2018年10月11日 更新

軽自動車とは思えない先進安全技術が魅力!日産デイズの先進安全技術を紹介します!

日産デイズは様々な先進安全技術が搭載され、ドライバーの運転をサポートします。今回はそんな日産デイズの先進安全技術を紹介します。

軽自動車とは思えない先進安全技術が魅力!日産デイズの先進安全技術を紹介します!

デイズの概要

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 Webカタログ トップ (46580)

デイズは日産が2013年から販売している軽ハイトワゴンです。三菱との共同開発によって生まれ、製造は三菱製です。三菱ではこのデイズはekワゴンに相当します。

発売当初は軽で初のアラウンドビューモニターを搭載したことで話題になりましたが、マイナーチェンジなどを経て、今ではその他にも様々な先進安全技術が搭載されています。

デイズにはどんな先進安全技術が搭載されているのか紹介していきます。

デイズの先進安全技術

アラウンドビューモニター

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 |先進安全装備 (46584)

話題になったアラウンドビューモニターがこちらになります。グレード別に設定されています。

駐車時はシフトレバーをRに入れた瞬間、ルームミラーにトップビュー/バックビューが映ります。上から見下ろしたような映像が、駐車時の不安を解消してくれます。

カメラスイッチを押すとサイドブラインドビュー/フロントビューに切り替わります。この視点は狭い道での車のすれ違いや、前方の障害物への衝突防止に役立ちます。

目視では確認しづらい部分も、このアラウンドビューモニターがあれば容易に確認出来ます。

踏み間違い衝突防止アシスト

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 Webカタログ トップ (46589)

ペダルの踏み間違いを防止してくれます。

駐車場でのアクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突事故がたびたびニュースで報じられていますが、この機能はそんな事故を未然に防いでくれます。

前進時は、壁はもちろんコンビニのガラスなどの障害物のみでなく歩行者も検知して、人との接触事故も防いでくれます。後進時は障害物のみの検知になります。この機能は軽で初採用されました。

インテリジェントエマージェンシーブレーキ

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 |先進安全装備 (46592)

フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知します。衝突の可能性が出た時に警告表示灯とブザーでドライバーに危険を周知させます。それでもドライバーが安全に減速できなかった場合は、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または軽減してくれます。

この機能は他の車にもほぼ標準装備されているので、かなり一般的な装備になってきましたね。

LDW(車線逸脱警報)

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 |先進安全装備 (46595)

ハイウェイスターのグレードに標準装備されている車線逸脱警報。その名のとおり、走行中にフロントカメラで車線を認識し、意図せずに走行車線を逸脱しそうになって時に、警告表示灯とブザーでドライバーに周知させます。

この機能もエマージェンシーブレーキとともにポピュラーな機能になっていますね。

ハイビームアシスト

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 |先進安全装備 (46598)

グレード別に設定されているハイビームアシスト。ハイビームとロービームの切り替えを自動でしてくれます。

夜間にハイビームが必要だと判断した場合には自動でハイビームに、対向車や先行車や街の明かりがある時には自動でロービームに切り替わります。

この機能は軽で初採用であり、ここまでの先進安全技術を搭載している車種はあまりないでしょう。これで対向車とのすれ違いに切り替え忘れも防止でき、迷惑をかけることも少なくなりますし、ハイビームで歩行者などの早期確認に役立ちます。

デイズの価格

デイズの価格は1,157,760円(J)~1,520,640円(ハイウェイスターGターボ)になります。
最も安いグレードのJはアイドリングストップ機能が無しなどの様々な機能が削られているので、その上のグレードのX以上がオススメです。

まとめ

今回は日産の軽自動車であるデイズの先進安全技術を紹介してきました。

軽自動車こそ安全性を重視しなければならないですし、これだけの機能があればいざという時の事故を未然に防いでくれると思われます。機能性の高い軽自動車をお探しの方には日産デイズはオススメの車です。

気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi