2019年10月10日 更新

フォルクスワーゲン ポロに特別仕様車登場!

フォルクスワーゲンは、ポロにコンフォート性がアップする特別装備を施したモデルを新設定し、10/1から販売開始しました。同モデルは、あったら良いなとユーザーが思う装備を多数採用しているそうです。特徴や装備内容等をご紹介します。

フォルクスワーゲン ポロに特別仕様車登場!

フォルクスワーゲン ポロ特別仕様車の概要等

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(代表取締役社長 ティル シェア、本社 愛知県豊橋市、略称 VGJ)は、さらに安全性や利便性を向上させた「Polo」特別仕様車となる「Polo TSI ComfortlineLimited(ポロ ティーエスアイ コンフォートライン リミテッド)を新設定し、10/1から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売開始しました。販売価格は、2,599,000円(消費税10%込み)です。

アルテオンやゴルフにも採用されている「MQB」プラットフォームをポロに搭載したことで、ワイド&ローなスタイリッシュプロポーションと、クラストップレベルの居住性やユーティリティを実現しています。ボディは左右それぞれ3.25cmのサイズアップで、ラゲージスペース容量は、71Lも多く確保しています。

コンパクトという実用性を損なう事なく、取り回しは機敏に行えるポロモデルに、コンフォート性をより高めた特別仕様車「Comfortline Limited」がラインアップしました。スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”やLEDヘッドライトなどの特別装備を標準搭載させています。

世界中で愛されてきたポロの高い基本性能や使いやすさは、しっかりと受け継ぎながら、同モデルは、本格派コンパクトハッチバックのコンフォートをアップデートしたモデルですね。
 (67110)

フォルクスワーゲン ポロ特別仕様車の特徴等

“Keyless Access”やLEDヘッドライトなど、コンフォート性アップとなる装備で、且つ人気の高い特別装備が追加されていますね。“Keyless Access”は、キーを操作することなくドアロックの作動・解除やエンジンの始動・停止が可能なスマートエントリー&スタートシステムです。

LEDヘッドライトは、高い視認性を確保しながら、消費電力の少なさと長寿命を実現させています。専用デザインの15インチアルミホイール“Sassari”を採用しています。コンパクトカーもプレミアムセダンも知り尽くしたフォルクスワーゲンが厳選した特別装備が搭載されていますね。
 (67111)

フォルクスワーゲンポロの進化!

Poloを大きく進化させるミッションとして、フォルクスワーゲンは「ア!ポロ計画」をミッションとして、ポロを進化させています。フォルクスワーゲンが自らに課したそのミッションでは、先進プラットフォーム「MQB」を採用したポロを造る事です。

ボディサイズは、左右それぞれで3.25cm大きくなったのですが、外観上の大きさは変わらない雰囲気の中に、実は乗る人にとっては、大切なものを車に盛り込めています。世界中の人々を乗せて、荷物と心のゆとりまでも乗せたモデルに仕上がっています。
 (67112)

ゆとりのある快適なコンパクトカーとして、ポロは設計されています。少しのサイズアップで、ユーザーのあと少しを満たすためのプラス効果が施されています。ラゲージスペースの容量は、71L拡大しています。後席を折りたたむと1,125Lになり、コンパクトカーにゆとりのラゲッジ空間を確保していますね。フロア高は2段階の調整(約100mm)ができ、高さのある荷物の収納も可能です。

この進化したポロを、今回厳選特別装備を施したことで、Polo TSI ComfortlineLimitedは、さらにコンフォート性を高めたモデルに仕上がっているでしょう。
 (67113)

フォルクスワーゲン ポロ特別仕様車の装備内容等

①Polo TSI Comfortline Limited(Polo TSI Comfortline をベースに以下の主な装備を標準装備)
・LED ヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LED ポジションランプ付)
・スマートエントリーシステム“Keyless Access”
・Volkswagen 純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”(SSD ナビゲーションシステム、VICS ワイド対応、DVD/CD プレーヤー、MP3/WMA 再生、AM/FM、ワイド FM 対応、地デジ TV 受信、Bluetooth オーディオ/ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントトール、“Volkswagen Media Control”アプリケーション対応)
・ETC2.0 対応車載器
・モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide & Inform”)
・レザーマルチファンクションステアリングホイール
・185/65R15 タイヤ/5.5Jx15 アルミホイール(10スポーク)

②Polo 特別仕様車「Polo TSI Comfortline Limited」は下記のオプション選択ができます。
セーフティパッケージとしてのオプション 価格121,000円(消費税 10%込)
・アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)
・駐車支援システム“Park Assist”
・ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
・パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)
・オプティカルパーキングシステム
・リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

ベースモデルのTSI Comfortlineは、車両価格2,372,000円です。今回の特別限定モデルの車両価格は、2,599,000円です。227,000円アップとなっていますが、かなりの特別装備が施されていますので、お買い得と成っているのではないでしょうか。
 (67425)

まとめ

フォルクスワーゲンは、小さくてもコンフォート性能満載のモデルとなるポロに、特別装備を満載したTSI Comfortline Limitedを販売開始しました。折角ポロモデルを買うのであれば、よりコンフォートなモデルをチョイスするのも良いのではないでしょうか。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me