2019年3月19日 更新

ジープから100台限定で、アメリカ砂漠をモチーフにしたコンパス登場

ジープから、アメリカの砂漠をオマージュしたエクステリアカラーを採用した、限定数量のコンパスが登場しました。このモデルは、100台限定数量となっています。このモデルのエクステリア等をご紹介していきます。

ジープから100台限定で、アメリカ砂漠をモチーフにしたコンパス登場

ジープ コンパス Mojave Sand Editionのエクステリア等

このモデルのコンセプトは、ズバリ砂漠です。アメリカ カリフォルニア州のモハベ砂漠をオマージュしたボディカラーをインストールしています。

まさに砂漠をイメージさせるようなエクステリアカラーに仕上がっていますね。日本にも砂丘と呼ばれる場所が数箇所有りますが、今回のジープでは広大なアメリカの砂漠をイメージさせるコンパスに仕上げていますね。

また、現在ブラックやホワイトと言ったボディーカラーの特別仕様モデルが多い中、こういった特別カラーのモデルは逆に新鮮であると言えますね。
 (57012)

このモデルは、LONGITUDEをベースモデルにしています。このベースモデルの特徴は、ブラックルーフ仕様である点です。

今回の限定モデル装備内容は?
・ブラックペイントルーフ
・オートハイビームヘッドライト
・雨量感知機能付きワイパー
・コーナリングフロントフォグランプ
・ブラックルーフレール
・LEDテールランプ
・17インチアルミホイール

17インチアルミホイールには、225/60R17 3シーズンタイヤが装着されています。
 (57013)

オートハイビームヘッドライトは、必要不可欠な装備とも言えますね。こういった装備は、ドライバーの安心感だけでなく対向車や歩行者等も安心できる装備です。
 (57014)

ジープ コンパス Mojave Sand Editionの内装等

内装は、エクステリアカラーに合わせてサンドストーム×ブラックカラーに仕上げています。落ち着いたカラー構成になるように少しシートカラーのトーンが、抑えられていますね。インテリアトリム上部は、明るいホワイトグレーカラーに仕上げることで、全体が暗くならないように仕上げてもいます。
 (57015)

オーディオ関連は、アップルカープレイ&アンドロイドオート対応の8.4インチVGAタッチパネルモニターが採用されています。

その他、本皮巻きステアリング、可倒式助手席に助手席下収納が装備されて、使い勝手やラゲッジスペースをアップさせています。
 (57016)

ジープ コンパス Mojave Sand Editionのパワートレイン等

パワートレインは、2400㏄直列4気筒 マルチエア16バルブエンジンを搭載しています。最高出力は、175psです。前2輪駆動で6速ATを採用しています。無鉛レギュラーガソリン仕様であるのは、海外モデルの中ではお財布に優しい仕様ですね。

筆者的には、このモデルが砂漠をモリーフにしているので、全輪駆動ではなく、リミテッドモデルの様に4WD、もしくは4WDとFFが選択できても良いのかなと思いました。
 (57067)

ジープ コンパス Mojave Sand Editionの安全装備等

・アダプティブクルーズコントロール(STOP & GO機能付)
・LaneSenseTM車線逸脱警報プラス
・前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)
・ParkviewTMリアバックアップカメラ
といった装備のほかにも下記のような安全装備が標準となっています。

・ブラインドスポットモニター / リアクロスパスディテクション
・ParkSense®フロント・リアパークアシスト
・ParkSense®縦列/並列パークアシスト
などが装備され、ドライバーや乗員には安心な充実装備となっていますね
 (57055)

ベースモデルのLONGITUDEってどんな車?

元々コンパスは、ジープのフラッグシップモデルとなるGrand Cherokeeからインスパイアされ誕生しています。同モデルを継承しながらも、より小さいサイズに仕上げ、さらにルーフにはエアロダイナミクスを採用したモデルです。

今回限定モデルのベース車両は、エクステリアにブラックルーフをあしらい、オーディオ関連や安全装備をSPORTよりも充実させているLONGITUDEです。コンパスの中堅モデルをベースにしていますね。

この限定モデルの基本的な装備内容は、LONGITUDEと同様になっています。筆者的には、ベースモデルとの最大の違いは専用エクステリアカラーと専用内装カラーにあると言えるのではないでしょうか。
 (57054)

まとめ

筆者は、最近の日本限定モデルや数量限定モデルでは、エクステリアカラーが、ブラックをモチーフにした特別仕様車が多く販売されている様な気がします。アウディQ7&Q2では、black styling・#black styling、A4ブラックエレガンス、三菱自動車の3モデルで、ブラックエディションなどブラックを基調とした特別モデルが登場しています。

ジープでもCompass Limited Black Roof EditionやCompass Night Eagleなどブラック基調としたモデルが販売されています。今回は、ブラックではなく、砂漠をイメージした明るいカラーリングがポイントではないでしょうか!

ベースモデルとなるLONGITUDEの販売価格は、3,690,000円です。今回の特別限定モデルの販売価格も同額となっています。大きな特別装備のポイントはエクステリアと内装カラーであると言えます。限定数量100台となっていますので、このSANDカラーがお気になった方は、お早めに店頭に見に行くのも良いのではないでしょうか!
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me