使い勝手の良い室内空間が魅力!トヨタのスぺイドを紹介します!

トヨタのスぺイドは使い勝手の良い車として様々なアレンジが可能な車です。どのようなアレンジでこの車を楽しむことができるのか紹介していきます。

スぺイドってどんな車?

トヨタ スペイド | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (51157)

スぺイドは、トヨタが2012年から製造・販売している4ドアトールワゴンです。現行モデルが初代のモデルであり、2011年に販売が終了した2代目ラウムの実質的な後継車種です。 助手席側にワイヤレス電動スライドドアを採用しており、このスライドドアが非常に重宝してくれます。ワンタッチでスライドドアが開くので、乗り降りや荷物の出し入れが容易なんです。狭い駐車場でもスライドドアなので、隣の車に気を遣わずに開閉できるのも大きな魅力です。

スぺイドの外観

トヨタ スペイド | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (51160)

スぺイドは、他の自動車とは違う4ドア車特有の外観が魅力です。助手席側がスライドドア採用で、運転席側は通常タイプのドアを採用で、左右非対称なのもこの車の魅力の一つです。車全体もシャープなデザインなので、カッコよさも十分なのでどの世代の方にも愛されるデザインだと思われます。

スぺイドの内装

トヨタ スペイド | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (51163)

内装のアレンジ方法が豊富なのが大きな魅力です。助手席を後ろにスライドしたり、助手席を倒して前方に収納することでウォークスルーの空間を作ることもできるのが他の車にない大きな魅力です。たいていの車が後席を倒すだけのアレンジしかできないので、これだけのアレンジができたら用途によって使い方を変えれて面白いですね。
トヨタ スペイド | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (51164)

ラゲッジスペース

トヨタ スペイド | 室内・インテリア | 室内空間 | トヨタ自動車WEBサイト (51175)

ラゲッジスペースは後席を倒せば大きな荷物も積むことも可能です。開口幅が広いので大きな荷物の出し入れも容易に行えるのも大きな魅力です。また後席を倒さなくとも、スーツケースを2つ積むくらいのスペースは確保できます。

スぺイドの選択肢

トヨタ スペイド | トヨタ自動車WEBサイト (51167)

スぺイドは購入時の選択肢が豊富なのも魅力です。
ボディーカラーは全9色用意されており、シートタイプもグレードにより4つのシートタイプを選ぶことができます。
オプションで5つのセレクトパッケージも選択可能なので、自分のスぺイドをどんな車にしたいのか、選ぶだけでもワクワクしますね。

スぺイドの走行性能

トヨタ スペイド | 燃費・走行性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (51170)

スぺイドはJC08モードで最大22.2km/Lとなっており、同型モデルの中では良い数値となっています。トヨタのハイブリッドシステムで培った技術を採用しているので、燃費だけでなく走行性能にも優れたエンジンを搭載しています。またアイドリングストップ機能も備わっているので、燃費対策に抜かりはありません。
マルチインフォメーションディスプレイを速度計のすぐ横に配置されており、平均燃費やアイドリングストップ通算時間などのエコ運転に重要な情報が一目でわかるようになっています。このようにエコ運転の度合いを頻繁に確認できれば、燃費を心がける運転も楽しくなりますね。
トヨタ スペイド | 燃費・走行性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (51172)

スぺイドの価格

スぺイドの価格は1,828,440円(X)~1,979,640円(F"Noble collection")になっています。
コンパクトハッチバックとしてはかなり安い価格だと思いますし、シートアレンジの豊富さなどを考慮するとお買い得だと思われます。グレード間であまり価格差がないのも良いですね。これなら上位グレードにしようと気軽に考えられます。最上級グレードは特別仕様車なので、特に上質な仕様のスぺイドになっています。

まとめ

今回はトヨタの4ドアトールワゴンであるスぺイドの魅力を紹介してきました。
シートアレンジの豊富さもさることながら、燃費性能や走行性能もトヨタのハイブリッドでの技術を採用したり、魅力が満載の車ですね。価格も手頃なのも購入をする際にも負担が少なくて魅力的です。
また特に小さな子供がいる家族などでは、この車のシートアレンジは大変便利ですし、子供が快適に車内で過ごせるようにアレンジできるのも魅力です。
気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。