただくこともありだと思います。

是非、この記事をを参考にイグニスに興味を持っていただければかと思います。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan