2018年9月25日 更新

プジョーe-Legend Conceptが公開されました!スパルタンな顔つきで格好良いデザイン!!!

プジョーでも未来のエネルギー転換に向けて、EVの開発を進めている模様です。このコンセプトモデルでは、最新の技術と歴代モデルの良いところを継承し、より市販性のあるモデルに仕上げているとの事。

プジョーe-Legend Conceptが公開されました!スパルタンな顔つきで格好良いデザイン!!!

プジョーe-Legend Conceptの開発への想い!

プジョーとして、これからの未来に向けて、自動車業界が歩んできた120年を振り返りながら、どんなデザインで、そしてどんな燃料媒体で自動車をこれから考えるかを明らかにして行きたいという想いから、e-LegendConceptを提案したと思われます。

運転喜び、未来への刺激的なビジョンを示し、望ましい、象徴的な乗り物の形をつくる、現実的で根本的に現代的なテンプレートを起用することで、自動車の将来へ投影をプジョーブランドで表現し、これからの未来へのクルマ作りの土台にしていきたいのでしょう!

技術革新主要プレーヤーになるであろうプジョーは、技術が常に自動車の喜びのために役立っているという想いから、穏やかにエネルギー転換に向けた一歩を踏み出そうとしたモデルであるといえますね。
 (44275)

プジョーe-Legend Conceptのエクステリア等

フロントビュー

車両エクステリアでは、ダブルモジュールによる視覚的サインが最大のポイント。技術的には、プロジェクターの下部にあり、ドライバー補助のすべての機能が装備されているとの事。フロントマスク全体がフロントウイングに包まれ、クロムメッキされたステンレスバンパーのブラックアルミニウムビームで2つに分割されているのも特徴的。
 (44276)

サイドビュー

3つの別個の層で分かれて構成され、特に下部のプラットフォームの拡張と大きなグレージング部分が、プジョー504クーペのシートメタル/ガラス比に似た印象。これらの大きなガラス張りの表面は、プジョーe-レジェンド・コンセプトの内部を明るくしてくれるとの事。

車輪のアーチは彫られるように描かれ、正面のアーチはエアダクトを形成。それは、サイドウインドウを取り囲み、さらに後部ウインドスクリーンを包み込むデザインに。

また、車が自動モードで運転していることを外部の人々に警告するシステムもエクステリアに含まれているとの事。タッチオープンドアコントロールはサイドウインドウに組み込まれてスッキリと!

体はシャンパンで微妙に淡い色合いの灰色で、非常に緊張しています。外光に応じて、環境全体を反映したクロムから磨かれたブロンズメタルの外観に変わります。使用されるプロセスは、最大の香水瓶のボトルに適用されるプロセスと同様です。

プジョーのe-Legendコンセプトの寸法
全長×全幅×全高(mm)=4650×1930×1370
ホイールベース=2690mm
 (44277)

リアビュー

リアでは、プジョーの象徴的な視覚的テールランプである3つの爪デザインがポイント。非常に技術的な方法で製造されているとの事。後部窓の上部に位置するブレーキライトは、それ自身を反射するマルチブレードアセンブリで全幅をカバーしたデザインに。
 (44278)

プジョーe-Legend Conceptの内装デザイン等

目標としてあなたの生活環境と同じようにすること、どのような運転スタイルであっても、ユーザーが、気分良くするような内装西阿賀て要ることが重要と捉えている模様。

インテリア全体に広がっているデジタル素材は、青銅のようなラインネットワークやキャビネット製の木を模したラインネットワークの2つの主要テーマで構成。

16インチスクリーンのサイズで投影されている最新デジタル技術。49インチ長は、乗員の前部ヘルムの下でカーブし、ドアは29インチ、またサンバイザーは12インチと、デジタル素材が、完全にフィットするように作られている模様。

センターコンソールは、ロータリコントロールと6インチのタッチスクリーンを介して主要な運転コントロールに自在にアクセス可能に。ステアリングホイールの左側には、運転モードに応じてコンテキストの設定可能なコマンドで構成されたデジタルトグルバーを装備。

シートと垂直パディングのデザインは、プジョー504クーペを継承。最もコンパクトなディメンションが可能なより多くのボリューム、形状記憶フォーム(テーラードスーツのような)を持たせることで、快適性と刺激性のサポートを組み合わせた快適なフィット感へ。

 (44279)

エレガントで明るいインテリアにすることを目的にして、暖かい素材に焦点を当てデザイナーの選択、冷たいデジタル素材とのバランスをバランスよく構成しデジタルと柔らかさを表現しているとの事。

ベルベットが再採用されています。ベルベットは、シルクのような肌触りと心地よい肌触りで最高の使い心地を兼ね備えて、モダンなテクニカルメッシュと巧みに調和していますね。

この緯糸は、ベルギーの色合いを思わせる光沢のある糸から、特にプジョーe-レジェンドコンセプトのために、デジタルで織り込まれている模様。この材料はプジョー3008または5008で採用されたものをアップデート。

上部パーツとドア内張りは、プジョーパートナーであるHERVETMANUFACTURIERRによってPaldao製木材で作られているようです。再生可能な森林から作られたこのエキゾチックな木材は、ローズウッドやエボニーの60年代の家具を思い起こさせる雰囲気。

この種の暗い静脈は、シートと床の青を引き立たせますね。木材の使用感では、プジョー3008、5008、508のGT仕上げダッシュボードを思い起こさせる存在に。
 (44280)

プジョーe-Legend Conceptのパワートレイン等

100%のEV駆動が目的

プジョーe-レジェンドコンセプトは、ブランドのエネルギー転換に向けて、現実的なビジョンとして製作されているようです。100%電動パワートレインによって駆動。

100kWhのバッテリーでは、エンジンは800Nmのトルクに達し、340KWの電力は四輪駆動に分配。このレベルのパフォーマンスにより、0 / 100km / hを4秒未満で走行可能とし、最大速度220Km / hに達することも可能に。

LTPプロトコルによると航続距離は600kmで、そのうち500kmは高速充電で25分で充電完了に。

まとめ

昨今のヨーロッパ市場における電気化の流れは、各自動車メーカーがEVモデルを開発する・投入するのに十二分な波となっているのが伺えますね。プジョーでも今後の自動車作りに対して、現実的で実際にユーザーに受け入れられるデザインで開発を急いでいるということでしょう!
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me