メルセデス「A35セダン」開発車両を初スクープ!日本にも導入の可能性、 AMG最安価格450万円!

メルセデス「A35セダン」の最新情報をお届けします。

最新情報!

メルセデスベンツのエントリー4ドアサルーン、「Aクラスセダン」に設定される高性能モデル、「AMG A35セダン」市販型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。 メルセデスは、北京モーターショーで中国市場向けに「Aクラス」のロングバージョン、「AクラスLセダン」を発表していますが、通常ホイールベースモデルを欧米向けに現在開発していると思われます。 今回カメラで捉えたのが、その高性能バージョンです。ベースのセダン共々、日本にも導入される可能性もあり、見逃せない1台と言えます。 「AクラスLセダン」とは、AMG用ツインエキゾーストパイプ、ホイールベースやドアの長さ以外変化は見られないですが、ヘッドライトやテールライトのグラフィックが独自のものになる可能性あります。 48Vマイルドハイブリッドを搭載するパワートレインは、「A45」の2リットル直列4気筒ターボエンジン「M260」を大幅に改良したバージョンで、新しいクランクケースとシリンダーヘッドを装備するといいます。 最高出力は、「A45」より抑えめの300ps程度と思われます。

サイド

 (37956)

リア

 (37958)

今後情報

予想発売価格にも注目が集まり、噂ではAMG最安価格となる、35,000ユーロ(約450万円)が期待出来ると言います。 「A35 セダン」のワールドプレミアは、2019年以降となりそうです。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。