2018年5月23日 更新

メルセデス「GLS 63 AMG」次期型、ついに600馬力超えへSUVの頂点へ

メルセデスベンツの最高位クラス、クロスオーバーSUV「GLS」。その頂点に君臨するハードコアモデル、「GLS 63 AMG」次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えることができました。 今回は、「GLS 63 AMG」次期型の最新情報について、記述していきます。

メルセデス「GLS 63 AMG」次期型、ついに600馬力超えへSUVの頂点へ

「GLS 63 AMG」次期型の最新情報

「GLS」次期型では、最新の「MHA」プラットフォームを採用し、現行モデル比100kg程度の軽量化が図られます。

厳重にカモフラージュされたDピラーは、より傾斜を持ち、全体的に丸みを帯びたスポーティなボディシルエットが予想されています。AMGバージョンでは、最強の証パナメリカーナグリル、大口エアインテーク、専用のバンパー、大径ホイール、クロスドリル・ブレーキ、ツインエキゾーストパイプなどを装備します。

パワートレインは、現行モデルの5.5リットルV型8気筒ツインターボエンジンから、ダウンサイジングされる4リットルV型8気筒ツインターボエンジンへ置き換えられます。また、最高出力は585psから600ps超えと見られています。

ハイテク面では、「Sクラス」にも搭載された、半自動運転技術や先進運転支援システム「ステレオビジョンカメラ」を搭載するほかに、新世代インフォテイメントシステム「MBUX」の搭載も確実視されています。
 (31140)

今後情報

ベースモデルの「GLS」次期型は早くとも2018年末か2019年に登場すると思われるので、AMGバージョンは2020年以降となると予想されます。
 (31141)

メルセデス「GLS」

2015年のロサンゼルスモーターショーで発表され、2016年4月に日本導入を発表し、同日発売となりました。「GLS」とは、それまでのモデル「GL」に最上級クラスを意味する「S」を組み合わせた名前です。
日本では、クリーンディーゼルモデルを含んだ、4種を発売しました。

「GLS 350d 4マチック」と「GLS 350d 4マチック スポーツ」
3リットルV6直噴ディーゼルターボを搭載。

「GLS 550 4マチック スポーツ」
4.7リットルV型8気筒ツインターボを搭載。

「AMG GLS 63 4マチック」
専用チューニングが施されたる5.5リットルV型8気筒直噴ツインターボを搭載。
8 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部