2018年6月11日 更新

ポルシェ、車第一号記念モデルか!復活の「スピードスター」限定1948台の意味とは

ポルシェ「911スピードスター」について最新情報をお届けします。

ポルシェ、車第一号記念モデルか!復活の「スピードスター」限定1948台の意味とは

最新情報!

現在ポルシェは、「911」次世代型の開発が終盤を迎えていますが、現行モデル(991型)に最終派生モデルとなる、「911スピードスター」を設定します。その最終プロトタイプをカメラが捉えました。
 (33295)

「スピードスター」は、ポルシェ伝統の限定モデルで、2010年の「997スピードスター」以来、8年振りの復活となります。ポルシェは、1948年、2シーターのロードスター「356.001」を試作しました。これがポルシェの名を冠した初めての車です。

これは「ポルシェNo.1」と呼ばれており、「スピードスター」の元祖と言えます。今年はポルシェにとって70周年記念であると共に、「スピードスター」にとっても記念イヤーとなります。そこで、最新の「911スピードスター」は1948台の限定生産になるのではと囁かれているのです。
 (33297)

 (33296)

カメラで捉えた開発車両は、後部ルーフカバーを「カブリオレ」風にカモフラージュしている他、フロントバンパーも「GT3」のものが取り付けられています。

しかし低められたフロントウィンドウからも、カブリオレでないことは明白です。市販モデルでは、ソフトトップを収納する「ダブルバブル」ハードカバーをりリアデッキに装備し、美しいボディシルエットを披露してくれるでしょう。
パワートレインは、「GTS」から引き継がれる、3リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力450ps、最大トルク550Nmを発揮します。軽量化により、「GTS」以上のパフォーマンスも確実視されているのです。

今後情報

ワールドプレミアは、7月12日から開催される、英国「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」と予想されています。

発表を楽しみに待ちましょう!
10 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部