2018年8月9日 更新

ミレニアムなトヨタ ハイエース50周年記念車50thアニバーサリーリミテッドが8/6から販売開始!

ハイエースも50周年を迎えることになりました。これを記念してアニバーサリーモデルがGLグレードにて設定されました。特別装備内容等を若干の歴史を交えて調査して行きたいと思います!

ミレニアムなトヨタ ハイエース50周年記念車50thアニバーサリーリミテッドが8/6から販売開始!

トヨタ ハイエースの歴史に触れてみます!

初代は、1967年に登場!当時では、珍しいモノコックボディを採用しての販売となりました。トヨタの技術力の高さも伺えるモデル。1300ccと1500ccのガソリンエンジンを採用したキャブオーバータイプのデザインとなっておりますね。

機能性や居住性をアップして1977年に登場した2代目。荷室面積を大幅に拡大し1979年には2200ccディーゼルもラインアップ。

アウトドアブームの風邪に乗った3代目は、1982年から発売開始。新採用のフレームでオールフラットシートなども採用され、3・6・9人乗り等のバージョンも豊富にラインアップ。1800ccガソリンエンジンも加わり、パワー的にもアップされたモデル。

1989年にデビューした4代目ハイエース。非常に人気のあったモデルでミニバンやカーゴとしての人気の火付け役でもあり、けん引役ともなっておりました。2800ccディーゼルや3000ccディーゼルとディーゼルエンジンでの販売数量も大きく伸びたモデルとなっていますね。

現行型となる5代目は、4代目が惜しまれつつある中2004年に販売がスタート。当初は、4代目(100系)の中古車市場が活性化される結果にもなりましたが、現在では、現行型(200系)の人気も非常に高く、仕事だけでなくキャンパーや通常使用でのユーザーも豊富になっておりますね!

この現行型(200系)も発売開始から14年が経過しました。この度スーパーGLをベースに50周年アニバーサリーモデルが登場しました。このモデルの特徴等を追ってみます!
 (38898)

トヨタ ハイエース50周年記念車50thアニバーサリーリミテッドの特徴

 (38908)

その時代その時代に合わせてモデルチェンジを繰り返したハイエースも50周年を迎えることが出来ましたね。日本のみならず海外からの評価も非常に高く、そして何よりもタフで頼もしい存在であり続けてると思います。

そのハイエースも今では商用車としての価値だけでなく、一般ユーザーが乗りこなしたり、カスタマイズしたりする楽しむ車へと変貌もしております。

凛としたデザインに大人の風格を持たせ、さらにシュッとした雰囲気を持たせて50周年アニバーサリーリミテッドを開発したようです。
 (38909)

トヨタ ハイエース50周年記念車50thアニバーサリーリミテッドの特別装備

エクステリア偏

 (38899)

① LEDヘッドランプ
② フロントフォグランプ(高輝度塗装ベゼル)
③メッキフロントグリル(ロアグリル漆黒メッキ)
④フルホイールキャップ(高輝度塗装)
⑤50TH ANNIVERSARYバックドアエンブレムインストルメントパネル部スイッチ
⑥デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付)
⑦両側固定式リヤサイドガラス
機能的にほしいアイテムが、特別装備されており、エンブレム等で特別感もアップするようになっておりますね。
 (38901)

内装偏

 (38905)

①4本スポークステアリングホイール(本革巻き+茶木目マホガニー調加飾)
②ステアリングスイッチ(オーディオ)&ベゼル(ダークシルバー加飾)
③フロントエアコンプッシュ式コントロールパネル(ダークシルバー加飾)
④インストルメントパネルアッパー部(茶木目マホガニー調加飾)
⑤シフトベゼル(ダークシルバー加飾)
⑥シフトノブ(本革+茶木目マホガニー調加飾)
⑦フロントドアトリム(合成皮革)
⑧パワーウインドウスイッチベース(茶木目マホガニー調加飾)
⑨シート表皮:トリコット+合成皮革&ダブルステッチ(ダークブラウン)

通常のモデルと違いかなりシックで大人な雰囲気が漂う仕様となっているのが伺えますね。
 (38902)

⑩スライドドアスカッフプレート(車名ロゴ&イルミネーション付)
⑪ルーフ&ピラー&セパレーターバー(ブラック)
⑫50TH ANNIVERSARYエンブレム付スマートキー
⑬スマートエントリー&スタートシステム

後から取り付けるのが面倒なアイテムも、特別装備されておりますね!
 (38903)

・ホワイトパールクリスタルシャインメーカーオプション
・グレーメタリック
・スパークリングブラックパールクリスタルシャインメーカーオプション
・ブラックマイカ
・ボルドーマイカメタリック
・グラファイトメタリック特別設定色

エクステリアカラーも商用感ではなく、通常使用されることに重点を置いているカラーリングが多くなっているのではないでしょうか?
 (38906)

トヨタ ハイエース50周年記念車50thアニバーサリーリミテッドの安全装備

 (38907)

50周年アニバーサリーリミテッドには、トヨタセーフティセンスが標準装備に!
大きくは、3つの柱で安全をサポート。

①ぶつからないをサポートする 「自動ブレーキ」は、プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)。

②はみださないをサポートする「車線はみ出しアラート」となるレーンディパーチャーアラート。

③夜間の見やすさをサポートする「自動ハイビーム」機能として、オートマチックハイビーム搭載。

これに運転席・助手席のエアバックに助手席フォースリミッター機構付シートベルトの標準装備。
 (38904)

トヨタ ハイエース50周年記念車50thアニバーサリーリミテッドのグレード等

①スーパーGL50TH ANNIVERSARY LIMITED「2/5人乗り・5ドア」
2800ccディーゼル 2WD3,828,600円・4WD4,133,160円

②スーパーGL50TH ANNIVERSARY LIMITED「2/5人乗り・5ドア」
2000ccガソリン 2WD3,240,000円

③スーパーGL50TH ANNIVERSARY LIMITED「2/5人乗り・5ドア」
2800ccディーゼル ロング・ワイドボディ・ミドルルーフ仕様 2WD3,970,080円

④スーパーGL50TH ANNIVERSARY LIMITED「2/5人乗り・5ドア」
2700ccガソリン ロング・ワイドボディ・ミドルルーフ仕様 2WD3,501,360円/4WD3,795,120円

※北海道販売では、上記より若干アップの価格となっている模様。

まとめ

ハイエースも50周年を迎えましたね。現行型である200系も14年の時の間にマイナーチェンジを行い5型と呼ばれるモデルにまでなりました。せっかくハイエースを買うならば50周年記念車という選択肢も有り?!ではないでしょうか!
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me