2018年9月27日 更新

トヨタ2000GTが蘇るのか???大人気となっている旧車2000GTをモディファイして開発???

往年の国産名車のなかでも、群を抜いて人気モデルであり、生産台数からも希少性の高いトヨタ2000GT。このモデルは、旧車だけでなく、レプリカも製造販売されるほど。この2000GTが新しくなって蘇る???との情報が入りましたので調査してみます。

トヨタ2000GTが蘇るのか???大人気となっている旧車2000GTをモディファイして開発???

トヨタ2000GTってどんなクルマ?

トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発し、ヤマハ発動機への生産委託という形式で1967年から1970年までトヨタブランドで生産・販売されたスポーツカータイプの乗用車が2000GT。

トヨタ側の事情として
1960年代前半の日本でのモータースポーツの全盛期に、トヨタ自動車にとって、競合メーカーである日産自動車ではフェアレディが製造され、4輪メーカーとしては新目の本田技研工業でもSシリーズを開発、それぞれ市場に送り出されており、いずれも軽快なオープンボディのスポーツカーとして日本国内外で大人気でした。

これらのスポーツカーは、レースなどでもメーカーの技術力を最大にアピールし、メーカーのイメージアップに大きく貢献する存在だった。このときトヨタ自動車は、日産自動車と並んで日本を代表する最大手自動車メーカーなのに、1960年代前半にはスポーツカーを開発・生産できていなかった事情があるようです。

ヤマハ発動機側の事情として
ヤマハ発動機では1959年に「ヤマハ技術研究所」を設立して、安川力氏を主任とする研究室が四輪車の試作を行っておりました。世界初の全アルミ製エンジンを製作するなど、先進的で意欲的にスポーツカー開発に挑戦していました。

一方で開発に莫大な資金を費やした上、四輪開発・発売には至らず、さらに当時発売していたスクーターのリコール対応に追われるなどでヤマハの経営難も重なり、1962年に技術研究所と安川研究室は解散、4輪が自社開発では頓挫してしまったようです。

共同開発になる・・・
トヨタ側の開発陣がヤマハ発動機に出向きながら、ヤマハの安川研究室の十数名を主導して2000GTの開発プロジェクトを推進。開発プロジェクトはことのほか順調に進み、4月末に設計図が完成。計画開始からわずか11か月後の8月には、試作車の第1号車が完成し、トヨタ自動車にて公開。

筆者が思うには、資金が潤沢なトヨタでしたが、時代にあったスポーツカーの開発が行えていなかった事情、エンジン等パワートレインでは、非常に良いものを開発したが、実車の完成が資金的に難しかったヤマハ発動機側の事情が、うまくミックスすることが出来て共同開発になったのでしょう!!!
 (44656)

オイルショックや排出ガス規制などの影響のかなった60年代では、世界的傾向のなかで魅力的なスポーツカーが多く誕生しましたね。日本においてもかつてない高性能なグランツーリスモ、トヨタ2000GT(1965年)が、このとき登場しましたね。

ロングノーズの均整がとれたスタイリングやバックボーンフレーム構造が最大のポイント。6気筒ツインカムなどデザイナーやエンジニアが思いのままに造形した結果、谷田部のテストで3つの世界記録と13の国際新記録を樹立するモデルへ。世界水準の高性能車を成しえたともいえますね。

全長×全幅×全高(mm)=4,175×1,600×1,160
車両質量 1120kg
エンジン形式 2000cc水冷直列6気筒DOHC
最高出力 150ps/6600rpm

生産台数
日本向け 前期110台・後期108台 合計218台
日本国外向け 合計102台
 (44657)

トヨタ2000GTのレプリカを製作している会社

ロードスターガレージの思い
トヨタ2000GT、その存在は私にとって遠い存在であったようです。名車を復活させたなど到底言えないですが、今まで自動車業界で取得した知識と技と想いを駆使して製作したいという想い。

このクルマを乗っていただける皆様が、自然と笑顔になり楽しいと思っていただけるよう、幸せであり皆様の人生のひとときの一部になってくれたらと、ロードスターガレージの社長は思っているようです。技術者として最高の褒美は、皆様の笑顔との事。

会社名 ロードスターガレージ有限会社
資本金 300万円
代表取締役 小林 一美
住所 〒443-0022 愛知県蒲郡市三谷北通3丁目186番地
電話・FAX 0533-79-6736
Eメール m.kobayashi@roadstergarage.jp
営業時間 AM 9:00 ~ PM 6:00
休日 日曜・祭日・第二/第四土曜日

ロードスターガレージ リアルレプリカ ラインナップ(トヨタ2000GT・ランボルギーニ ミウラ) の ご紹介 トヨタ2000GT & Lamborghini MIURA Replica

新型トヨタ2000GTエクステリア等!!!

 (44658)

トヨタが1967年に発売した伝説のスーパーカー「2000GT」に、欧州モータースポーツ界で復活待望論が熱を帯びているようです。「Behance.net」では、期待を込めた予想CGも掲載されはじめました。

予想CGでは、「FT-1」・「スープラ」新型デザインやシャーシから継承されるダブルバブルルーフをモチーフに、筋肉質なリアフェンダーを持たせ、Aピラーからリアウィンドウへ続く綺麗なシルエットがポイント。

フロントマスクは、かなり斬新になっていますが、細いLEDデイタイムランニングライトは、「新型スープラ」のイメージをそのままインストールしている印象。

やはり生産台数の少なかった2000GT、そしてこのモデルが現在に至っても非常に人気があり、一時期日本の旧車としては、破格の1億円という値段が付くほどのモデルでした。2000GTの後継が出て欲しいと言う思いも世界的に強いのではないでしょうか?!
 (44659)

まとめ

ロングノーズで曲線美の美しいトヨタ2000GT、当時としてはパワートレイン等も最新技術となっており、ヤマハとの共同開発が非常に良い結果を生み出したともいえますね。

まだ、今回のよみがえる2000GTは、実際に同なのか???部分が多いモデルですが、もしトヨタ自動車としてこのモデルを開発したならば、欲しい人は少なくないのではないでしょうか!
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me