2019年3月3日 更新

アバルトから2種類の特別仕様車が発表!595&124の実力は?!

アバルトから2種類の特別仕様モデルが発表されました。595 esseesseは、往年の名称復活で、124ラリートリビュートでは、コレクション的な存在をアピールしたモデルになっていそうです。このモデル達をご紹介します。

アバルトから2種類の特別仕様車が発表!595&124の実力は?!

アバルト595 esseesseのエクステリア等

初代アバルト595Esseesse(エッセエッセ)は、1964年にデビューしています。ソレックス34キャブレターに特注インテークマニホールドを装備し、最高出力は、32hpまで高められたモデルです。

時代が移り、2008年にた新登場のモデルでアバルト500用esseesse(エッセエッセ)が登場しました。これは、オリジナルチューニングキットによって、160hpまで最高出力が高められられるキット内容でした。

最高出力だけでなく、ブレーキシステムのアップグレードに、アイバッハダウンサスのチューンアップが行われ、レースに近い仕様になっていました。このチューニングキットは、アバルトチューナーの公式ネットワークのみでの販売でした。

さらに10年後の今日、アバルトesseesseが、名称復活し登場します。このモデルは、アバルトのトップシリーズに位置するように企画されています。同モデルの詳細を紹介していきます。
https://www.netcarshow.com (56392)

via https://www.netcarshow.com
エクステリアでは、アバルトサイドストライプ、ホワイトミラーキャップ、そして17インチレーシングホワイト仕上げのアロイホイールを特徴としています。

クオーター部分には、70周年の記念バッジもインストールされています。この70周年は、アバルトが1949年にトリノで設立され、設立70周年を記念したバッジです。リアトランクニは、esseesseのロゴも記入され、このモデルが特別仕様であることを表現していますね。
https://www.netcarshow.com (56393)

via https://www.netcarshow.com
595 COMPETIZIONE同様に17インチでありますが、595 esseesseに合わせて専用開発されたレーシングホワイトアロイホイールが装着されています。12本のスポークデザインが、非常にレーシーさを表現して、何となく懐かしさも垣間見えるデザインですね。
https://www.netcarshow.com (56394)

via https://www.netcarshow.com
内装では、カーボンを中心にディテールされているのが特徴的です。サベルト製のスポーツシートには70周年の刺繍がインストールされています。

レーシング仕様であっても快適性能は、標準装備されています。Apple CarPlayサポート、Android AutoTM互換性を含む7インチUconnect HDタッチスクリーンシステムでのナビゲーションが中央に鎮座しています。

アバルト595 esseesseのパワートレイン等
1368cc直列4気筒DOHCインタークーラーターボエンジンは、180hpの最高出力です。Akrapovicエキゾーストシステムを搭載し、アバルトの深い轟音を奏でる仕様に仕上げています。

エンジンを稼動させるのに必要不可欠なエアクリーナーは、BMC社製品が採用されています。これにより、燃焼効率アップが図られ、従来モデルよりも優れた吸入空気量を実現させています。

フロントには、ブレンボ製のブレーキシステムを搭載し、レッドブレーキキャリパーとドリルドブレーキローターによる強力な製動力を発生します。リアは、新機能としてFSDリアサスペンションを搭載しています。
https://www.netcarshow.com (56395)

via https://www.netcarshow.com

アバルト 124ラリートリビュートのエクステリア等

アバルト 124ラリートリビュートは、124台限定で製造され「コレクターズアイテム」になるように特別装備等を施して登場します。

アバルト 124スパイダーは、スポーツドライビングを体感するために作られています。さらにその走行を体感できるように、オープンカーとして設計されていますね。

初代モデルは、1972年に登場し、現行モデルでもアバルトの志向やディテールは、継承されながら製造されていると言えますね。

このモデルに124台限定のアバルト 124ラリートリビュートが登場しました。同モデルの詳細をご紹介していきます。
https://www.netcarshow.com (56396)

via https://www.netcarshow.com
エクステリアでの特徴は、この限定モデル用に2つのエクステリアカラーが採用されている点です。Costa Brava RedとTurini Whiteの2カラーには、どちらもブラックマッド塗装のボンネットが組み合わされています。

サイドミラーキャップとフロントバンパー下部には、ガンメタまたはレーシングレッドが配色されています。
https://www.netcarshow.com (56397)

via https://www.netcarshow.com
Bremboが開発・製造したブレーキシステムやレーシングホワイト仕上げの超軽量17インチアロイホイールが装備されています。この装備で、4kgの軽量化が図られています。
https://www.netcarshow.com (56398)

via https://www.netcarshow.com

アバルト 124ラリートリビュートの内装等

内装には、シートヒーター付きレザーシート、アルカンターラキットの内装、アバルトマットなどが豪華に装備されています。7インチカラータッチスクリーン、DABデジタルチューナー、2つのUSBポート、AUXポート、およびBluetooth接続も標準装備です。

9つのスピーカーが搭載され、Boseのサウンドシステムと結合されている事で、音質は非常に良いものに仕上がっています。4つのスピーカーは、ヘッドレストに組み込まれていて、ドライバーに直接音が飛び込む仕様です。

アバルト 124ラリートリビュートのパワートレイン等
1368cc直列4気筒マルチエア インタークーラーターボエンジンを搭載しています。最高出力は、170hpです。

組み合わされるミッションは、6速マニュアルとなっています。サスペンションは、フロントにハイダブルウィッシュボーンサスペンション、リアに5アームマルチリンクを採用しています。
https://www.netcarshow.com (56399)

via https://www.netcarshow.com

まとめ

アバルトから、2種類の特別仕様モデルが登場する事となりそうです。アバルト595 esseesseは、歴史観を髣髴させながら特別なモデルになるように仕上げています。

一方、アバルト 124ラリートリビュートは、124台限定というコレクションモデルのような仕上げ方になっていますね。このモデル達の登場が楽しみです。

21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me