2019年12月2日 更新

トヨタが「RAV4」のプラグインハイブリッド車を世界初披露!

「RAV4」は、今年国内仕様が復活したSUVです。今回ロサンゼルスオートショーでこの「RAV4」のプラグインハイブリッド車「RAV4 Prime」を世界初披露したということで、その詳細を紹介していきます。

トヨタが「RAV4」のプラグインハイブリッド車を世界初披露!

「RAV4 Prime」の詳細

「RAV4 Prime」は、「RAV4」の基本性能をベースに、さらなる「Fun to Drive」を追求して開発した「RAV4」の新しいモデルです。パワートレーンには新開発のプラグインハイブリッドシステムを採用し、米国でクラストップレベルの加速性能を始めとするパワフルな走行を可能としています。電動車ならではの運転の楽しさに加えて、EV航続距離をはじめとする優れた環境性能も両立させています。

デザイン

TOYOTA、ロサンゼルスオートショーでRAV4のプラグインハイブリッド車を世界初披露 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (69704)

エクステリアデザインにおいては、プレミアムなワイド感や低重心感を演出するため、専用ミッドグリルとロアバンパーを採用しています。メッシュグリルでスポーティさを際立たせ、ピアノブラックのアクセントで高級感を高めています。また、19インチ専用アルミホイールに大径タイヤを設定し、SUVらしい力強さと安定感を表現しています。
ボディカラーには、鮮やかで質感の高い「スーパーソニックレッド」を新規設定しています。ボディ下部をブラックに塗装し、ブラックルーフと合わせて、引き締まった印象を与えています。
インテリアでは、視認性を高めるヘッドアップディスプレイや、大型9インチディスプレイオーディオを「RAV4」として初採用しており、スポーティな走行を支援するパドルシフトも設定しています。
TOYOTA、ロサンゼルスオートショーでRAV4のプラグインハイブリッド車を世界初披露 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (69707)

TOYOTA、ロサンゼルスオートショーでRAV4のプラグインハイブリッド車を世界初披露 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (69711)

走行性能

TOYOTA、ロサンゼルスオートショーでRAV4のプラグインハイブリッド車を世界初披露 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (69714)

「RAV4 Prime」では、様々な路面における走行安定性や意のままのハンドリング性能などの「RAV4」の基本性能や、「RAV4」のハイブリッド車のスポーティな走行性能をベースに、新開発のプラグインハイブリッドシステムを搭載することで、さらなる「Fun to Drive」を目指したとされています。

「RAV4」のハイブリッド車と同様の2.5Lエンジンを搭載しながらも、新開発の大容量リチウムイオン電池やモーターの大容量化をはじめ、高出力を可能にする新たなプラグインハイブリッドシステムにより、システム出力は「RAV4」のハイブリッド車を83hp(約62kw)上回るクラストップレベルの302hp(約225kw)を達成、加速性能は時速0-60Mile(0-96km/h)加速において5.8秒(「RAV4」のハイブリッド車は7.8秒)を達成するなど、パワフルな走行を実現しています。
また、大容量リチウムイオン電池は、床下搭載とすることで「RAV4」と同様の室内空間を確保するとともに、低重心化により走行安定性の向上に寄与しています。駆動方式には、「RAV4」のハイブリッド車と同様に「E-Four」(電気式4WDシステム)を採用し、「RAV4」の走破性の高さを継承しています。

パワフルな走りを可能にする走行性能に加えて、新開発のプラグインハイブリッドシステムにより、EV航続距離は39Mile(約62km)を、燃費性能は90MPGeを達成し、また「プリウスPHV」と同様の「ヒートポンプオートエアコン」を「RAV4 Prime」向けに最適化して高効率な電力消費を実現するなど、PHVに期待される高い環境性能も実現しています。

また、大容量電池の利点を活かして災害時に役立てるよう、駆動用電池に蓄えた電力を最大1,500Wの出力で家電などへ供給できる外部給電機能を搭載しています。

まとめ

今回は、ロサンゼルスオートショーで世界初披露されたトヨタのSUVである「RAV4」のプラグインハイブリッド車、「RAV4 Prime」の詳細を紹介してきました。
プラグインハイブリッド車としての性能は、「プリウスPHV」と同様に高い性能を持ち合わせており、国内で登場するとさらにプラグインハイブリッド車の選択肢が増えますね。
国内では2020年夏に発売予定とのことで、今から発売が楽しみなモデルになっています。
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi