ポルシェ「911」次世代型、PHEVは「カレラ」と「ターボ」に設定の可能性!その性能とは?

ポルシェ「911」次世代型について、最新情報をお届けします。

最新情報!

ポルシェ「911」次世代型に設定が確実視されている、PHEVに関する最新情報、及び「911ターボ」レンダリングCGを入手しました。
 (33792)

予想されるエクステリアは、フロントバンパーにはスクエアなエアインテーク、ボンネットには、エアスクープを備える他、サイドのエアインレットやリアウィングは拡大されています。 新型では、アルミニウムと高強度スチールを使用する最新世代の「MMB」プラットフォームを採用し、トレッドの拡大が図られます。

インテリア

 (33795)

「911カレラ」には、「カイエン SEハイブリッド」に近いプラグインハイブリッドを搭載し、最高出力は420ps程度が予想されます。 また「911ターボ」には、「パナメーラターボSEハイブリッド」の電気モーターを合わせた最高出力700ps程度のプラグインハイブリッドが予想されると言われています。 0-100km/h加速は3.3秒、電気モーターのみで走行する「Eモード」では最大航続距離60kmを目指していると言われています。
 (33797)

 (33798)

今後情報

オリバー・ブルーメCEOの声明によると、現在開発は途中であり、次世代型のフェイスリフトまで時間がかかるといいます。「911」次期型が2018年内に登場した場合、PHEVは2021年頃の登場と予想されています。 プラグインハイブリッドが投入されれば、「992」型は「911」の歴史を大きく変える世代となるでしょう。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。