2018年11月2日 更新

ホンダ「Nシリーズ」の3車種に特別仕様を設定

ホンダは、軽乗用車「N-BOX」、「N-BOX SLASH」、そして「N-ONE」に特別仕様車を設定し、11月2日(金)から発売しました。ホンダは「N-BOX」の好調な販売とともに、この特別仕様車で年末商戦を勝ち抜く戦略です。

ホンダ「Nシリーズ」の3車種に特別仕様を設定

年末商戦でダッシュする武器となるか

N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル

N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル

「N-BOX」は2018年度上半期新車販売台数第1位を獲得するなど、誇張な販売を続け、新型軽バンの「N-VAN」も順調な立ち上がりを見せていますが、他の「Nシリーズ」は元気がないのです。
今回の限定車はそんな「Nシリーズ」のテコ入れをして、なんとか浮上のきっかけをつくりたい、そんな思いを乗せた2018年の年末商戦もスタートしました。

N-BOXカッパーブラウンスタイル

N-BOXカッパーブラウンスタイル

N-BOXカッパーブラウンスタイル

N-BOXカッパーブラウンスタイル

N-BOXカッパーブラウンスタイル

売れすぎの感さえある「N-BOX」に限定車が必要か?という疑問もありますが、売れるうちに売っとくのも作戦の一つでしょう。

今回の特別仕様車「カッパーブラウンスタイル」は、上質で品格のある輝きを放つトレンドカラー「カッパー」を内外装に取り入れ、エレガントなスタイルに仕上げています。エクステリアには、ルーフ、ドアミラーにカッパーを配色した2トーンカラーを採用、ボディカラーには、プラチナホワイト・パール&カッパーとクリスタルブラック・パール&カッパーを採用しています。

また、インテリアは、ブラウン×ブラックのシックな色調をベースに、カッパーの輝きをアクセントとした上質な空間としています。そのためかなり大人っぽい印象になり、若い人よりも高齢者に喜ばれそうな色合いです。

特別仕様車は「G・L」、「G・EX」、「G・L ターボ」、「G・EX ターボ」に設定され、そして、全国メーカー希望小売価格は、1,689,120円~1,979,640円となっています。
N-BOXカッパーブラウンスタイル

N-BOXカッパーブラウンスタイル

主な特別装備の内容

(エクステリア)
・カッパールーフ、カッパードアミラー
・14インチホワイトスチールホイール+ハーフホイールキャップ(カッパー)
・クロームメッキアウタードアハンドル
(インテリア)
・トリコットシート(ブラウン×カッパー)
・シルバー塗装エアコンスイッチパネルガーニッシュ
・カッパー塗装エアコンアウトレットダブルリング
・助手席インパネガーニッシュ(カッパーメタル)
・ドアオーナメントパネル(カッパーメタル)
・ピアノブラック調ステアリングアッパーガーニッシュ
・カッパー塗装ステアリングロアガーニッシュ
・ピアノブラック調パワーウインドウスイッチパネル
・クロームメッキインナードアハンドル(フロント)
・クロームメッキセレクトレバーボタン&シャフト
・専用Hondaスマートキー(カッパー)

N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル

 N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル

N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル

 N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル

N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル

「N-BOX SLASH」に設定される「ノヴァカントリースタイル」は、「G・L」をベースに、ブラウン基調のアクセントを施し、G・Lの装備に加え、個性・ファッション性の高さを際立たせる「プラチナホワイト・パール」、「アッシュグリーン・メタリック」、「サーフブルー」の3色それぞれに、ルーフとドアミラーをブラウンとした2トーンカラーを設定しました。都会的なインテリアが特徴の「N-BOX SLASH」に、あえてカントリースタイルをテーマにした特別仕様車は、新しい魅力を引き出すのか、あるいはミスマッチか。

また「運転席&助手席シートヒーター」と「ステアリングヒーター」を標準装備としました。このカントリースタイルはユーザーを引き付けるでしょうか。全国メーカー希望小売価格は、1,589,760円~1,720,440円となっています。
N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル

N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル

主な特別装備の内容

(エクステリア)
・ブラウンペイントフロントグリル
・ブラウンルーフ
・ブラウンドアミラー
・14インチスチールホイール+カラードディッシュホイール(ブラウン)
(インテリア)
・本革巻きステアリングホイール
・ブラウンペイントインパネガーニッシュ
・ブラウンペイントドアオーナメントパネル
・クロームメッキ加飾
・運転席&助手席シートヒーター
・ステアリングヒーター

N-ONEホワイトクラッシースタイル

N-ONEホワイトクラッシースタイル

N-ONEホワイトクラッシースタイル

https://www.honda.co.jp/new...

https://www.honda.co.jp/news/2018/4181101-n-one.html

「N-ONE」に設定される「ホワイトクラッシースタイル」は、「スタンダード・L」をベースに、ホワイト基調のアクセントを施し、シンプルさの中に上品さと可愛らしさを表現する「ピーチブロッサム・パール」、「プレミアムアイボリー・パールⅡ」、「サーフブルー」の3色を設定し、さらに「あんしんパッケージ」を標準装備としています。

男性にファンが多い「N-ONE」ですが、カラーリングしだいではキュートな表情になることも事実なのです。やわらかな印象のホワイトクラッシースタイルが、女性の人気を引き付けることができるでしょうか。全国メーカー希望小売価格は、1,420,200円~1,550,880円となっています。
N-ONEホワイトクラッシースタイル

N-ONEホワイトクラッシースタイル

主な特別装備の内容

(エクステリア)
・ブラウンペイントフロントグリル
・ブラウンルーフ
・ブラウンドアミラー
・14インチスチールホイール+カラードディッシュホイール(ブラウン)
(インテリア)
・本革巻きステアリングホイール
・ブラウンペイントインパネガーニッシュ
・ブラウンペイントドアオーナメントパネル
・クロームメッキ加飾
・運転席&助手席シートヒーター
・ステアリングヒーター

まとめ

N-BOX SLASHはN-BOXとしてカウントされていませんが、N-BOXといえども旧型ボディのため、N-BOXが新型となって以降、販売台数は激減しているはずです。販売においてはもっとも苦戦しているのが「N-ONE」。「N」シリーズのみならず、好調な軽乗用車の中でもひとり取り残されている状態です。今回の特別仕様車がユーザーにとって魅力的に映るのか、年末商戦がスタートです!
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン