ポルシェ「911GT3」新型、ターボではなく自然吸気?ニュルブルクリンクで全開走行をキャッチ!

ポルシェ「911GT3」新型の最新情報をお届けします。

最新情報!

ポルシェ911次期型(992型)に設定される高性能モデルとなる、『911 GT3』新型プロトタイプをカメラで初めて捉えました。

フロント

 (46870)

ニュルブルクリンクの高速テストで捉えた開発車両には、ヘッドライトは、市販型の「Xダイナミック・ヘッドライト」が装着されているものの、初期プロトタイプのためなのか、ダミーパーツが多く見られました。 ですが、フロントバンパーには、未完成ながらベースモデルより大型の ・エアインテーク
・ワイドフェンダー
・センターロックホイール を装着しているほかに、リアバンパーのセンターにはデュアルエキゾーストパイプが見られるなど、「GT3」新型と見ていいと思われます。

サイド

 (46873)

リア

 (46875)

またリアスポイラーは一時的なものと考えられて、市販型では、特徴である固定式大型リアウィングが装着されるでしょう。 パワートレインは、ターボの噂も消えていないですが、この試作車にはエアアウトレットも見ることができないため、最高出力550psを発揮する4リットル水平対向6気筒NAエンジンの可能性が高いようです。 トランスミッションは、PDK及びマニュアルが設定されると思われます。

今後情報

ワールドプレミアの場は、早くとも2019年後半が予想されているので、今後の情報を期待しましょう。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。