レンジローバー初の23インチホイール&1.4メートルドアも健在!4千万超え「SVクーペ」市販型、ニュル出現

レンジローバー「SVクーペ」について最新情報をお届けします。

最新情報!

2018年3月のジュネーブモーターショーで初公開された、レンジローバーの2ドアクーペSUV「SVクーペ」市販型が、ニュルで高速テストを行いました。発売価格は最高で4千万円を超えるとみられており、レンジローバー最高級モデルなります。
 (33315)

ジュネーブモーターショーで公開されたモデルは、1.4mのロングドアと、寝かされたCピラー、「レンジローバー」より8mmローダウンされたボディや13m長い全長により、ダイナミックで優雅なフォルムを特徴としていました。 アルミホイールは21インチから23インチを設定しています。カメラで捉えた開発車両が装備していると見られる23インチは同ブランド初となります。 限定生産999台でベース価格は、295, 995USドル(約3千3百万円)ですが、「SVAutobiography Dynamic」トリムをセレクトすると88,000USドルの追加となり、約4千2百万円を超えます。
 (33316)

パワートレインは、ZF製8速ATと組み合わされる5リットルV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力は565psを発揮します。0-100km/h加速を5.3秒で駆け抜け、最高速度は266km/hを誇ります。
ロールスロイス最高級SUV、「カリナン」に引けを取らない豪華室内も魅力のひとつです。ヒーター&クーラー付き20way電動調整式フロントシートや10way電動調整式リアシート、長距離乗車ほど快適を増すというラグジュアリーシートを装備しています。 また、10インチディスプレイ、10インチ・コントロールパネル、12インチ・ドライバーディスプレイでコックピットを固めています。
 (33317)

今後情報

日本市場での発売台数、及び時期は未定となっていますが、少数であることは間違いなく、プレミア価格の高騰は免れないだろうと予想されています。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。