2018年5月18日 更新

マツダCX-3、ディーゼルエンジンを1.8Lに置き換える大幅改良!

マツダは5月17日、「CX-3」に1.8Lディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良するとともに、特別仕様車「エクスクルーシブモッズ」を新設定して17日に予約受注を開始、そして31日に発売することを発表しました。

マツダCX-3、ディーゼルエンジンを1.8Lに置き換える大幅改良!
メーカー希望小売価格(消費税込)

2.0Lガソリン車:2,127,600円~
1.8Lクリーンディーゼル車:2,436,480円~
特別仕様車エクスクルーシブモッズ:2,868,480円~

マツダCX-3の改良点

クリーンディーゼル車は1.8Lに排気量アップ

【MAZDA】「マツダ CX-3」にガソリンエンジン車を追加|ニュースリリース (30649)

SKYACTIV-D 1.8
今回の改良によりエクステリアでは、フロントグリルやLEDリアコンビネーションランプなどの形状を変更し、「CX-3」の特徴であるスタイリッシュなイメージをさらに進化させています。

そして、これまでの1.5Lクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」に変えて、初採用となる新開発の1.8Lの「SKYACTIV-D 1.8」を採用します。「SKYACTIV-D 1.8」は、「SKYACTIV-D 1.5」に比べて、燃費や環境性能を向上させ、出力や高回転域でのトルクを実現させていてます。

「SKYACTIV-D」 1.5Lと1.8Lの比較

・SKYACTIV-D1.8
最高出力:85kw(116ps)/4,000rpm
最大トルク:270N・m(27.5kgf・m)/16.00-2.600rpm
・SKYACTIV-D1.5
最高出力77kW(105 PS)/4,000 rpm
最大トルク:270N・m(27.5kgf・m)/1,600-2,500rpm

2.0Lガソリン車も改良を受けバージョンアップ

【MAZDA】「マツダ CX-3」にガソリンエンジン車を追加|ニュースリリース (30650)

SKYACTIV-G 2.0
さらに、「SKYACTIV-G 2.0」ガソリンエンジンも、「エッジカットピストン」や「新ノズル付き拡散インジェクター」などの新技術を導入し、トルクと実用燃費の向上を実現しました。

また、1.8Lクリーンディーゼル車、2.0Lガソリン車ともに、「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」の3つの走行モードで構成された国際的な試験方法である、WTLC燃費を採用しています。
WLTCモード燃費

2.0Lガソリン車

WLTCモード燃費:2WD車16.0~16.2km/L 4WD車15.2km/L
市街地モード(WLTC-L):2WD車12.4~12.9km/L 4WD車11.9~12.0km/L
郊外モード(WLTC-M):2WD車16.7~16.9km/L 4WD車15.9km/L
高速道路モード(WLTC-H):2WD車18.0~18.2km/L 4WD車17.0~17.2km/L

1.8Lディーゼル車

WLTCモード燃費:2WD車20.0~23.2km/L 4WD車19.0~21.2km/L
市街地モード(WLTC-L):2WD車16.3~21.3km/L 4WD車15.9~19.7km/L
郊外モード(WLTC-M):2WD車20.0~23.5km/L 4WD 19.1~21.6km/L
高速道路モード(WLTC-H):2WD車22.2~24.4km/L 4WD車20.9~22.0km/L

「スカイアクティブ・ビークルアーキテクチャー」の一部採用

【MAZDA】「マツダ CX-3」にガソリンエンジン車を追加|ニュースリリース (30657)

また、今回の改良で、次世代の車両構造技術「スカイアクティブ・ビークルアーキテクチャー」を一部採用しています。「スカイアクティブ・ビークルアーキテクチャーにより、サスペンションやシートウレタンを改良、そして、新開発のタイヤを採用することで、乗り心地や静粛性の向上につながっています。

機能をアップさせた「i-ACTIVSENSE」

【MAZDA】「マツダ CX-3」にガソリンエンジン車を追加|ニュースリリース (30661)

今回の改良では、夜間の歩行者認識精度を向上させた「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート夜間歩行者検知機能付」を全車標準装備させ、さらに全車速追従機能付の「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(1.8XD、2.0Sを除く)」、「360°ビュー・モニター(全車メーカーオプション)」、そして「自動防眩ミラー」の設定により、昼夜を問わず安全性能を高めている。

特別仕様車「Exclusive Mods(エクスクルーシブモッズ)」を設定

【MAZDA】「マツダ CX-3」にガソリンエンジン車を追加|ニュースリリース (30666)

特別仕様車もこれまでの「ノーブルブラウン」に代わり、「エクスクルーシブモッズ」を設定。「20S L Package」、「XD L Package」のSKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)車をベースに、ディープレッドナッパレザーを採用した専用シートを採用し、高級感と先進性をより表現したインテリアとなっています。

まとめ

【MAZDA】「マツダ CX-3」にガソリンエンジン車を追加|ニュースリリース (30669)

「デミオXD」より約200kgもある重量のため、「デミオXD」と同じ1.5Lのクリーンディーゼルエンジンではパワー不足が否めなかった「CX-3」。そのため、新規に投入した2.0Lガソリン車の評判のほうが良いという結果になっていました。今回、1.8Lに排気量が格上げされ、走行性能は飛躍的といわないまでも、軽快さが増したはずです。ライバルとなるホンダの「ヴェゼル」、トヨタの「C-HR」との比較で、ユーザーはどう判定するでしょうか。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン