2018年10月17日 更新

Honda ユニークでパワフルな車「N-ONE」の走行性能やグレードは!?

この車は、シンプルで愛嬌のあるデザインと男女共に乗りこなせそうな、丸い目のライトが特徴の軽自動車です。そして、低全高仕様により立体駐車場に収まる大きさの使い勝手の良さだけでなく、車高が低いことでスタイリッシュさが増して格好良くも見えるデザインです。また、この車にはターボモデルも存在しているので、軽自動車とは思えない程の軽快な走りを実感することができると思います。そしてその見た目のスタイリッシュで愛嬌のあるデザインからも、軽快な走りをしそうなイメージをさせます。 今回は、その「N-ONE」の特徴を紹介していきたいと思います。

Honda ユニークでパワフルな車「N-ONE」の走行性能やグレードは!?

「N-ONE」のデザインの意外な役割

デザイン・カラー|スタイリング|N-ONE|Honda (47526)

この車を見かけたら思わず見入ってしまうほどの愛嬌のあるコンパクトで可愛いデザインであると思います。そして、走りの刺激を求める方のニーズにも応えるようなターボ仕様も存在している何とも楽しい車なのです。

実はこの「N-ONE」には愛嬌を感じさせる魅力的なデザインには、ある役割が備わっているものもあるのです。まずは特徴的な丸いヘッドライト、これはコーナーの目印としても活躍していて、このライトの出っ張りが見えることにより車両感覚がつかみやすく狭く、路地や駐車場などでもラクに取り回しできるのです。
デザイン・カラー|スタイリング|N-ONE|Honda (47529)

これは、見晴らしの良いアイポイントによる視認性が高いというメリットと、通常の車よりも出っ張りのあるヘッドライトの特徴により運転のしやすさを実現させているのです。
走行性能|性能・安全|N-ONE|Honda (47531)

「N-ONE」の「N」とは?少し歴史を紹介します!

「N-ONE」意外にも「N-BOX」や「N-WGN」などが存在していますが、この「N」とは何ぞや?というお話です。
車が憧れであった時代に登場した「N360」とう車の好評から、「N」シリーズが増えてきたと思われます。

そうしてたくさんの人々が思い描く豊かさのカタチの「クルマのある生活」をもたらしたN360ですが、そもそも「N」は、「Norimono(のりもの)」のNであり、単なる機械ではなく、「人が乗るためのもの」という意味が込められているそうです。
Nヒストリー|Nシリーズ|Honda (47534)

「N」の称号を冠したN360は、家族や友達みんなでドライブする楽しみを教えてくれます。新たな豊かさを生む存在として、当時の人々の生活の一部になっていったということです。

スタイリングとボディカラーバリエーション

ツートンカラー

ツートンカラー

愛嬌のあるデザインに加え、豊富なカラーバリエーションはより多くの方に満足をしていただけます。そして、ツートンカラーも選択できることから誰も飽きさせない車のような存在であるようにも思えます。

ボディカラーは9色存在していて個性的なグレードも存在しています。
N-ONE|タイプ・価格|N-ONE|Honda (47542)

Standard:標準的でシンプルな車
Standard・LOWDOWN:立体駐車場に対応したモデル
Standard・L:基本装備をしっかり備えたスタンダード
Standard・LOWDOWN L:基本装備を搭載した低全高モデル
N-ONE|タイプ・価格|N-ONE|Honda (47543)

Standard Tourer:パワフルに走れるターボ仕様のスタンダード
N-ONE|タイプ・価格|N-ONE|Honda (47545)

Select:価値ある装備をプラスしたブラウンスタイル
Select Tourer:ブラウンスタイルのターボ仕様車
N-ONE|タイプ・価格|N-ONE|Honda (47547)

Premium:見た目も、装備も、上質に磨き上げたプレミアム
Premium Tourer:走りを磨いたターボ仕様のプレミアム
N-ONE|タイプ・価格|N-ONE|Honda (47549)

RS:スポーティーモデル

走行性能や乗り心地

狭い道や街中ではスイスイと走れる「N-ONE」は、視認性の高さから小回りを効かせやすく、パワフルな走行も実現することができます。

また、ターボ仕様の「Tourer」には全グレードに搭載されている変則ショックの少ない「CVT」の他に、パドルシフトによる変則チェンジが可能となっているのです。
走行性能|性能・安全|N-ONE|Honda (47555)

パドルシフトとは、パドルシフトは、ステアリングの裏側部分、通常は3時と9時の位置に装備されており、ステアリングを握りながら人差し指または中指でパドルを操作して、シフトチェンジするものです。よってAT車でもマニュアル感覚を楽しむことができるそうです。

まとめ

可愛いデザインには、豊富なカラーバリエーションの組み合わせなどにより更に個性を発揮できます。

そして、「RS」というターボ&スポーティーモデルであっても、23.6km/Lという環境に良い低燃費走行も実現させることができるのです。

このように愛嬌のあるデザインは、若い方の男女にも人気があると思いますが、紺色や茶色のボディカラーも選択できるので、幅広い年齢層の方に親しまれそうなデザインであるとも思えます。

気分を変えるために、「Premium Tourer」の上級感のあるスポーティーモデルに乗ってみるのも良いかと思います。この記事を参考に、是非「N-ONE」に興味を持っていただけたら幸いです。
29 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan