2018年9月25日 更新

トヨタ センチェリーの魅力を御紹介します!

トヨタのセンチュリーは、高級車で、官公庁や企業などでの公用車や社用車として使われている車です。富裕層の方やお偉いさん方がよく乗られているイメージの強いこの車は、実際に走行性能や環境性能は格段に高く、通常の車に行われる塗装を5回に分けて行うなど、高級車の誇りがデザインや性能から伺えます。先進技術が進み、消費税が8%となっている現代においてこのセンチュリーを購入するには約2000万円は必要だとのことです。ハイブリッド仕様も販売されていることから、高級車としても納得のいく金額かと思われます。今回は、日本を代表するセンチュリーについて御紹介していきたいと思います。

トヨタ センチェリーの魅力を御紹介します!

センチュリーってどんな車!?

トヨタ センチュリー | デザイン・スタイル | トヨタ自動車WEBサイト (44039)

一言で言えば高級車ですが、スポーツカーのフェラーリやレクサスの高級車とはまた違う日本の「和」の誇りを象徴しているようなデザインです。

1967年からトヨタ自動車が製造、販売をしている最高級乗用車です。4ドアセダンの後輪駆動(FR)です。「センチュリー」の名称はトヨタグループの創設者である豊田住吉の生誕から100年であることに由来しています。

後部座席の広さや搭乗のしやすさから快適性に重きを置いた作りになっています。

先進技術の進んでいる現代ではハイブリッド車の登場や低燃費や快適な走行の実現など、どの車も幅広く進化をしていますが、そのように進化している大衆車と現行型のセンチュリーでは、圧倒的と言えるほどの進化を実感する差があるのか気になるところです。

基本的には日本国内専用車でありますが、アジアやヨーロッパに対して少数の輸出実績があります。

センチュリーは、徹底的に無駄を排除するトヨタ生産方式とは異なる生産体制が採用されていて、生産はトヨタ自動車傘下のトヨタ自動車東日本にて行われ、2代目モデルにおける溶接箇所はカローラの3倍にも上り、熟練工員が溶接作業に当たり、さらに別の工員が溶接痕をやすりで仕上げているのです。

また、専属の作業員4人がグループを組んで担当する組み立て工程では、5層コートを5回焼き付けた後に、専門の検査員が「鮮映性」という独自基準でチェックするボディ塗装を行っているとのことです。

フルモデルチェンジが3回ということから、モデルサイクルが長い車と言えます。
初代モデル

初代モデル

初代センチュリーのエンジンは、3V型OHVの3,000ccエンジンから始まっています。その後、排気量は増加していきます。
2代目モデル

2代目モデル

2代目センチュリーは、初代モデルのデザインテイストをほとんど踏襲していて、殆ど見分けがつかないほどになっています。日本の伝統を象徴する「和」のデザインはこれからも変わらないと思われます。

また、下位モデルあるセルシオとの区別をつけるために価格帯を引き上げるなどをしています。
3代目モデル

3代目モデル

3代目センチュリーは、2代目の販売終了から約1年4ヶ月ぶりに再投入されるとともに、モデルチェンジをしています。

そして、ハイブリッド機能が搭載されるようになってから、先代の7.6km/Lから13.6km/Lに大きく改善され、「平成32年度燃費基準+20%」を達成しています。また、V型8気筒 直噴DOHCを採用しています。

現行型センチュリーの魅力を御紹介します。

トヨタ・センチュリー - Wikipedia (44048)

日本独自の美意識と伝統的な文様が織りなす、新たな時代の華やかさを追求したデザインは、とても美しいです。

走行性能や安全性

これからの日本を牽引するリーダーをお乗せする車にとって、高い環境性能と信頼性は不可欠です。V8・5.0Lハイブリッドシステムにより日本を代表する車としての要件は整ったと言えます。発進した時でさえ気づかないほどの静粛性を実現しています。

また、ドライブモードセレクトにより、エコからスポーツまで4つのモードを選択できます。
トヨタ センチュリー | 燃費・走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (44052)

Toyota Safety Senseによる2種類の目で、安全で快適な運転をサポートしています。また、ブレーキを踏み込めなかった場合と踏み込めた場合にそれぞれ安全性の機能を発揮する繊細な機能も備わっています。

そして、単眼カメラが白線に反応をし、車線のはみ出しを防ぐ警告音を鳴らすなどの機能も備わっています。
トヨタ センチュリー | 安全性能 | トヨタ自動車WEBサイト (44054)

まとめ

センチュリーは一般の方には購入のしにくい金額であることは事実だと思いますが、決して購入できないというわけではないです。むしろお金があれば購入できる確率は高いとこのことです。

しかし、転売目的や高級車であることから購入する人によって販売店の方が販売するかしないかはしっかりと考えて行っているようです。それでも日本を代表する車には一度は乗ってみたいと感じたのはないかと思います。

確かにお偉いさん方や反社会勢力の方が乗られているイメージはありますが、そのセンチュリーの魅力には惹かれざるを得ない魅力が沢山備わっているかと思います。

外観のエンブレムなども「トヨタ」のロゴではなく「鳳凰」という日本の美を象徴したものとなっています。また、トランクルームにトヨタのロゴが入っているそうです。

この記事を参考に、センチュリーだけでなく高級車に興味を持っていただければ幸いです。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan