2018年7月17日 更新

車種別スピーカーメーカーから、「ソニックプラス」装着C-HR&プリウス!試聴体験会を全国10店舗で開催。7月21-22日

ジャストフィットメーカーともいえる(株)ソニックデザインで、全国店舗(限定)で視聴会を開催することを発表しました。トヨタC-HRとプリウスで視聴展示との事です。ソニックデザインの思想も含めて調査してみます!

車種別スピーカーメーカーから、「ソニックプラス」装着C-HR&プリウス!試聴体験会を全国10店舗で開催。7月21-22日

そもそも株式会社ソニックデザインって?

㈱ソニックデザインは、「音楽を創り、聴くすべての人々に対して、オーディオ技術は常に最善を尽くし、常に謙虚でなければならない」という理念のもと、究極的な音質とビルドクォリティ、ユーザビリティの完全なる融合を目指している会社です。

①シンプル=理想主義
製品開発にあたって最も大切なことは、物の考え方をシンプルにまとめていくこととの事。お客様に良い音を楽しんでいただくために、オーディオ界の古い常識をすべてなくして、製品まで最短ルートを一直線に切り拓くのが大事であるとソニックデザインでは考えられているようです。

②精度と純度の追求
シンプルなものほど、ごまかしが利かないのも現実ですね。設計上の理想を1から10まで製品へ忠実に反映させるには、桁違いに厳密な生産精度と、桁違いに高い素材純度が求められるということでしょう。

ソニックデザインでは、徹底した精度と純度の追求によって、お客様の手に渡るすべての一台にまで等しく最善の品質を求めて貫いていく会社であると公言もしています。

③真のロングライフ
どんなに優れたオーディオ機器だとしても、音質や性能が長期にわたって維持されるかどうかは、実際に使ってみなければわかりませんよね?!ソニックデザインでは、車室内での過酷な環境で長期間使用しても音質や性能の劣化を抑えることを最大限に尊重して開発しているようです。

音質上のメリットがあったとしても、経年変化が起こるような素材および構造は採用しない徹底方針。あわせて最長5年間の長期保証を付加、さらに将来のオーバーホールや部品交換にも対応した設計を行うなど、長く満足してご愛用いただける真のロングライフを目指している企業でありますね!

今回このソニックデザインで、C-HRとプリウスの視聴体験会を開催するとの事です。このモデルの詳細等を含めて追ってみたいと思います。
 (36485)

「SonicPLUS×トヨタ C-HR/プリウス試聴体験会」の概要から

2018年7月21日(土)・22日(日)の二日間、全国のソニックプラスセンターにて「SonicPLUS」を装着したトヨタ C-HR/プリウスのデモカーを試聴できる「SonicPLUS×トヨタC-HR/プリウス試聴体験会」を開催することを発表しました。

トヨタ C-HR(10系)とプリウス(50系)で専用設計された車種別スピーカーパッケージ「SonicPLUS」のクリアなサウンドを、実際に車両に装着した状態で試聴、購入検討を目的としているようです。

内装や配線の加工作業を一切行わないボルトオン&カプラーオン。さらに圧倒的な音の違いを生み出すSonicPLUSのサウンドや、外部への音漏れの違いなどをじっくりとお確かめいただきたいとの想いから開催。
 (36405)

SonicPLUS×トヨタ C-HR用のスピーカーって???

SonicPLUS×トヨタ C-HRから40台限定ファイナルエディションも登場。

プレミアムライン用ウーファーモジュール「UNIT-N70F」を音づくりの中心に置くことを前提に、SonicPLUS史上最高音質を実現したトヨタ C-HRのための最高級スピーカーパッケージに、ピュアアラミド振動板採用トゥイーター「SD-T18F」をも装備。

これが、「FINAL EDITION」との事。トゥイーターにもウーファーと同素材の振動板を採用することで、音色統一と音質のグレードアップをさらに実現しているようです。全国合計40セット限定との事で今回の視聴会でも販売されるかもしれません!
 (36406)

SonicPLUS×トヨタ プリウスのスピーカーって?

ハイブリッドカーにおいては、かつてない静粛性を車内にもたらしています。カーオーディオをより良い音で楽しむための大きなポテンシャルもあるということでしょう。しかし同時に、静かなリスニング環境は、これまで以上に自然で忠実な音をオーディオシステムが、奏でる必要もあるといえますね。

さらに、限界まで軽量化されたその車体によって、音楽再生時の不要共振や車外への音漏れに対していっそうシビアな環境。

SonicPLUSの50系プリウス専用モデルは、純正フロントスピーカーと交換装着できるアルミハイブリッド構造のエンクロージュア一体型ドアスピーカー&スムースで自然な音色のAC(Acoustic Controlled)トゥイーターの組み合わせによるフロントスピーカーパッケージにして、ハイブリッドであるプリウスにジャストマッチさせているとの事です。
 (36412)

視聴会開催会場

7/21から7/22から開催との事です(一部店舗は、次週開催もあり)

<トヨタ/C-HR(10系)>
SPC大宮 SP-CHR10M/SP-P31RM ハイグレードモデル
SPC神奈川 SP-CHR10E/SP-P31RE スタンダードモデル
SPC京都 SP-CHR10E/SP-P31RE スタンダードモデル
SPC大阪 SP-CHR10M/SP-P31RM ハイグレードモデル
SPC神戸 SP-CHR10M/SP-P31RM ハイグレードモデル
SPC名古屋 SP-CHR10F/SP-P31RF トップグレード(7/28、7/29開催)

<トヨタ/プリウス(50系)>
SPC札幌 SP-P50E/SP-P30RE スタンダードモデル
SPCいわき SP-P50E/SP-P30RE スタンダードモデル
SPC山梨 SP-P50M/SP-P30RM ハイグレードモデル
SPC豊田 SP-P50F/SP-P30RF トップグレード(7/28、7/29開催)

すでに㈱ソニックデザイン等でも公開されておりますので詳しくは、下記アドレス等もご参考ください。
https://www.sonic-design.co.jp
https://www.facebook.com/SonicDesign.jp
 (36413)

まとめ

実は、筆者の住んでいる北海道でもソニックデザインの視聴会開催が行われます。チョット足を運んでみたいなと思います。普段からクルマに長く乗っている方、たまにしか乗らないから乗ったときは良い音質でと言う方等、ソニックデザインのスピーカーを試してみては如何でしょうか???
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me