2019年10月29日 更新

ベンツが新型「GLC」・「GLCクーペ」を発表!プレミアムSUVにふさわしい魅力とは!?

ベンツのプレミアムSUVとして販売されている「GLC」・「GLCクーペ」が10月3日に新型を発表し、現在注文受付中です。どのような仕様になっているのか、詳細を紹介していきます。

ベンツが新型「GLC」・「GLCクーペ」を発表!プレミアムSUVにふさわしい魅力とは!?

新型「GLC」・「GLCクーペ」の詳細

エクステリア

新型「GLC」、「GLCクーペ」を発表 (68350)

新型「GLC」・「GLCクーペ」のエクステリアは、メルセデス・ベンツのデザイン思想「Sensual Purity(官能的純粋)」を具現化し、現代的ラグジュアリーを表現しています。感性と知性が調和した力強い存在感がその特徴で、細かなエッジやラインを減らして面を強調する等、本質的に重要なものだけを残す質実剛健なデザインとなっています。
フロントは、クローム仕上げのアンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネットがSUVとしての存在感とパワーを表現しています。ラジエターグリル内に特徴的なツインルーバーデザインが装備されSUVらしさを強調します。AMGラインを選択すると、標準仕様と異なる台形型のグリルデザインとなり、ダイヤモンドグリルとシングルルーバー、バンパー下部左右に配置された2本のフィンやシルバークロームのフロントエプロンが装着されるなど、スポーティさを強調するデザインとなっています。
リアはバンパーとエグゾーストエンドが一新されました。デザインを変更したフルLEDリアコンビネーションランプもまた、メルセデス・ベンツSUVならではのブロックデザインにより、特別なライトシグネチャーを生み出します。リアエンドのデザインは全体として新型「GLC」・「GLCクーペ」のパワフルな性格を強調するものとなっています。

インテリア

新型「GLC」、「GLCクーペ」を発表 (68353)

インテリアは、スポーティかつ上質なデザインコンセプトを継承しながら、ダッシュボード中央にはナビゲーションやエンターテインメントシステムの表示画面となる、高精細10.25インチの「ワイドディスプレイ」を装備しています。
ステアリングホイールはSクラスと同じデザインの、メルセデス・ベンツ最新世代のステアリングホイールが採用されています。上質かつスポーティなデザインとなっているほか、手を放さずに、ナビゲーションの操作や車両の設定などが行える、「タッチコントロールボタン」や、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」を設定するスイッチも備えており、操作性の向上にも寄与します。また、カラーがゆっくりと変化し続ける「マルチカラーアニメーション」を搭載した「アンビエントライト(64 色)」を装備するなど、最新のメルセデス・ベンツモデル共通のデザインや装備を採用しています。
新型「GLC」、「GLCクーペ」を発表 (68354)

走行性能

新型「GLC」、「GLCクーペ」を発表 (68359)

「GLC 220 d 4MATIC」にはEクラスにも搭載されている、最高出力194PS(143kW)、最大トルク400N・mを発生する、2.0リッター直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンが搭載されます。従来型のクリーンディーゼルエンジンより高出力化された一方、振動、騒音も低減されており、快適なドライブを実現します。
「GLC300 4MATIC」には排気量が2.0リッターとなる直列4気筒ターボエンジンを搭載しています。ツインスクロールターボチャージャーと可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC」を採用し、低回転から高回転まで伸びやかな加速を可能にします。従来の「GLC 250 4MATIC スポーツ」と比較して、最高出力が47PS(35kW)向上し、258PS(190kW)を発揮、最大トルクが20N・m向上し370N・mとなります。
新型「GLC」・「GLCクーペ」は全モデルで、9速オートマチックトランスミッションを採用しています。1速から9速までの変速比幅が広いことから、エンジン回転数が大幅に低減され、優れたエネルギー効率と快適性を実現しました。また、「GLC 220 d 4MATIC」と「GLC 300 4MATIC」には、前後31:69の固定トルク配分となる4MATICを採用しています。

先進安全装備

新型「GLC」・「GLCクーペ」には「Cクラス」や「Sクラス」と同等の、最新世代の運転支援システムシステムが全てのモデルで標準装備されています。さらなる機能強化として採用された「アクティブブレーキアシスト (歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」は、対向車線を横切って右折しようとするときに、対向車線を直進してくる車と衝突する危険がある場合、車速10km/h以内であれば自動ブレーキが作動します。対向車の検知は、フロントの長距離レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラを使って行われます。

価格

新型「GLC」の価格は、
(GLC 220 d 4MATIC)が、6,900,000円~
(GLC 300 4MATIC)が、7,750,000円~
( メルセデス AMG GLC 43 4MATIC)が、9,480,000円~
(メルセデス AMG GLC 63 4MATIC+)が、13,130,000円~
(メルセデス AMG GLC 63 S 4MATIC+)が、 14,870,000円~
になっています。

新型「GLCクーペ」の価格は、
(GLC 220 d 4MATIC クーペ)が、7,210,000円~
(GLC 300 4MATIC クーペ)が、8,070,000円~
(メルセデス AMG GLC 43 4MATIC クーペ)が、9,800,000円~
(メルセデス AMG GLC 63 4MATIC+ クーペ)が、13,440,000円~
(メルセデス AMG GLC 63 S 4MATIC+ クーペ)が、15,190,000円~
になっています。

まとめ

今回は、ベンツのプレミアムSUVである新型「GLC」・「GLCクーペ」の詳細を紹介してきました。
新型「GLC」・「GLCクーペ」は、プレミアムSUVとしての特性はそのままに、内外装デザインを一新しています。10月3日から注文は受け付けており、納車は、メルセデスAMG各モデルは本年12月頃、その他のモデルは本年11月頃を予定しているとのことで、気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi