特集第一弾!東京オートサロン2019出品車両 トヨタ ヴェルファイア偏

東京オートサロン2019の出展車情報が、少しずつ発表開始されました。特集第一弾は、出展予定となっているトヨタ ヴェルファイアのカスタムカー特集です。人気のあるミニバンカスタムモデルをご紹介していきます。

①NE-Style Netz TOYOTA Hyogo ヴェルファイア

NE-Styleは、トヨタ直系のディーラー初となるカスタムショップで、パーツ販売から取り付けまで出来る会社です。ネッツトヨタ兵庫では、「Netz Entertainment Style」・「New Enjoying Style」の二つの意味を持つ名称を組み合わせたNE-styleを誕生させました。 NE-styleの前身となるネッツトヨタ兵庫は、もともと音響事業部がありました。ディーラー直営サウンドプロショップとして、スピーカーやサブウーハーの取り付けから、ハイレベルな加工を施すフルカスタムインストールを行っていました。 現在では、ネッツトヨタで販売されている新車モデルを中心に、スピーカーカスタマイズやエアロ販売・取り付けを得意としています。今回の東京オートサロン2019では、ヴェルファイアも出展されます。同車は、新しいバージョンのフロントバンパー搭載となって登場しそうです。 企業情報
住所 兵庫県神戸市西区平野町中津字重長876-2
営業時間 9:30a.m.~7:30p.m.
定休日 火曜日
電話 078-920-0775
 (52450)

出展車情報
・出展者 NE-Style Netz TOYOTA Hyogo
・車両名 VELLFIRE NE-Style Ver.2
・ベース車名 TOYOTA/VELLFIRE
・ベース車型式 AYH30W
・エントリー部門 ミニバン/ワゴン
・公道走行について 公道走行可
・車両販売 販売可 ディーラー直系のカスタムショップですので、公道走行も可能ですし、販売も可能です。ヴェルファイアの威厳を損なわずに、高級感をアップさせる仕様に仕上げているのが、コンセプトとなっています。
 (52497)

②AVANZARE ADESSO ヴェルファイア

COAST MOTORINGは、設立から5年を迎えた、比較的新しいカスタムショップです。同社では、アメ車・欧州車・高級国産車といった乗ってみたい車の維持に関して、お客様の不安を取り除きながら、快適なカーライフを送ってもいたいという会社理念があります。 アメ車を中心に販売、カスタム等を行っていますが、今回は国産高級車であるヴェルファイアも東京オートサロン2019で出展されます。 企業情報
会社名 株式会社コースト
郵便番号 358-0015
住所 埼玉県入間市二本木950-1
TEL 04-2946-7203
 (52447)

出展車情報
・出展者 アヴァンツァーレ/志村工業/(株)コーストモータリング
・車両名 AVANZARE ADESSO
・ベース車名 TOYOTA/30系ヴェルファイア後期
・ベース車型式 DBA-AGH30W改
・ベース車年式 平成30年
・エントリー部門 ミニバン/ワゴン
・公道走行について 公道走行不可
・車両販売 販売不可 このモデルは、公道走行不可、販売も不可となっていて、展示のみ車両となっています。画像の車高を見ると、確かに公道走行は無理であると言えますね。注目なのは、新開発となっている分割式のフラップエアロを搭載している点です。 エアロの特徴点は、大きなフロントバンパーを梱包・配送することが大変なパーツが、個人宅に届けられるくらいコンパクトになっている所です。
 (52499)

③ROWEN 30VELLFIRE PREMIUM

ROWEN Japanは、飽くなき挑戦と革新が企業理念です。夢に向かってお客様と共に走り続ける企業であり続けたいという想いがあります。固定概念に囚われない、パーツ開発を行い、日本だけでなく世界にも発信しています。同社からヴェルファイアの出展が、東京オートサロン2019で行われます。 企業情報
社 名 株式会社E・Rコーポレーション
本 社 〒473-0939愛知県豊田市堤本町山畑7番地
TEL. 0565-52-8555
FAX. 0565-52-1005
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日/祝日
 (52448)

出展車情報
・出展者 ROWEN Japan
・車両名 ROWEN 30VELLFIRE PREMIUM
・ベ ース車名 TOYOTA/30 VELLFIRE
・ベース車型式 AGH30W
・ベース車年式 2019
・エントリー部門 ミニバン/ワゴン
・公道走行について 公道走行可
・車両販売 販売可 後期モデルの純正メッキパーツ類の存在を損なうことないように、VIPカーとして高級感をアップさせて仕上げるのがコンセプトです。リアには、同社で究極となるRRバンパーを装着して登場します。
 (52668)

まとめ

 (52449)

(株)FEEL Hearts事業部からハーツ ベルファイア、 BLACK PEARLからGALAXY COMP ヴェルファイアなど、まだまだ多数出展される予定のトヨタ ヴェルファイアに注目ですね。ヴェルファイアカスタムのポイントは、後期型になったデザインを、どの位カスタム出来ているかが注目点であります。 ヴェルファイアは、公道走行可、販売可のモデルから、参考出展もしくは各ショー用といったモデルまで幅広く東京オートサロン2019で登場しそうです。東京オートサロン2019のミニバン・ワゴン部門が楽しみです。

(株)FEEL Hearts事業部画像

 (52456)

]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。