2019年9月24日 更新

日本でも売るべき!海外仕様のスズキキャリイ

国外専売のクルマを調べていると、時々「おっコレは!」というものに出会います。今回紹介するスズキキャリィも、国内仕様とは一味違うものになっていました。1t積みのトラックの選択肢が少なくなっている中、このクルマを日本に持ってくれば法人ユーザーは飛びつくのではないかと思います。では、どのようなクルマなのか見ていきましょう。

日本でも売るべき!海外仕様のスズキキャリイ

どんなクルマ?

CARRY | AUTOMOBILE | Global Suzuki (66482)

海外仕様のスズキキャリイは、2019年4月25日にインドネシアで発表されました。

それまで販売されていたメガキャリイ/APVピックアップの後継車で、軽規格より一回り大きなボディに1.5Lエンジンが搭載されています。

最大積載量は940kgとなっており、当然ながら軽トラックよりも積載量は増えています。

また、写真を一目見て気づくかと思いますが、キャブオーバースタイルが採用されています。

これにより運転席フットスペースへのタイヤハウスの張り出しが無くなり、自然なペダルレイアウトが実現できました。

また、ホイールベースが短くなることにより、小回りが利くようになっています。最小回転半径は4.4mと、狭い日本の路地でも問題なく使用できそうです。

スペック

CARRY | AUTOMOBILE | Global Suzuki (66483)

全長×全幅×全高:4,195mm×1,765mm×1,910mm
ホイールベース:2,205mm
荷台長×荷台幅×荷台高:2,375mm×1,660mm×355mm
最小旋回半径:4.4m
最低地上高:160mm
最大積載量:910~965kg
燃料タンク容量:43L
エンジン形式:K15B 直列4気筒ガソリン
馬力・トルク:95ps/5,600rpm、13.8kg-m/4,400rpm
トランスミッション:5MT
駆動形式:2WD
ブレーキ:前ベンチレーテッドディスク 後ドラム
サスペンション:前マクファーソンストラット 後リーフリジッド
タイヤサイズ:165/80R13
車両重量:1045~1100kg

パワーについては、ライバルとなるであろうタウンエース/ライトエースとほぼ同等と言った所でしょうか。パワフルとは言えませんが、必要十分な数字が並んでいます。

ちなみに搭載されているK15B型エンジンは、現行の3代目ジムニーシエラと同じエンジンです。
ただ、出力が少し違うので、おそらくこのクルマ向けの調整がされているのでしょう。

それにしても、駆動形式が2WDだけという点が惜しいですね。雪が降る地域で使用するには、4WDの設定は絶対条件です。

エクステリア・インテリア

CARRY | AUTOMOBILE | Global Suzuki (66484)

CARRY | AUTOMOBILE | Global Suzuki (66485)

外見は、良くも悪くも特徴がありません。

オーソドックスな角目のヘッドライトにこれまたオーソドックスなグリル。悪路での使用を想定してか、フロントバンパー下端が大きく持ち上げられているのが目につくくらいです。

おそらくこれに日本のナンバープレートを付けても、よほどのクルマ好き意外は気付かないのでは…?と思ってしまいます。

インテリアの方は、こちらも外見同様質素なものとなっています。

ただ、前述の通りキャブオーバーレイアウトの採用により、フットスペースへの張り出しが無く、自然な姿勢で運転することができそうです。

また、シフトレバーはフロアではなくインパネから出ているため、運転席と助手席を行き来するのに邪魔になりません。

収納スペースも十分に確保されており、作り付けのドリンクホルダーがあるのも好感が持てます。

日本でも売れるのか?

CARRY | AUTOMOBILE | Global Suzuki (66486)

4WDを設定しさえすれば、ある程度の需要はあるのではないかと思います。

法人需要や農家・漁業関係は当然として、車体価格を低く抑えることが出来れば、バイクのトランポやキャンピングカーのベース車として人気が出るのではないのでしょうか。

キャンピングカーの架装にはかなりの額がかかるので、ベース車は少しでも安い方がいいに決まっています。

車体サイズを見ると結構コンパクトなので、この海外仕様キャリィをベースにしたら扱いやすいキャブコンのキャンピングカーが出来そうですね。

まとめ

CARRY | AUTOMOBILE | Global Suzuki (66487)

海外仕様のスズキキャリイは、国内仕様とは違い1.5Lエンジンを積んだ1t積みの小型トラックでした。

内外装共にとてもシンプルで、どんな場面にもマッチしそうなクルマです。

これに4WDを設定し、自動ブレーキ等の先進安全装備を組み合わせることが出来れば、国内で販売するのに十分な戦闘力を持たせることが出来ます。

法人需要だけでなく、バイクのトランポやキャンピングカーのベースとしても活躍しそうな一台です。ぜひとも日本の道路を走っている姿を見たいですね。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲