2019年8月29日 更新

マツダのCXシリーズ徹底比較!それぞれの個性・違いの詳細を紹介します!

マツダの国内向けのSUVとしては「CX-3」・「CX-5」・「CX-8」が販売されています。今回はこの3車種を比較して、それぞれの個性や違いの詳細を紹介していきます。

マツダのCXシリーズ徹底比較!それぞれの個性・違いの詳細を紹介します!

「CX-3」の概要

MAZDA CX-3|走行性能 - 意のままの走り、マツダの「人馬一体」|マツダ (65353)

「CX-3」は、2015年からマツダが製造・販売しているクロスオーバーSUVであり、現行モデルが初代のモデルになります。マツダのCXシリーズの中では最もコンパクトなモデルであり、ボディーサイズは全長4,275mm・全幅1,765mm・全高1,550mmになっています。車体のコンパクトさは狭い路地でも取り回しに優れ、信号や交差点の多い都市部で想定される数多くのストップ・アンド・ゴーにもトルクフルなエンジン群が難なく対応します。
搭載エンジンは、ガソリンエンジンが「SKYACTIV-G 2.0」・クリーンディーゼルエンジンが「SKYACTIV-D 1.8」になっています。マツダのクリーンディーゼルエンジンは定評がありますが、「CX-3」であれば他の2車種と比較してボディーが軽量であるため、ガソリンエンジンを選んでも加速に不満もなく燃費も良いため、ガソリンエンジンを選択するのも一つの手です。
「CX-3」は5人乗車は可能ですが、後席のスペースにゆとりがないため、ファミリー層には不向きかもしれません。なので、前席のみの2人乗車で出かける方向きのクルマになっていますね。
MAZDA CX-3|インテリア - 上質なやすらぎと洗練の機能にこだわった内装空間|マツダ (65355)

「CX-5」の概要

MAZDA CX-5|走行性能 - 意のままの走り、マツダの「人馬一体」|マツダ (65357)

「CX-5」は、マツダが2012年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。現行モデルは2代目のモデルであり2017年から販売されています。CXシリーズの中核モデルの位置付けになり、ボディーサイズは、全長4,545mm・全幅1,840mm・全高1,690mmのミドルクラスになっています。車両重量はディーゼル車で最大1,700kg、ガソリン車で1,620kgとやや、重量級になっています。
搭載エンジンは、ガソリンエンジンが「SKYACTIV-G 2.0」・「SKYACTIV-G 2.5」・「SKYACTIV-G 2.5T」、クリーンディーゼルエンジンが、「SKYACTIV-D 2.2」になっています。これは「SKYACTIV-G 2.0」以外は、後に紹介する「CX-8」と同じエンジンが搭載されており、「CX-8」と比べると軽量のため加速感覚は「CX-5」のほうが強く感じます。ただ、この車体の大きさになると、やはりクリーンディーゼルエンジンのパワフルさが本領発揮される車格になります。
「CX-5」も5人乗車は可能ですが、後席に乗る人が成人ならば、後席に3人は少し窮屈かもしれません。なので4人家族のファミリー層には最適なSUVになっています。
MAZDA CX-5|機能性 - 実用的なラゲッジルーム、使い勝手のよい多彩なアイテム|マツダ (65360)

「CX-8」の概要

MAZDA CX-8|走行性能 - 意のままの走り、マツダの「人馬一体」|マツダ (65362)

「CX-8」は、マツダが2017年から製造・販売しているクロスオーバーSUVであり、現行モデルが初代のモデルになっています。マツダ最新のクロスオーバーSUVにして、日本市場向けCXシリーズのトップモデルになっており、「MPV」・「プレマシー」・「ビアンテ」など従来のマツダミニバンシリーズに替わる多人数乗車が可能な車種として、開発されています。ボディーサイズは、全長4,900mm・全幅1,840mm・全高1,730mmになっています。
搭載エンジンは、前述で紹介した「CX-5」と同様のエンジンが搭載されており(※「SKYACTIV-G 2.0」は除く)、加速力などは「CX-5」に軍配が上がりますが、その分ゆったりとした大人の走り味を実現しているのが「CX-8」です。もともとのエンジンの力強さもあり、エンジンに対して力不足を感じる場面はありません。
「CX-8」は3列シートのSUVのため、大人数の家族や友達とのお出かけにも最適です。ただし3列目はお子様じゃないと窮屈に感じると思うので、成人の方は2列目までの乗車が理想です。
MAZDA CX-8|上質な3列シート・インテリア - 心地よい走りを楽しむための人間中心のつくり込み|マツダ (65364)

CXシリーズの価格

「CX-3」の価格は、
ガソリンモデルで、2,127,600円(20S)~2,824,480円(20S Exclusive Mods)
クリーンディーゼルモデルで、2,436,480円(XD)~3,094,480円(XD Exclusive Mods)
「CX-5」の価格は、
ガソリンモデルで、2,570,400円(20S)~3,553,200円(25T L Package)
クリーンディーゼルモデルで、2,883,600円(XD)~3,882,600円(XD Exclusive Mode)
「CX-8」の価格は、
ガソリンモデルで、2,894,400円(25S)~4,244,400円(25T L Package)
クリーンディーゼルモデルで、3,607,200円(XD)~4,460,400円(XD L Package)
になっています。

まとめ

今回はマツダのクロスオーバーSUVであるCXシリーズの詳細を比較して紹介してきました。
どのモデルも走行性能は申し分なく、快適な走行を楽しむことができますが、乗員人数が多い少ないなど、それぞれのユーザーの事情によって、どのCXシリーズにするかを選択していただければ良いと思われます。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi