2018年10月24日 更新

アウトドアにはうってつけ!スズキのクロスビーの魅力を紹介します!

アウトドアに似合う車ってどんな車かなと思った方は、スズキのクロスビーも候補に入れてみるのはどうでしょうか?どんな魅力があるかを紹介していきます。

アウトドアにはうってつけ!スズキのクロスビーの魅力を紹介します!

クロスビーってどんな車?

クロスビー スタイリング | スズキ (48481)

クロスビーは、スズキが2017年から製造・販売している比較的新しいモデルのクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。

同じスズキ車で軽自動車のハスラーを彷彿させるデザインですが、スズキの社長曰く、「大人5人が乗れるワゴンの広さとSUVらしい走破性を両立した新ジャンル」と説明しています。

その証拠に、ハスラー同様のトールワゴンとSUVのクロスオーバーですが、ハスラーのメカニズムやパーツは一切使用されておらず、イグニスやソリオ・ソリオバンディットのメカニズムが多様されています。そのため走行性能や居住性は、軽自動車のハスラーと比べても高いものになっているのです。

クロスビーの外観

クロスビー スタイリング | スズキ (48484)

ハスラーに外観は似ていますが、クロスビーの方がフロントフェイスが力強いですし、より本格的なSUVの雰囲気が出ています。

もちろん車体の大きさにも違いがあります。ハスラーは全長×全幅×全高は3395×1475×1665mmになっていますが、クロスビーはハスラーよりも全長は365mm長い3760mm、全幅は195mm広い1670mm、全高は40mm高い1705mmとなっています。

コンパクトカーでありながらもゆとりある空間を実現できるボディーサイズになっています。

クロスビーの内装

クロスビー | スズキ (48526)

内装も軽自動車のハスラーより十分なゆとりのあるスペースがあります。同じインパネ式のシフトレバーを搭載していても、クロスビーの方が全幅が広いので左右のスペースはさらにゆとりがあるように感じるでしょう。

後部座席もコンパクトカーの車体サイズなので、軽自動車でギリギリまで空間を広げたハスラーよりもより快適にくつろぐことができ、大人5人が十分乗ることができるスペースがあります。
クロスビー | スズキ (48527)

ラゲッジスペース

クロスビー 収納スペース | スズキ (48529)

ラゲッジスペースはゴルフバックも積めるほどのスペースがあります。ハスラーとは違い、後席を倒さなくてもある程度の大きさの物は積むことが可能です。
クロスビー 収納スペース | スズキ (48530)

後席を倒すとさらにラゲッジスペースは広がります。大きな荷物も積むことが可能なので、様々なアウトドア用品を積み込んで、アウトドアをさらに楽しいものにしてくれます。

ホームセンターで買った家具などもこれだけのスペースがあれば積むことが可能ですね。

クロスビーの走行性能

クロスビー 走行・環境性能 | スズキ (48536)

クロスビーのSUVとしての走行は、様々な悪路に対応できるものになっています。

・SPORTモード:力強い加速でスポーティーな走りを実現します。
・SNOWモード:雪道専用のモードであり、雪道でもスムーズな走行を実現してくれます。
・GRIP CONTROLモード:ぬかるみや滑りやすい路面での走行をサポートしてくれます。
・HILL DESCENTモード:ブレーキ操作をしなくても、急な下り坂での車速を制御してくれます。

これだけの機能が備わっているので、あらゆる場面での走行に対応出来るのです。

クロスビーの価格

クロスビーの価格は、HYBRID MXで1,765,800円~、HYBRID MZで2,003,400円~になります。価格もコンパクトカーのため購入しやすい値段ですね。

クロスビーはマイルドハイブリッド車のため、燃費性能も良いです。JC08モードで最大22.0km/Lで、ハイブリッド車には及びませんが、SUVとしては良い燃費性能だと思われます。

まとめ

今回はスズキのクロスビーの魅力を紹介してきました。

スズキのSUVはハスラーでも、クロスビーでも、SUVの中では個性的なデザインなので、人と違った車に乗りたいという方には特にオススメです。走行性能も申し分なく、燃費性能も良いのでお財布にも優しいです。

気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi