2018年9月5日 更新

マツダ ロードスターの魅力を御紹介します!

ロードスターと言えば、誰もが聞いたことはあるスポーツカーであると思います。2015年に新しいロードスターが登場してから、先進技術により走行性能や燃費性能が向上し、スポーツカーとして運転をより楽しむことができようになっています。そして、かつてのスポーツカーブームを引き起こした初代のイメージを保ち続け、日々進化しているロードスターの魅力を御紹介していきたいと思います。

マツダ ロードスターの魅力を御紹介します!

ロードスターの歴史

マツダ・ロードスター - Wikipedia (41659)

ロードスターは、オープンタイプのライトウエイトスポーツカーとして登場し、1989年に発売されています。当時、マツダは5チャンネル体制を敷いていて、ユーノス店の第一弾車種として「ユーノス・ロードスター」の名称で販売されています。

発売初年には国内で9307台を販売し、翌年には世界で9万3626台を販売してスポーツカーとして大ヒットとなったとのことです。

そして、このロードスターの成功を受け、MGやフィアット、BMW、メルセデスベンツといった海外ブランドメーカーが中小型オープンカーを販売し、無くなりかけていたライトウェイトスポーツカー市場が活性化されるようになったのです。

1998年1月には初のフルモデルチェンジを発表し、日本での販売名称を「マツダ・ロードスター」と変更し、マツダ店でも販売されるようになったとのことです。

2000年には、生産累計53万1,890台を達成し、「世界で最も多く生産された2人乗りスポーツカー」としてギネスブックの認定も受けているそうです。
マツダ・ロードスター - Wikipedia (41662)

ロードスターは、初代から4代目まで登場していて、3代目からは全幅が大きくなり、初めての3ナンバーとなっています。デザインはフラットなデザインに変わっていることから初代のデザインに近づけたのではないかと思われます。

マツダ 4代目ロードスターの魅力を御紹介!

【MAZDA】ロードスター エクステリア・ボディカラー - 生命感あふれる魂動デザイン (41667)

4代目として登場したロードスターのデザインは初代の面影を残しつつ、デザイン共に性能も進化したと言えます。

また、海外の車のアストンマーチンに似ているようにも感じています。この海外に似たような車がありそうと思わせるところが先進技術を取り入れているというアピールにも感じられます。


主なグレードやスペック

「S」
2WD FR(6MT)
2,554,200円(税込)

「S special package」
2WD FR(6MT)
¥3,094,200(税込)
2WD (6EC-AT)
¥2,872,800(税込)

「S Leather Package」
2WD FR(6MT)
¥3,094,200(税込)
2WD (6EC-AT)
¥3,207,600(税込)
マツダ・ロードスター - Wikipedia (41669)

燃費性能や走行性能

【MAZDA】ロードスター 走行性能 - ピュアな「人馬一体」の走り (41671)

WLTCモードによる燃費表記がこちらです。

WLTCモード 16.8km/L〜17.4km/L
市街地モード 12.0km/L〜13.4km/L
郊外モード 17.7km/L〜18.0km/L
高速道路モード 19.5km/L〜19.7km/L

SKYACTIV TECHNOLOGYによるスポーティーな走行性能と安定性を実現

【MAZDA】スカイアクティブ テクノロジーの開発思想 -SKYACTIV TECHNOLOGY|Be a driver. (41674)

SKYACTIV-G 1.5エンジンの搭載により、アクセルを踏んだ時の低速域からトップエンドの7,500rpmまでのスムーズな加速感を感じることができます。

また、SKYACTIV-MTにより手首だけで正確に操作できるショートストロークは勿論のこと、なめらかなシフトフィールを感じられるようにできているそうです。
【MAZDA】ロードスター パッケージング - 一体感を生むシート、進化したパッケージング (41676)

Boseサウンドシステム

【MAZDA】ロードスター 機能性 - トランクや収納スペースなど実用的な機能も搭載 (41678)

Boss社と共同開発したロードスター専用のシステムを設定しています。ヘッドレストにはスピーカーを内蔵し、Bose独自のTrueSpace®テクノロジーによる音響チューニングを施しています。このサウンドシステムをアクセサリーの一部として、この車を好きになり楽しむこともできると考えています。
マツダ 全車標準装備の「セーフティ・サポートカー S」は、搭載された技術によってワイド」 「ベーシック+」「ベーシック」の3つに区分しています。このシステムにより、様々な場面に応じて自動ブレーキが働き、安全性の向上を実現する結果となっています。

マツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」

【MAZDA】ロードスター エクステリア・ボディカラー - 生命感あふれる魂動デザイン (41682)

この技術により、生命力にあふれたエネルギッシュな強さと鮮やかさ、濁りのない深みと艶感を実現させたのです。

福祉車両も格好良さを増したデザイン

【MAZDA】ロードスター 手動運転装置付車のポイント|福祉車両 (41686)

手動運転装置付車のポイントは、左右の手のみで操作可能なスポーツモデルを実感できます。センターコンソール横には、引くと加速、押すと減速する「コントロールグリップ」を装備しています。

また、マニュアルモードを右手のみで操作ができるようになった「ステアリングシフトスイッチ」がクルーズコントロールの無い車に搭載されるようになったのです。

運転席の乗り降りをスムーズにする「乗降用補助シート」を実現できるようになっています。
【MAZDA】ロードスター 手動運転装置付車のポイント|福祉車両 (41688)

まとめ

昔から親しまれているロードスターですが、若い方に限らず、幅広い年齢層の方にとっても乗りやすく楽しみやすい車であると感じます。

昔のスポーツカーで楽しんでいた頃に戻りたいと感じる大人の方や、これから新しいカーライフを始める若い方にとっても後悔しない一台となると思います。一度は乗ってみたいと思わせるスポーツカーであると感じます。
29 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan