2018年10月11日 更新

トヨタのミニバン「ノア」のスペックや乗り心地、室内空間の快適性を紹介します!

トヨタのミニバンと言えば、アルファードやヴェルファイアの他に、「ノア」という車種が存在します。2001年から販売され、現在も販売されています。そして、先進技術の進んでいる現代において、環境性能を向上させるハイブリッド化や、新プラットフォームの採用により、耐久性や安全性も強化しています。また、4WDの搭載や電気式無段変速機の搭載など、革新した技術が搭載され、乗りやすく使いやすいミニバンとして進化し続けることになったのです。2代目は2007年から販売され、2014年に3代目へとモデルチェンジしていることから、もしかしたら近いうちにモデルチェンジをするかもしれないです。 今回は、トヨタのミニバン「ノア」のスペックや乗り心地の特徴などを紹介していきたいと思います。

トヨタのミニバン「ノア」のスペックや乗り心地、室内空間の快適性を紹介します!

トヨタ「ノア」の歴史を少し紹介。

初代モデル(2001年〜2007年)

初代モデル(2001年〜2007年)

「ノア」は、先代モデルの「タウンエースノア」「ライトエースノア」の後輪駆動方式からイプサムのプラットフォームを活用した前輪駆動方式に転換して低床化し、スライドドアを後席左側だけではなく後席右側にも設けています。

またエアロパーツ装備が前提となるなど、現代的な改良が計られているそうです。

窓を開けた状態でスライドドアを開けようとすると途中で止まる安全装置が機能するため、トヨタの安全性能の「Toyota Safety Sence」と合わせて安全性が強化されたミニバンと言えます。

「ノア」と「ヴォクシー」の違い

ノア

ノア

ヴォクシー

ヴォクシー

「ノア」の登場から先代モデルであった「タウンエース/ライトエース」の名が外れ、「ノア」(旧 タウンエース)という名でトヨタカローラ店販売車種が販売をし、ネッツ店販売車種が「ヴォクシー」(旧 ライトエース)と改名して販売しているのです。

よく耳にしていた「ヴォクシー」は「ノア」との見た目はそっくりですが、ドレスアップ仕様向けに作られため、デザインの違いは見比べると意外とすぐに分かると思います。
ノア

ノア

また、3代目からはノアとヴォクシーの発売に遅れてトヨタ店・トヨペット店向けの高級感を感じさせる姉妹車「エスクァイア」が登場し、かつての「タウンエース3兄弟(タウンエース、ライトエース、マスターエース)」の構図が復活することになったと言えます。
エスクァイア

エスクァイア

ノアの初代の登場から、グレードをX・Vセレクション、S・Vセレクション、L・Gセレクションを追加しています。

Xをベースに、Sに採用されている外内装や専用エンブレム、UVカット機能付プライバシーガラス(リヤサイド・リヤクォーター・バックドア)や電動格納式カラードリモコンドアミラーを装備した特別仕様車「X S-Edition」を発売しています。

現行型「ノア」のスペックや走行性能など

スポーツグレード「GR SPORT」の内装

スポーツグレード「GR SPORT」の内装

ハイブリッドシステムの搭載により、23.0km/Lの低燃費を実現し、エンジンとモーターによるスムーズな加速性能、低重心化や静粛性の向上による、ひとクラス上の乗り心地と優れた走行性能も実現しているのです。
トヨタ ノア | 走行性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (46348)

エンジンを停止して走る「EVドライブモード」で、早朝や深夜などエンジン音が気になる時や、ガレージへの出し入れで排出ガスを抑えたい時などに便利です。

「エコドライブモード」により低燃費を実現し、アクセル操作に対する駆動力を穏やかにすると同時に、暖房・冷房の効き具合を抑えるなど、燃費のさらなる向上に貢献します。

「パワーモード」によりパワフルな走行とアクセル操作に対するレスポンスが鋭くし、坂道やワインディングロードなどで、より俊敏な走りが楽しめるようになっています。

安全性と静粛性による快適性

トヨタ ノア | 走行性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (46351)

「ノア」には、風切音対策と遮音材によるノイズ対策を徹底していて、風切音に対してはドアミラー形状などに工夫を施し、低減を実現しています。さらにダッシュサイレンサーに部分接着フィルムをスライドドア下にシールを追加することで、優れた遮音性も確保しています。

静粛性を維持しながら走行をすることは、周りの音や人を認知しやすくなり、未然に事故を防ぐことができるからです。落ち着いた運転を可能にすることこそが、安全な運転を実現し、楽しい運転を実現し、車が好きになることへ繋がる大切なことである、とても必要な機能であると言っても過言ではないと思います。

まとめ

静粛性は、運転者に安心した走行と快適な走行をすることに繋げます。現代の車は殆どが安全性能を強化して、自動ブレーキや自動運転技術が珍しくない時代になってきたと感じています。

そして、快適な走行を実現するためにも様々な安全性能が増えてきていますが、その安全性能に頼りすぎて本来気をつけるべき運転を怠ってしまい、事故に繋がってしまうケースもあるかと思います。

そのためにも、静粛性を保つことで、落ち着いた運転をサポートし、本来の車を運転する「快適で楽しい感覚」を実感しやすいと感じるのは「ノア」であると思います。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan