2018年10月16日 更新

BMW「X7」新旗艦SUV、室内完全公開で2列目まで丸見え!10月中旬公開へ

BMW「X7」の最新情報をお届けします。

BMW「X7」新旗艦SUV、室内完全公開で2列目まで丸見え!10月中旬公開へ

最新情報!

BMWの新フラッグシップ・クロスオーバーSUVとなる『X7』のキャビンの詳細をカメラで初めて捉えることができました。

BMW次世代コックピット「オペレーティングシステム7.0」も起動する、完全な写真は初公開となります。
 (47625)

今回は、広いレッグルームのある2列目の撮影にも成功することができました。

「X7」のプラットフォームには、「5シリーズ」「7シリーズ」新型と共有する最新の軽量「CLAR」を採用していて、同ブランド初の標準3列7人乗りとなります。

生産準備が整えられたと見られる開発車両の室内には、アルカンターラ・ヘッドライナーを備えている、2トーンのレザーシートやダッシュボードとセンターコンソールに光沢のある豪華なウッドトリムが見て取ることができます。

コックピットには、最新モデル『Z4』同様にデュアルディスプレイを備えていて、最新鋭のフルデジタル・インストルメント・クラスターも確認出来ます。

そのことからも、全体的デザインは、『8シリーズ』に酷似していることが分かります。
 (47624)

リアセンターコンソールには、コンセント、ペアのUSBポートや温度設定コントローラーも見て取れます。

2つのカップホルダーは、安価なプラスチックのようでしたので、市販型では、もう少し高価な仕様となることでしょう。
 (47628)

 (47629)

トレーラーに積まれていた最新プロトタイプは、ベルトラインから上部が露出していて、ウィンドウ形状や2列目、3列目にかなり余裕のあるゆったりしたサイズであることが確認出来ます。

パワートレインは、最高出力340psを発揮する3リットル直列6気筒ガソリンエンジンや、456psを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボのほかに、『740e』から流用される2リットル直列4気筒ターボと、111psの電気モーターを組み合わせた、最高出力325psのPHVも期待出来きます。

またV12エンジン搭載モデルも、投入される可能性があるようです。

今後情報

披露となるワールドプレミアの場は、11月のロサンゼルスモーターショーが有力ですが、10月中旬にもオンラインでの公開があるかも知れないと噂されているため、近日に公開されるのか注目が集まっています。
11 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部