2018年9月27日 更新

所帯くさくないミニバンが欲しいなら?2代目ホンダストリーム!

ミニバンは長い間、日本のクルマ業界を引っ張ってきました。最近はSUVと人気を二分しているようですが、利便性を考えるとやはりミニバンに軍配が上がります。 しかし、ミニバンはどうしても「家族」や「家庭」といったイメージが先行し、「スポーティー」とは真逆の位置にいます。 そんなミニバンの中で、スポーツイメージを優先したのが2代目ホンダストリームです。 今回はその2代目ホンダストリームの魅了についてレビューします。

所帯くさくないミニバンが欲しいなら?2代目ホンダストリーム!

どんなクルマ?

ストリーム(ホンダ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (44210)

2代目ホンダストリームは、2006年7月にデビューしました。
ボディサイズは先代よりも拡大されましたが5ナンバーサイズに収まるものとなり、全高も機械式駐車場に入れる高さに収まりました。

先代ストリームは良くできたクルマでしたが、先代のデビューの2年後、トヨタが外寸が全く同じ「ウィッシュ」を発表し、ホンダが作り出した低重心5ナンバーミニバンの市場をかっさらってしまいました。

この2代目は、トヨタに対する逆襲と言っても過言ではないでしょう。
ホンダの本気度合いが様々な所から伝わってきます。

エンジンは2.0Lと1.8Lが用意され、駆動形式はFFと4WDがありました。2.0LのFFはCVTでしたが、それ以外は5速ATが搭載されていました。

何度かのマイナーチェンジを経て、2014年6月に販売を終了しています。

2代目ホンダストリームのここがイイ!!

ストリーム(ホンダ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (44211)

スポーティーな見た目

2代目ホンダストリームの特徴は、何と言ってもスポーティーなエクステリアでしょう。7人乗れるミニバンでありながら、所帯くささは微塵もなく、若々しくスタイリッシュです。

ミニバンというよりもステーションワゴンに近く、独身の若者が乗っていても全く不自然な感じはしません。

軽快な走行性能

低重心設計のおかげか、山道のドライブがとても軽快です。
硬めのサスペンションでロールが抑えられており、ミニバンを運転している事を忘れてしまいます。

市街地でも、意外なほど見切りが良いため、取り回しで困る事はありません。

1.8Lでもパワーは十分

1.8Lエンジンは140ps、2.0Lエンジンは150psをいずれもレギュラーガソリンで発揮します。

ギア割りの細かさもあってか、1.4t前後の車体を苦も無く加速させるため、街乗りから高速道路まで動力性能に不満を覚えることはありませんでした。

2代目ホンダストリームのここはそうでもない…

ストリーム(ホンダ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (44212)

乗り心地は硬い

サスペンションの味付けが硬めなので、乗り心地も硬めです。
路面の凹凸に応じて振動が伝わってきますが、後ろのシートに行くほど振動がひどくなります。

特に、17インチタイヤを装備するグレードが顕著です。
見た目的には17インチですが、乗り心地は16インチの方が勝っています。

チープな内装

車格の割に本体価格が安かった(1,806,000円~)ので仕方のない点ですが、ダッシュボードの素材やシート・トリムの表皮が安っぽく感じます。

特にシートの仕上げが安っぽく、そこまで座り心地は悪くありませんがもう少し改善して欲しかった所です。

3列目は“非常用”

この手のミニバンなら仕方のない事ですが、3列目はとても狭いし乗り降りも大変です。

偉い人を2代目ストリームの3列目に乗せた事があり、乗車時は良かったのですが、降車時は何とも威厳を欠く降り方をしていました。

屋根が低いので居住性もあまり良くなく、お子さんならまあ何とか…といった具合です。

3列目は普段畳んでおいて荷室を広げておき、いざという時だけ展開するといった使い方が良さそうです。

また、モデル途中で3列目を省略した仕様が追加されており、広いステーションワゴンを買うつもりでそちらを買うのもアリかと思います。

まとめ

ストリーム(ホンダ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (44213)

2代目ストリームは、先代よりもさらに所帯くささを排除し、スタイリッシュにまとめられていたクルマでした。

お子さんがいる方はもちろんですが、友達と連れ立って出かける機会のある若い人にも大変オススメできます。

見た目がスポーティーでかっこよく、17インチアルミやスポイラーが付いた「RSZ」が欲しくなるところですが、個人的には乗り心地の観点から16インチを履いたモデルをオススメします。

気になる中古市場は、タマ数が豊富かつ値段が下がり始めています。
エアロを装備した「RSZ」や「ZS」、また4WDモデルは100万円を越えていますが、逆にエアロパーツの付かない「X」や「G」のマイナーチェンジ前のモデルなら走行距離2万キロ以下の個体を60万円程度で探すことが出来ます。

下回りのアーム類に錆が出やすいクルマなので、購入時は下回りを注意して確認しましょう。

2代目ホンダストリームの中古を探している方、値下がりしている今がチャンスです!程度の良い個体を早いうちに手に入れましょう!
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲