アウディから新型A1スポーツバック(1stエディション)が販売開始に!

アウディは、11/25から新型A1 スポーツバックの販売を開始します。同モデルは、約8年の時を越えて二代目になります。進化したA1モデルのエクステリアや内装、パワートレイン等をご紹介します。

アウディ 新型A1スポーツバックの概要等

アウディ ジャパン株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 フィリップ ノアック)は、8年ぶりに2代目へとフルモデルチェンジしました。プレミアム コンパクトハッチバック 新型Audi A1 スポーツバック 35 TFSIは、11月25日(月)より全国のアウディ正規ディーラー(126店舗、現時点)を通じて発売開始する予定です。 新型Audi A1 スポーツバックは、拡大した居住空間や先進技術の採用などによって、一つ上のセグメントのユーザーにも喜ばれる、アウディ最新のプレミアム コンパクトハッチバックモデルに仕上げています。2011年からの初代A1は、日本市場での発表以来、全長約4mのコンパクトなボディに、アウディの先進的で力強いデザイン、機敏な運動性能、高い品質などを、アウディラインアップで共用する魅力を凝縮したモデルとして販売されています。 新型モデルでは、従来比95mm長くなったホイールベースによって、上位セグメントに迫る居住空間を可能にし、荷室は65L拡大させています。ボディフレームには、熱間成形スチール製のコンポーネントを起用し、剛性の高いボディと高い組み立て精度アップによって、スポーティなドライブフィールを可能にしながら、車内での静寂性を高めたモデルに仕上げています。
 (69238)

アウディから新型A1スポーツバックのエクステリア等

新型アウディ A1 スポーツバックのエクステリアは、幅広く、低位置にあるシングルフレームグリルと、パワフルなエンジンをイメージさせるサイドエアインレットが、デザインのポイントになっています。ボンネット先端に設けた3分割スリットや、ワイドなCピラーも視覚的に効果のあるアクセントです。 1984年に登場してラリー界を席巻したAudi Sport quattroへのオマージュも登用されて、ワイドトレッドと短いオーバーハングなどの組み合わせで、スポーティで躍動感あふれるエクステリアに仕上がっています。アウディらしさを演出するライト類は、ヘッドライトのロービームやハイビームに、ポジショニングライトやターンインジケーター、リヤコンビネーションライトなどすべてにLEDを起用しています(今回発売のAudi A1 Sportback 35 TFSI)。 ①Audi A1 Sportback35 TFSI advanced
1500㏄直列4気筒DOHCターボチャージャー150ps/250Nm 7速Sトロニック 前輪駆動 右 3,650,000円
②Audi A1 Sportback35 TFSI S line
1500cc直列4気筒DOHCターボチャージャー150ps/250Nm 7速Sトロニック 前輪駆動 右 3,910,000円
 (69233)

アウディから新型A1スポーツバックの内装等

インテリアは、コンパクトクラスで最もスポーティなインテリアを目指してデザインされています。インストルメントパネルを運転席側へとわずかに傾斜した、アウディらしいコックピットでは、ドライバーにオリエンテッドな空間を生み出していますね。 高解像度の10.25インチのフル液晶ディスプレイ式のデジタルインストルメントクラスターや、オプションの10.1インチのタッチスクリーンを備えたMMIナビゲーションシステム、多機能のアウディバーチャルコックピットを搭載すれば、よりスポーティなイメージに昇華します。 スマートフォン世代に不可欠なUSB充電ポートは標準装備されて、Apple CarPlayやAndroid Autoが利用可能となるアウディスマートフォンインターフェイスや、ワイヤレスチャージングもオプション設定されています。11個のスピーカーにより高音質を実現するBang&Olufsen 3D サラウンドシステムも、Audi A1として初めて用意されました。
 (69235)

アウディから新型A1スポーツバックのパワートレイン等

1500cc TFSIⓇエンジンは、150psの最高出力と、25.5kgmの最大トルクを発生させるユニットです。組み合わされる7速Sトロニックは、途切れのない滑らかで力強い加速を可能にしています。 燃料消費量とCO2排出量を低減するシリンダーオンデマンド効率システム(COD)を搭載することで、優れた走行性能と効率を高次元に両立させたパワートレインですね。アクセルを踏み込めば、心地よいサウンドと湧き上がるようなパワーによって、爽快な加速が味わえるユニットとなっていそうですね。 新開発の1500cc 35 TFSIエンジンは、従来の1400cc TFSI に代わる新開発のエンジンです。このエンジンは、高圧の直噴システムの採用などにより最高出力150ps、最大トルク250Nmを発揮する一方で、気筒休止システム シリンダーオンデマンド(COD)によって効率の良さも追求させたのがポイントですね。 今回新型A1では、2種類のエンジンが存在します。1000cc 直列3気筒エンジンを搭載するAudi A1 Sportback 25 TFSIの日本への導入は、2020年 第2四半期ごろが予定されています。
https://www.netcarshow.com/ (69241)

via https://www.netcarshow.com/

アウディから新型A1スポーツバック 1st editionについて

アウディが追い求めたプレミアムコンパクトの理想型として、A1スポーツバック 1st editionが設定されています。存在感、走り、快適性など、すべてを進化させたプレミアムコンパクト、新型アウディ A1 スポーツバックに限定モデルとなる アウディ A1 スポーツバック 1st editionが登場しました。 コントラストルーフとともにエクステリアミラーやフロントリップをブラックで統一させて、5スポークデザインのAudi Sportアルミホイールで足もとを引き締めたことでより一層精悍にアップデートされています。 MMIナビゲーションは、ボタンやスイッチの代わりとなるタッチスクリーンで直感的にタッチ操作でき、バーチャルコックピットでは、デジタル表示で目前に必要な情報を表示することでドライブをサポートしてくれますね。 パーキングアシスタンスを含む「コンビニエンスパッケージ」、さらには先進のドライバーアシスタンスシステムの「アシスタンスパッケージ」も標準装備し、安全性と快適性をさらに充実させています。 新型アウディA1 スポーツバックの魅力を存分に味わい尽くせる特別な1台に仕上がっていますね。 ・ A1 スポーツバック 1st edition([限定250台)
・全長×全幅×全高(mm)=4,040×1,740×1,435
・総排気量(cc)=1,497
・エンジン種類 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(1気筒=4バルブ)
・最高出力(ネット) 150ps/5,000-6,000rpm
・最大トルク(ネット) 25.5kgm/1,500-3,500rpm
・駆動方式 FWD
・トランスミッション 7速Sトロニック
・車両本体価格 ¥4,430,000
 (69231)

まとめ

アウディから新型A1 スポーツバックが11/25から販売開始になります。新開発されたり、新採用された技術が多く盛り込まれて登場しそうですね。アウディの中では、1番コンパクトなモデルですが、ワンランク上の上質や空間確保が演出されてもいます。気になった方は、店頭に見に行ってはいかがでしょうか。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。