2019年11月11日 更新

チューニングに純正カスタマイズメーカーをチョイスしてみては!

メーカー直系カスタマイズメーカーは、確かな品質にモデルの本質を見極めた企画力が特徴であります。各自動車メーカーでも、自社モデルにピッタリあったものを開発しています。メーカー直系カスタマイズメーカーをご紹介します。

チューニングに純正カスタマイズメーカーをチョイスしてみては!

①TRD&MODELLISTA

 (66792)

TCDのブランドと成っているTRDやモデリスタは、トヨタモデルを中心に専用カスタマイズパーツを企画・製造・販売しているメーカーです。TRDは、トヨタ直系のワークスメーカーとして、エアロパーツからエンジン・補強パーツまで幅広く開発を行っています。

一方、モデリスタでは、エモーショナルな感動となる様にエクステリアを中心に開発・製造・販売をしています。ドレスアップパーツを中心に、インテリアパーツ等も手がけています。

両メーカー共に、トヨタ直系と成っていますので、しっかりとした商品作りになっています。TRDは、レースからフィードバックされたサーキット譲りのものが多く開発され、モデリスタでは、マッチングをきちんと考慮したドレッシーな商品が多くラインアップされています。

①社名 株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメントTOYOTA CUSTOMIZING & DEVELOPMENT Co., Ltd.(略称:TCD)
②設立 2018年(平成30年)4月1日
③本社所在地 〒222-0002 神奈川県横浜市港北区師岡町800番地
④資本金 17億円
⑤従業員数 1,020人(2019年4月現在)
 (66793)

②AUTECH&NISMO

 (66795)

ニスモやオーテックは、日産モデルを中心にしたカスタマイズパーツを企画・製造・販売をしているメーカーです。ニスモは、レースやサーキットからのフィードバックも含めた製品開発を行うことで、走行性能アップを含めたパーツを豊富に開発しています。

①社名 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社
②代表者 代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)片桐 隆夫
③所在地 〒230-0053 神奈川県横浜市鶴見区大黒町6番1号
④設立 1984年9月17日
⑤資本金 4億9,480万円(日産自動車株式会社100%出資)
⑥従業員数 194名(2015年3月末現在)

オーテックは、日産モデルをファッショナブルにアップデートするだけでなく、福祉車両やダンプ装置などの特殊車両を企画・製造・販売しています。ニスモが、レースモデルを中心に展開しているのに対し、オーテックは、幅広い車種で、カスタマイズパーツが設定されているのが特徴です。

①名称 株式会社オーテックジャパン
②本社 〒253-8571 神奈川県茅ヶ崎市萩園824番地2
③設立 1986年(昭和61年)9月17日
④資本金 4億8千万円
⑤社員数 433名(2019年3月末現在)
 (66796)

③無限&モデューロ

 (66800)

無限は、ホンダDNAを象徴しているカスタマイズメーカーです。サーキットやレースからのフィードバックを目的にしているメーカーでも有ります。開発されているモデルは、スポーツモデルから、ミニバン、セダン、軽自動車までと幅広くなっています。

①株式会社M-TEC
②設立 2003年10月1日
③資本金 3,000万円
④本社所在地 〒351-8586 埼玉県朝霞市膝折町2-15-11
⑤代表者 代表取締役 橋本 朋幸
⑥従業員数 220名(2015年10月現在)

ホンダアクセスのブランドであるモデューロは、ホンダを知り尽くした熟練の技術者が磨き上げたコンプリートカーを製作しています。現在モデューロXとして、ステップワゴン・S660・フリードでモデルラインアップがされています。

モデューロは、メーカーカスタムパーツメーカーではなく、コンプリートとして総合的にホンダモデルを仕上げているのが特徴です。

①社名 株式会社 ホンダアクセス
②本社 〒352-8589 埼玉県新座市野火止8-18-4
③設立 1976年8月2日
④代表者 代表取締役社長 白土 清成
⑤資本金 20億円(本田技研工業株式会社100%出資)
⑥従業員数 752名(2019年4月1日現在)
 (66799)

④オートエグゼ

マツダは、マツダスピードというカスタマイズメーカーを以前子会社として運営していました。このマツダスピードが解体され、マツダに吸収されたことで、現在では一元化されています。純正オプションパーツの設定にて、マツダスピードの名称で開発・製造・販売されています。

今回は、メーカー直系ではないのですが、マツダのカスタマイズパーツを専門にしているメーカーをご紹介します。オートエグゼは、マツダ車個性化プロジェクトというコンセプトで、ストリートベストとなる優良カスタムパーツを企画・製造・販売しています。マツダモデルの多くがラインアップされているのも特徴です。

①名称 株式会社 オートエクゼ
②住所 〒135-0051 東京都江東区枝川2-15-8
③連絡先 TEL03-6458-7251 FAX03-6458-7261
 (66803)

⑤モンスタースポーツ

以前スズキスポーツという名称で、スズキの専用カスタマイズパーツを行っていましたが、2015年にタジマモーターコーポレーショングループの傘下になり、現在は、モンスタースポーツというブランドからスズキのパーツ等がリリースされています。旧スズキスポーツ商品もモンスターから販売されています(在庫限り)。

①名称 株式会社タジマモーターコーポレーション
②所在地 〒165-023 東京都中野区江原町3-35-3
(東京オフィス)
〒174-0043 東京都板橋区坂下3-1-5 TAJIMA板橋志村坂下ビル4F
③設立 1978年創業
④資本金3,000万円
⑤従業員数180名

ジムニーシエラ JB74W マフラー サウンド Sp-Rマフラー Sp-Xマフラー モンスタースポーツ MONSTER SPORT JIMNY SIERRA Sp-R/Sp-X Muffler

まとめ

今回は、直系カスタマイズメーカーを数社ご紹介しました。筆者も所有している車のエクステリア等をカスタマイズするときには、純正エアロや直系カスタマイズメーカーのものを使用してます。これは、製品精度が非常に高くフィッティングに優れ、使用されている材質も厳選されているからです。

社外パーツや汎用パーツの魅力も非常にあると思いますが、ココは!というパーツは、純正またはメーカー直系のカスタムパーツをチョイスするのも良いのではないでしょうか。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me