マツダ車はガソリン車・クリーンディーゼル車どっちが良い!?それぞれのメリットを紹介します!

マツダ車はクリーンディーゼル車に力を入れており、クリーンディーゼル車は魅力的な車ですが、ガソリン車も負けないくらいの性能を持っています。今回はそれぞれのメリットを紹介します。

ガソリン車のメリット

 (50339)

マツダ車のガソリンエンジンはSKYACTIV-Gが搭載されています。リッター数値は車種により変わりますが、爽快なパワーフィールと誰もが余裕を持って運転できるスムーズで上質な走りを演出しています。
それではこのエンジンを搭載したガソリン車のメリットを見ていきましょう。

①走行時の静粛性が高い

ガソリン車は、クリーンディーゼル車と比べて走行時の静粛性が高いのが大きなメリットです。クリーンディーゼル車も、今までのディーゼル車と比べると静粛性は高くなっているのですが、独特のカラカラ音は多少なりと車内に響きますし、ガソリン車の静粛性には敵いません。ガソリン車なのでエンジン音は車内に響きますが、このエンジン音も心地よいのでノイズとは言い難いですね。

②クリーンディーゼル車より価格が安い

マツダ車はクリーンディーゼル車の方が高く設定されており、ガソリン車の方が、車種にもよりますが約50万円ほど安く設定されています。なので初期投資がクリーンディーゼル車よりかからないので購入しやすいのが魅力です。持ちろん価格が安いからといって性能が劣る訳ではありません。クリーンディーゼル車は軽油を使用するので、燃料代でその後に差額が縮まっていく形です。

③短距離・短時間走行の方にはメリット

このメリットは、ガソリンと軽油の差額を考慮したメリットです。あまり長距離・長時間ドライブをしない人には、燃料代がその分かかりません。ということはガソリンと軽油の差額を考慮しても、初期投資の安いガソリン車を購入した方が得になるのです。

クリーンディーゼル車のメリット

 (50347)

クリーンディーゼル車も、ガソリン車と同様のSKYACTIVの技術が採用されたSKYACTIV-Dを搭載しており、力強く軽快な走りと静粛性を実現しています。こちらも車種によってリッター数は変わります。
今度はクリーンディーゼル車のメリットを見ていきましょう。

①力強い加速が魅力

マツダのクリーンディーゼル車を選択する一番のメリットといえば、ガソリン車にはない力強い加速力です。高速道路を走行する時には、その実力を十二分に発揮できると思います。意のままに加速してくれるので、ストレスのかからない走行を楽しむことができます。

②使用燃料が軽油

軽油はガソリンより価格が安いので、維持費は節約できるのもクリーンディーゼル車の魅力です。特に今はガソリンの高騰が続いているので、少しでも安い軽油が燃料になるならば、お財布にも優しいです。
クリーンディーゼル車は、初期投資がガソリン車と比べて約50万円ほど高いですが、長距離・長時間ドライブを楽しむ人、より長く同じ車に乗り続ける人には、その差額はすぐに解消されます。

③燃費性能が良い

またクリーンディーゼル車の燃費性能も、ガソリン車より良い数値なのでこの点もクリーンディーゼル車を選択する魅力の一つでもあります。
クリーンディーゼル車の数値はJC08モードで22.8~30.0km/Lとなっており、ガソリン車の数値はWLTCモードで17.2~19.8km/Lとなっています。測定するモードが違いますが、それでもクリーンディーゼル車の方が高い燃費性能を誇っています。

まとめ

今回はマツダのガソリン車・クリーンディーゼル車のそれぞれのメリットを紹介してきました。
結果的にどっちが良いというのは決めかねますし、ユーザーにより状況は変わってくるので、今回挙げたメリットを考慮して自分に合っている方を選ぶことが正解になると思われます。
どちらのモデルもマツダ車のこだわりが詰まっているので、良い車であることは間違いありません。
実際に試乗やレンタカーで乗り比べてみるのも良いかもしれませんね。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。