2019年1月31日 更新

アウディV6ツインターボ搭載の新型RS4アバントを発売開始

アウディジャパンは、A4シリーズのステーションワゴン「アバント」をベースにし、スポーティネスとラグジュアリィ性を備えた「RS 4 アバント」 をフルモデルチェンジし、28日より発売しました。さて、どのように変わったのでしょうか?

アウディV6ツインターボ搭載の新型RS4アバントを発売開始

トルクを170Nm増強しパフォーマンスを飛躍的に向上

2.9ℓV6 ツインターボエンジン

2.9ℓV6 ツインターボエンジン

新型となった「RS 4 アバント」のパワートレインは、最高出力331kW(450PS)、最大トルク600Nmを発揮する新開発の2.9ℓV6 ツインターボエンジンを搭載。従来型の4.2ℓV8 DOHCに比べ、最高出力は同じながらも最大トルクは170Nm増強されています。また、8 速ティプトロニックトランスミッションとクワトロ・フルタイム4WDシステムを組み合わせ、さらにリヤアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備することにより大パワーを確実に路面に伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現しています。

その結果、0-100km/h加速はわずか4.1秒というパフォーマンスとなっています。その一方で、アウディ独自のエンジン燃焼方式であるBサイクルを採用したことで、燃費は11.2km/ℓ(JC08モード)と従来型よりも大幅な省燃費を実現しています。

ところでBサイクルとは?

Bサイクルとは、一般的なミラーサイクルエンジンでは、吸気時にバルブを通常のエンジンよりも早めに閉じ、空気量を下げて(圧縮行程前段階の)膨張比をアップさせ燃費効率を高めているのに対して、アウディではこれに、ターボチャージャーによる過給システムと可変バルブタイミング機構を組み合わせ、さらに圧縮比を高く設定することで、高出力と高燃費を両立させる独自の燃焼方式です。

伝説のマシンからインスピレーションをえたエクステリア

RS 4 Avant > A4 > アウディジャパン (55011)

 (55010)

エクステリアデザインは、かつて北米のモータースポーツシーンを賑わせたアウディ90 クワトロIMSA GTOからインスピレーションを得たものであり、RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、さらに専用の前後バンパー、リヤディフューザーを採用することで、スポーティさを強調しています。伝説のマシンAアウディクワトロを彷彿とさせるブリスターフェンダーも特徴で、標準モデルのA4 アバントに比べて全幅は25mm拡大しています。

先進のバーチャルコックピットを標準装備したインテリア

新型 Audi RS 4 Avant を発売  | Audi Japan Press Center - アウディ (55008)

新型 Audi RS 4 Avant を発売  | Audi Japan Press Center - アウディ (55009)

インテリアは水平基調のデザインで、ファインナッパレザーのSスポーツシートをはじめ、フラットボトムのRS革巻きマルチファンクション スポーツステアリングホイール、RS専用のシフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなどを採用し、スポーティかつエレガントなものになっています。また、メーターパネルには、12.3インチのTFT(液晶)ディスプレイにスピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめ、Gフォース、トルク値などの情報も表示できるアウディバーチャルコックピットを標準装備しました。

コネクテッドも充実

RS 4 Avant > A4 > アウディジャパン (55013)

アウディコネクトは、インターネットと常時接続することで、ニュース、天気予報、駐車場検索、空港のフライトインフォメーション、ガソリンスタンドを距離順や価格順に表示する等の情報提供を行います。さらに、24時間365日、専任オペレーターを介して施設検索や予約手配が可能なコンシェルジュサービスであるアウディコネクトナビゲーターも利用できます。また、アウディプレセンスシティ(歩行者検知機能付自動ブレーキ)をはじめとする数々の最新安全技術とアシスタンスシステムも搭載しています。

アウディRS 4 アバントの車両本体価格(税込)は1196万円となっています。

まとめ

オリジナルモデルのアバントと比べるとかなり割高感があるRS 4 アバントですが、優美でスポーティなワゴンのアバントに、331kW(450PS)、600Nmの2.9ℓV6 ツインターボエンジンに得た載せかえた事実だけで、この価格差に見合った内容と思えます。そしてワゴンとしてはスポーティーな外観をさらにアグレシップにすることで、より納得することになります。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン