2018年10月25日 更新

メルセデスベンツAクラス発売記念車A180 Edition1を設定!新型Aクラス販売の中で、記念車に焦点を集めて見ます!!!

新型のAクラスの発売が開始されました。このモデルを記念して発売記念車となるA180 Edition1が設定もされました。このモデルに焦点を充ててみたいと思います!!!

メルセデスベンツAクラス発売記念車A180 Edition1を設定!新型Aクラス販売の中で、記念車に焦点を集めて見ます!!!

新型メルセデスベンツAクラスのコンセプト等は???

新A180のコンセプト!!!
「新しい時代に、新しい相棒を」がキャッチコピー。

クルマ自身がユーザーを理解し、様々なことを直接サポートしてくれるMBUXというまったく新しいユーザーインターフェイスを搭載。メルセデスの最高グレードとなるSクラスと同等の世界最高水準の安全性能が搭載されて、大きな安心感がユーザーを包むインテリジェントドライブを可能にしているとの事。

全く新しいドライバビリティを体現することの出来る革新的なデザインに昇華させて、心地よさだけでなく心躍らせるような、俊敏でパワフルな次世代の走りを実現している模様。全く新しい時代に、新しい車、新しい装備で登場したAクラスといえるでしょう!

発売記念車であるA180 Edition1の概要
Aクラスをさらに美しいダイナミズムにアップし、ナイトパッケージのブラックが映えるAMGスタイリングも表現、さらに上質でスポーティなエクステリアとインテリアの要所要所に配置された淡いイエローグリーンのアクセントがポイント。

世界最高レベルの安全性能を実現するレーダーセーフティパッケージやアドバンスドパッケージなど、次世代の安全性、快適性、利便性を装備しているのもA 180 Edition1の特徴でもあります。新しいクルマ体験をもたらすAクラスの誕生、それを記念する一度きりの限定モデルとの事。
 (47942)

メルセデスベンツAクラス発売記念車A180 Edition1のエクステリア等

フロントでの最大の特徴は、フロントスポイラー。

美しいダイナミズムが表現されているAMGスタイリング、そして鮮烈な淡いイエローグリーンのアクセントがあしらわれたフロントスポイラーではないでしょうか!

AMGスタイリングパッケージ(グリーンアクセント入) フロントスポイラーは、このモデルのエクステリアデザインでひときわ目立つラインとなっていそうですね!
 (47943)

リアでもやはりリアスカート自体が最大の特徴であるのではないでしょうか?

フロントとシンクロするように、リア部分にもグリーンアクセントがあしらわれており、リアのボリューム感やひときわ目立つ存在へとアップデートされたリアスカートですね。

 (47944)

エクステリアカラーは全三色が用意されているとの事。筆者的には、折角記念車に乗るのであれば、、、やはりdesignoマウンテングレーマグノに乗ってもらいたいところ(筆者の個人的な感想)。

①マウンテングレー(メタリックペイント)
全国限定250台
②ポーラーホワイト(ソリッドペイント) 全国限定150台
③designoマウンテングレーマグノ(マットペイント) 全国限定100台
・designoマウンテングレーマグノは有償オプションとして、別途250,000円(税込み)が必要。
 (47963)

専用アルミホイールも搭載。
ブラックカラーに淡いイエローグリーンのアクセントがあしらわれていますね。19インチAMGマルチスポークアルミホイール。
 (47946)

メルセデスベンツAクラス発売記念車A180 Edition1の内装等

Aクラスから始まる新しいユーザー体感がこの記念車にも搭載。

ユーザーの言葉、指先で操作可能で、好みや行動を学習しサポートする革新のインフォテインメントシステムを搭載、その装備が、MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)であります。ドライバーが運転に集中できるために、いろいろな機能が素早くシンプルに操作でき、高い安全性も可能に。

会話するだけで簡単に使いこなせるように自然対話式音声認識機能搭載
CMでもおなじみの、「ハイ、メルセデス」とクルマに話しかけ起動。「ちょっと寒い」・「○○に行きたい」など、普段の会話のように話しかけたら、車両設定やインフォテインメント機能が簡単に作動できる仕組みに。

直感的に操作できるタッチインターフェースも
センターディスプレイのタッチスクリーンとセンターコンソールのタッチパッドでは、指先でセレクト、スワイプ、拡大などが容易に!インフォテインメントの機能がスマートフォンのように素早く簡単に操作できるようです。

インテリア
随所に淡いイエローグリーンのアクセントを施したインテリアがエクステリアとシンクロしていますね。グリーンステッチ入内装(ダッシュボード、センターアームレスト、ドアパネル、ドアアームレスト)は、車内空間を華やかにしてくれる存在でも有りますね。

 (47948)

最大のアクセントとして採用されているインテリアトリム
「EDITION」ロゴを施したA180 Edition1専用のアルミニウム製インテリアトリムは、このモデルが、記念車であることを主張している部分でありますね!
 (47949)

メルセデスベンツAクラス発売記念車A180 Edition1のパワートレイン等

パワフルなドライビングが愉しめる新開発1400㏄直列4気筒直噴ターボエンジン搭載。

アルミニウム製シリンダーブロック・進化したコンパクトデルタシリンダーヘッドなどの採用で、大幅に軽量化・小型化し、出力をも向上したエンジンの模様。

NANOSLIDE®シリンダーコーティングなどを施した徹底したフリクション低減、電子制御ウェイストゲートを採用したターボチャージャーによる低中負荷域からレスポンスアップも可能に。さらに、インテークのエアレゾネーターやダンパーなどを搭載したことで高い静粛性も付加。

アクセルを踏んだ瞬間から伸びやかに気持ちよく立ち上がるパワーは、街中からワインディングロードまでかつてないプレジャーに満ちたドライビングが可能になるよう仕上げられているとの事。

 (47966)

まとめ

新型Aクラス価格構成は・・・
A180 ¥3,220,000(税込)
A180スタイル ¥3,620,000(税込)
A180 Edition1 ¥4,790,000(税込)

となっております。発売記念車となっておりますので折角のA180に乗るのであれば記念車も良いのではないでしょうか!!!
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me