2018年6月7日 更新

ボルボ 新型【XC40】がスタイリッシュでかっこいい! 

2018年1月から1st Editionを全国300台限定で予約注文を開始し、2018年3月から販売を開始したXC40。スタイリッシュでかっこいいXC40を紹介します。

ボルボ 新型【XC40】がスタイリッシュでかっこいい! 

ボルボ 新型【XC40】とは?

 (32785)

ボルボから販売される新世代のCMA(Compact Modular Architecture)プラットフォームを最初に導入したコンパクトサイズSUV。
ボルボのSUVラインナップの中では最小となります。

2018年1月から販売された1st Editionは300台限定ということもあり、即販売終了となりました。

2018年3月5日には「欧州カーオブザイヤー2018」にてボルボ・カーズとして初めてXC40が受賞しています。

ボルボ 新型【XC40】のエクステリア

 (32786)

ボルボらしいデザインを残しつつ、近未来的なエクステリアとなっているXC40。

ボルボ本社でエクステリアデザイン部門バイスプレジデント兼チーフデザイナーを務めるマクシミリアン・ミッソーニ氏は「XC40はXC90やXC60の弟分ではなく、従弟のようなポジションである」と紹介しています。

シンプルながら独創的なデザインは何度見ても惚れ惚れします。

寸法は全長4,425mm×全幅1,875mm×全高1,660mmとなります。大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいボディサイズですね。
 (32787)

大径サイズのアルミホイールとタイヤを装着。

コンパクトSUVだが、堂々とした佇まいをしている。

大きくとられた地上高さによって見晴らしのよいアイポイントとなっている。
 (32789)

L字型のテールランプはボルボらしさを演出しています。

ルーフスポイラーが装着されていますのでSUVの力強さにスポーティな印象を付け加えています。
 (32790)

オプション設定ができるチルトアップ機構付電動パノラマ・ガラス・サンルーフ 。

開放的な車内空間を演出できるためぜひ装備したいオプションの1つだ。
 (32791)

北欧神話に出てくる「トール・ハンマー」をモチーフとしたデザインのヘッドライト。

T字に流れるラインが美しい。

ボルボ 新型【XC40】のインテリア

ディティールに至るまで妥協を許さず生み出したインテリアはボルボらしい独創的なデザインとなっています。

インテリアライトはLEDを採用しており、上質な雰囲気を演出。

ドアポケットは大容量となっており、1Lのペットボトルが3本も入るよう設計されています。

タッチスクリーン式センターディスプレイの下にスマートフォン置き場が設けてあり、対応機種のみですがワイヤレス充電が可能です。
 (32792)

 (32793)

 (32794)

 (32795)

30 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kariくん kariくん