2019年9月30日 更新

レクサスが「LC」と「IS」に特別仕様車を設定し、10月1日に発売!

「LC」はクーペタイプのモデル、「IS」はセダンタイプのモデルとなっており、タイプは違いますがそれぞれに特別仕様車を設定して販売されます。今回はそれぞれの特別仕様車の魅力を紹介していきます。

レクサスが「LC」と「IS」に特別仕様車を設定し、10月1日に発売!

「LC」の特別仕様車“PATINA Elegance”

LEXUS、CRAFTEDの思想にもとづく特別仕様車を発売 | レクサス | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (66942)

「LC」の特別仕様車“PATINA Elegance”は、「LC500h/LC500」をベースに、レクサスが独自に開発し、柔らかさを追求した「L-ANILINE」本革シートと、柔らかい手触りのプレミアムレザーを使用した本革ステアリングを採用しています。さらに、「LC」に新規設定したテレーンカーキマイカメタリックの外板色と特別仕様車専用内装色パティーナブラウンを掛け合わせたほか、レーザーエッチングで金属加工し、L字が重なったモチーフが美しく浮かび上がるスカッフプレートなどを特別装備し、ラグジュアリークーペにふさわしい優雅さと洗練された気品を際立たせます。
「L-ANILINE」は、柔らかさと自然な風合いを活かしつつ耐久性を併せ持った、レクサスの最高級本革です。最高位の原皮だけを厳選し、長時間にわたる柔軟化工程と、独自の工夫や技術により薄い塗膜を目指したカラーコートで柔らかさを実現し、体を包み込む座り心地と、走行中のフィット感を向上させています。さらに、「LC」本来の流れるようなパーフォレーションのデザイン、職人が縫い上げた美しいステッチなどにより、華やかさを引き立てます。また、ステアリングにもプレミアムレザーを使用し、上質さを肌で感じられるようにこだわり抜かれています。
内装色は、艶やかなパティーナブラウンと、ドアトリムや「L-ANILINE」本革シート、シートベルトに配した華やかなブラウンのコンビネーションカラーを採用しています。また、ステッチの色は明度の異なるライトブラウンとダークブラウンの2色を活用し、こだわり抜いた質感とあわせ、上質で深みのある空間を表現しています。
LEXUS、CRAFTEDの思想にもとづく特別仕様車を発売 | レクサス | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (66944)

「IS」の特別仕様車“I Blue”

LEXUS、CRAFTEDの思想にもとづく特別仕様車を発売 | レクサス | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (66946)

「IS」の特別仕様車“I Blue”は、「IS350/IS300h/IS300 “F SPORT”」をベースに唯一無二の個性を表現するために、職人が一つずつ本杢を藍色に仕上げた藍本杢ステアリングホイールを採用しています。さらに、インテリアを藍色が鮮やかに引き立つ特別仕様車専用のカラーコーディネートでまとめ、エクステリアはスピンドルグリルやアルミホイールなどを黒基調とするなど、スポーティさを強調しています。今回の藍色は、100種類以上ある色域の中から日本で愛されてきた「搗色(かちいろ)」をモチーフに色づくりを行っています。
内装色は、藍・ブラック・グレーの特別仕様車専用コーディネートにより上質さを際立たせるとともに、ステアリングの藍が鮮やかに映えるカラーとしています。
外板色は、ヒートブルーコントラストレイヤリングなど5色を設定しています。

特別仕様車の価格

「LC」の特別仕様車の価格は、
「LC500」の特別仕様車“PATINA Elegance”が、14,000,000円~
「LC500h」の特別仕様車“PATINA Elegance”が、14,500,000円~
「IS」の特別仕様車の価格は、
「IS300」の特別仕様車“I Blue”が、5,416,000円~
「IS300h」の特別仕様車“I Blue”が、5,901,000円~[2WD(FR)]・6,365,000円~[AWD]
「IS350」の特別仕様車“I Blue”が、6,557,000円~[2WD(FR)]
になっています。

まとめ

今回はレクサスの「LC」と「IS」の特別仕様車の詳細を紹介してきました。
内外装がさらにラグジュアリー感が増し、特別仕様車としてふさわしいモデルになっています。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
11 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi