2018年11月1日 更新

2019バージョンAudi R8クーペ&スパイダーが発表!エクステリアがさらにスパルタンに!!!

2006年から初代が登場して、2016年に現行型の二代目となったアウディR8。このR8は、レースカー譲りの生粋のスーパースポーツカー!。このR8が、2019バージョンを発表しましたので、現行型との相違も含めて調査してみます。

2019バージョンAudi R8クーペ&スパイダーが発表!エクステリアがさらにスパルタンに!!!

2019バージョンアウディR8クーペ&スパイダーエクステリア等

上が新型、下が現行型(クーペ)

https://www.netcarshow.com (49223)

via https://www.netcarshow.com
シングルフレームラジエーターグリルは、より幅広く、より平らなラインを形成していますね。現行型と比べてもフロントバンパーサイドが、かなり鋭角にエッジを利かせているのが伺えます。

フードのフラットスリットはAudi Ur-quattroブランドのアイコンを連想することができるラインに。新しいフロントスプリッターは、後部にあるローセットエアーベントグリルとシンクロする様に、開口が広くもなってますね。

一方グリルでは、ディフューザーから丸みを帯びてかなり上に伸び、幅も広くなっているのが伺えます。
https://www.netcarshow.com (49225)

via https://www.netcarshow.com

上が新型、下が現行型(スパイダー)

https://www.netcarshow.com (49224)

via https://www.netcarshow.com
スパイダーでもクーペと同様に、フロント回りの刷新及びアップデートが行われていることが伺えますね。両者共によりスタイリッシュにスポーティーになるように手を加えているのではないでしょうか!

クーペも同じですが、スパイダーでもサスペンションを再セッティングしているようです。これにより更に安定性と応答制度を向上しているとの事。加えてステアリングの路面からの応答も再チューニングされたことでスピード全範囲での反応がわかる模様。



https://www.netcarshow.com (49226)

via https://www.netcarshow.com

アウディR8クーペ&スパイダーってどんなクルマ???

R8は、平成19年から日本で販売されており、初めてミッドシップとして企画されたモデルでもありますね。初代では、4200cc 420psを発生し、4WDとして登場していました。後に5200ccの525psバージョンも発売され、GTモデルも発売されました(560ps)。

平成28年から二代目になりました。V10型エンジンに進化していますね。5204ccモデルに統一されており、540psバージョンと610psバージョンが、発売されていますね(スパイダーは、540ps)。7速オートマに4WDシステムを搭載して、初代からパワーユニット、デザイン等アップグレードしておりますね。

2019年新型では、エンジン+ミッションと走行モードは、さらにドライモード、ウェットモード、スノーモードの3つが追加されアウディドライブセレクトモードを充実させているとの事。
 (49227)

インテリジェントなハイパーエンジン。
ドライバーのどんな要求にも応えるV10エンジンとして開発されていますね。新型Audi R8の5200cc V10エンジンは、Audiの市販モデルとしては史上最強となる610PSの高性能を発揮し、最高速は330km/hとの事。

1番のポイントは、直噴とポート噴射を備えたデュアルインジェクターを採用したことが最大の特徴。低負荷時に片方のバンクを休止するなどにより高出力と高効率を高い次元で両立できるという点。強大なパワーを巧みにコントロールする全天候型パワートレインと言えるでしょう!

ハイパーをミッションとクワトロシステムで制御。
瞬時の変速が可能な7速Sトロニックデュアルクラッチトランスミッションと、Audiならではのフルタイム4WDクワトロシステムでは、新型Audi R8の強大なパワーを4輪に効率的に伝え、静止状態から100km/hまでわずか3.2秒で到達する瞬発力。

ひとたびサーキットでアクセルを入れれば、2WDのライバルには真似のできない安定した姿勢でスタートダッシュがポイント。

さらにセラミックブレーキの確かな制動力を活かしたレイトブレーキングから、強烈なGをコントロールして理想のラインに乗せることも楽しさに。

 (49228)

知性を与えられたサスペンションユニット
クルマにもっとも高性能な必要要素は、ドライバー。そのドライバーが、24時間レースの中、極限状態に置かれたとしても常に冷静・沈着に正しい判断が出来るように、R8では挙動を安定させるシステムになっている様です。

Audi R8は、快適なドライビングを支えるための先進機能がふんだんに!代表的な機能が、Audiマグネティックライド。走行状況に合わせてサスペンションの減衰力を調整することができるこの機能は、オート、コンフォート、ダイナミックの3種のセッティングをスイッチひとつで選択。

機能と感性を両立させたインターフェイス機能
メーター類やナビゲーションシステムのモニターなどのインターフェイスでは、機能としてでなく、クルマとのコミュニケーションを取るツールにも。

Audi R8に付属しているAudiバーチャルコックピットは、速度計、回転計などの走行情報、ナビゲーション表示、ラジオやメディア情報など、ドライバーの「今必要に」合わせた表示情報を瞬時に。

ライバルの2倍先を見据えるレーザーハイビームシステム
Audiは、いち早くロードカーに採用したのがLEDヘッドライトですね。今や多くの自動車に搭載されるようになったこの技術も、暗闇での高速走行が求められるルマンのコースでAudiが採用し初市販化。Audi R8には、60km/h以上で従来の約2倍の距離を明るく照らす、レーザーハイビームを搭載していますね。

公道をはるかに上回るサーキットの過酷な環境で培われた技術と信頼は、集中力を必要とする公道の夜間ドライブをスマートアシストする必須アイテムに昇華。

まとめ

アウディが、ル・マン等のレースで培ってきたぎっ術を惜しみなくつぎ込んでいるモデルが、このR8クーペ、スパイダーであると言えますね。このモデルを公道で乗っても、速く、安心してドライバーが運転できる技術も盛り込まれております。

今回は、平成28年にモデルチェンジして2代目となり、そしてマイナーチェンジをしてフロント周り等を大きく刷新したデザインとなっているのではないでしょうか???
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me