2018年6月7日 更新

ジープから25周年を記念してアニバーサリーモデルが登場との事。その名もグランドチェロキー スターリングエディション

グランドチェロキーが、25周年を迎えました。誕生から四半世紀を迎えて特別記念車が登場しました。しかも125台という限定数量。さらに2カラーの販売台数の割り振りが興味深いものに!?

ジープから25周年を記念してアニバーサリーモデルが登場との事。その名もグランドチェロキー スターリングエディション

ジープ グランドチェロキーってどんなクルマ?

初代は、1993年に登場。フォードエクスプローラーの対抗車種をして開発され世に放たれました。発売当時は、直列6気筒4000ccガソリンエンジンを搭載。後に5000cc・6000ccに2500ccディーゼルもラインアップ。

1999年に2代目が登場しました。ダイムラー・クライスラー社になっての開発でしたが、初代の部品の活用点数も多く、初代の継承を受けながらの開発でもありました。4000cc・4700ccガソリンモデルに2700cc・3100ccのディーゼルエンジンを搭載。

3代目が、2005年から発売開始。大排気量搭載モデルへと移行もしています。3700cc・4700cc・5700cc・6100ccとガソリンエンジンの排気量はラインアップを豊富にした一方、ディーゼルでは、メルセデスベンツのコモンレーン3000ccをそのまま換装。

現行型となる4代目は、2010年から販売をスタート。ダイムラー・クライスラーの提携関係などでプラットフォームを共通化・一新して登場。販売地により右ハンドル・左ハンドル仕様と細かく対応すること等で、世界に向けて販売もされています。

数度意匠変更などのマイナーチェンジを受けて2018年現在に至っています。このグランドチェロキーが登場から25周年を迎えました。この25周年を記念して限定125台で特別仕様車が、日本で販売されました。

この特別仕様車を追いかけてみたいと思います。

 (32673)

ジープ グランドチェロキースターリングエディションのエクステリア

通常モデルと基本的なデザインは一緒でありますね!特別仕様としての装備が数多く違うという点が、ポイントでしょう!

①ボディー同色フロントバンパーは、シルバーアクセント付きとなっています。
②シルバーアクセント付きフロントフォグランプべゼル。
③シルバー牽引フック

エクステリアのカラーは、2色。ダイヤモンドブラッククリスタル110台分。サングリアメタリック15台分?!

 (32677)

①シルバーテールランプモール
②シルバールーフレール
③シルバーエクステリアバッジ
 (32679)

ジープ グランドチェロキースターリングエディションの特別装備内容

グランドチェロキーでもおなじみの7スロットルグリルにもシルバーアクセント付きのグロスブラックモールが装備され、シックで高級感をアップ。
 (32680)

25周年記念を象徴する専用バッジがリアに鎮座!これによりユーザーの特別感も大きくなることでしょう。
 (32681)

20インチのアルミホイールも専用品となっており、しかもヘリテージ仕様との事。ボディカラーにもマッチするようにデザイン・カラーリングが施されていますね。
 (32683)

内装もシックなブラック基調となっておりますが、今回の特別仕様では、インパネ周りにシルバーアクセントを豊富に施すことで、エクステリアとインテリアの協調性を持たせ、高級感をもアップ。
 (32685)

シートベンチレーション機能は、残念ながら付属しておりませんが、ヘリテージ仕様の専用シートとなっている様です。
 (32687)

ダッシュボードも専用レザー仕様となっており、細かい部分や変更のしづらい部分にも最初から手が施されていることがうれしい部分。
 (32688)

やはり欲しいアイテムとなってきているパノラマティックルーフが、装備されていますね。最近はこの装備が、必須ともなっているのでしょう。
 (32690)

ジープ グランドチェロキースターリングエディションの仕様緒元等

右ハンドル
全長×全幅×全高=4,835mm×1,935mm×1,805mm
乗車定員:5名
V型6気筒 DOHC3,604cc
常時4輪駆動
電子制御式8速AT
無鉛レギュラーガソリン
サスペンション:フロント=ダブルウィッシュボーン・リア=マルチリンク
タイヤサイズ:265/50R20

安全装備
アドバンストブレーキアシスト
レインブレーキサポート
レディアラートブレーキ
アダプティブクルーズコントロール <STOP 機能付>
前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)
LaneSense™車線逸脱警報プラス
パークビュー™リアバックアップカメラ
フロント / リアパークアシスト
ParkSense縦列/並列パークアシスト
ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
が標準装備。

 (32728)

まとめ

今回のこの限定モデルは、通常モデルのリミテッドからの製作となっているとの事。リミテッドの価格が6,1000,000円です。ということは25周年記念のこのスターリングエディションは、6,200,000円です。

これからジープグランドチェロキーをご検討されている方や、人と少し違う仕様を乗りたいと思っている方には必見ではないでしょうか?!しかもサングリアメタリックは、15台の限定数量とのこと!!!
29 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me