2019年2月5日 更新

フォルクスワーゲン ゴルフからGTI TCRが登場。290ps!

2018年にフォルクスワーゲンゴルフGTi TCRコンセプトが発表され、このモデルが、正式に登場することになりました。レース譲りのスピリッツが、多数盛り込まれていそうです。このモデルをご紹介していきます。

フォルクスワーゲン ゴルフからGTI TCRが登場。290ps!

フォルクスワーゲン ゴルフGTI TCRのエクステリア

フロントビューでは、鋭くカットされたフロントスポイラーが特徴です。これは、現在のモータースポーツからインスパイアされ、光沢のあるブラック仕様となっています。ブラック化している点が、スポーティさを更に演出しています。

GTI伝統のコンパクトハッチスタイル、俊敏な4気筒エンジン、FF駆動方式、ラジエターグリルのレッドストライプを継承しながら、デザインやその他を進化させたモデルではないでしょうか!
 (54865)

サイドで特徴的なのは、やはりTCR特有の模様がセンターに配置されている点です。フロントからリアに流れるように続くデザインがレーシーな雰囲気を醸し出しています。

サイドシルもフロントスプリッターにあわせるように、ブラック化されて装着されています。クォーター下部には、TCRの専用ロゴが採用されています。

エクステリアカラーは、新色のピュアグレーにピュアホワイト、トルネードレッド、ディープブラックパール、オリックスパールホワイトが採用されています。さらにトルネードレッドには、ブラックルーフの組み合わせが可能です。
https://www.netcarshow.com/ (54866)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、バンパー下部のディフェーザーがブラック化されているだけでなく、ルーフスポイラーにもブラック装飾が施されていて、スポーティーさを演出しています。

トルネードレッドには、ブラックルーフのチョイスが出来ることで、レーシーな雰囲気にアップグレード出来ます。

マフラーやテールパイプは、ステンレス製です。今回のGTI TCRのために排気効率を高めて装着しています。後部ディフェーザーの左右に配置され、スポーティー感を演出していますね。

https://www.netcarshow.com/ (54867)

via https://www.netcarshow.com/
GTI TCRの標準ホイールは、ヴォルフスブルグの工場で製造された18インチのBelvedere鍛造ホイールを装着しています。オプション利用で、Reifnitzまたは、Pretoriaデザインの19インチアロイホイールをチョイスすることが可能です。

オプションでのタイヤサイズは、235/35R19のタイヤが装着されています。

1パッケージ化されていて、Reifnitzをオプションで選択した場合には、Vmax制限の削除、アダプティブダイナミックシャシーコントロール(DCC)、フロントアクスルとリアアクスルショックアブソーバーのスポーツ調整をボタンで調整可能にしています。

また、Pretoriaを選択した場合は、Vmax制限の解除、スポーツバージョンのリアショックアブソーバー、およびアダプティブダイナミックシャシーコントロール(DCC)、ならびに追加の盗難防止用ホイールロックが装備されています。
https://carnews.jp/articles/RdGhG (54869)

via https://carnews.jp/articles/RdGhG

フォルクスワーゲン ゴルフGTI TCRの内装等

3本スポーツステアリングとDSGスポーツシフトが、コックピットの特徴点です。ステアリング頂点には、レッドステッチが施されていますね。

スポーティな仕様でも、最新の技術が盛り込まれたメータークラスターが組み込まれています。ダッシュセンターには、大型モニターも装備され、レーシーでありながらも欲しいアイテムが採用されています。
https://carnews.jp/articles/RdGhG (54870)

via https://carnews.jp/articles/RdGhG
ドライバーだけでなく、乗員全てがトップスポーツシートとなっています。素材は、マイクロファイバー&ファブリック仕様です。このシートは、TCR用に専用開発されて装備されています。グレーのマイクロファイバー素材は、ドアトリム等にも採用されて、統一感を演出しています。

グレー素材に対して、赤色は「閃光」を表現してデザインされています。シートベルトやドアトリムのステッチは、赤となっており、こちらも「閃光」にシンクロしたデザインです。
https://carnews.jp/articles/RdGhG (54871)

via https://carnews.jp/articles/RdGhG

フォルクスワーゲン ゴルフGTI TCRのパワートレイン等

Golf GTI TCRのパワートレインは、2000cc4気筒ターボエンジンです。最高出力は、290psを発生します。最高速度は、工場製造時は250km/hに設定されていますが、電子Vmaxリミッターを取り外すことでこれを260km/hに引き上げることが可能です。

組み合わされるミッションは、7速DSGとロッキングディファレンシャルを組み合わせ、FF駆動としています。また、ラジエターをフロント部に2個追加して、冷却性能を上げています。

国際TCRレースシリーズで2回優勝し、ツーリングレーシングカーの遺伝子を継承したロードモデルと言えますね。
https://carnews.jp/articles/RdGhG (54872)

via https://carnews.jp/articles/RdGhG

まとめ

フォルクスワーゲン ゴルフGTIは、1976年デビュー以来、7世代にわたって販売されているモデルです。約230万台と言う実績も特徴的です。ゴルフ GTI TCR(競技モデル)は、国際TCRレースシリーズで2回の優勝をし、その他のTCRレースでも功績を残しています。

ゴルフGTI TCRはすべてのTCRレーシングカーの中で「モデル・オブ・ザ・イヤー」として表彰されてもいます。同モデルの販売数量は、限定数量となるのではないでしょうか?筆者的には、2019年中に販売開始になると予想します。登場が楽しみです!
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me