新型カローラセダン世界初披露!日本発売は2019年春以降?

トヨタは、11月16日に開幕した中国の広州国際モーターショーにおいて、新型カローラ シリーズのセダンを世界初披露しました。そして、セダンが本命となる日本での発売は2019年春以降とされています。

日本仕様はどうなる?

 (50989)

TOYOTA、新型カローラ シリーズのセダンを中国 広州国際モーターショーで世界初披露 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (50990)

新型カローラセダンは、基本性能を大幅に向上させたGA-Cプラットフォームをベースに、アクティブさを強調したスポーティモデルと、堂々とした上級感を表現したプレステージモデルの2タイプを設定しています。 この新型モデルは、2019年春に米国・欧州で販売を開始した後に、2019年央以降に発売する中国など、世界150以上の国・地域で順次発売されます。そして気になる日本においては、既に発売されているカローラスポーツをベースに、日本のユーザーや道路環境に合わせて最適化した専用仕様のセダンおよびワゴンを2019年内に発売する予定となっています。

エクステリアは小さな”カムリ”

レビン

レビン

https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/25340019.html (50994)

via https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/25340019.html
新型カローラセダンのエクステリアは、「骨格で魅せる逞しさとアクティブさを併せ持つデザイン」をコンセプトとし、現行型より全高を低く、トレッドを広げることで、踏ん張り感のある低重心でスポーティなシルエットを実現しています。 カローラスポーツと同様のフロントデザインと現行モデルより45mmも低い全高が、スポーティーなイメージを与えており、ミドルサイズセダンのカムリのシルエットに近いものとなっています。中国仕様ではカローラとスポーティーモデルのレビンがありますが、レビンの方がカローラスポーツに似たフロントデザインになっているようです。

シンプルながらも上質感あるインテリア

 (50997)

TOYOTA、新型カローラ シリーズのセダンを中国 広州国際モーターショーで世界初披露 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (50998)

インテリアでは、「シンプルでありながら感性に響くデザイン」をコンセプトとしており、薄型インパネによる心地よい開放感のある空間と、センタークラスターなど集約された機能部品とのコントラストにより、上質なデザインを追求しています。特にダッシュボード中央に鎮座する大型の4.2インチのTFTマルチインフォメーションディスプレイや、最新のメータークラスターが目新しさを感じます。

仕向け地によって異なるパワーユニット、日本仕様はどうなる?

直列4気筒2.5L直噴ガソリンエンジン・トランスアクスル | トヨタグローバルニュースルーム (51004)

New Corolla design movie (Sporty model)

コネクテッドと安全装備

新型カローラセダンは、その国の実情に合わせて、新型パワートレーンの「2.0Lダイナミックフォースエンジン」や、最新のハイブリッドモデルを新たに投入するとされています。日本仕様で候補にあがるのは、カローラスポーツで採用される1.2L直噴ターボと1.8Lハイブリッドですが、「2.0Lダイナミックフォースエンジン」が搭載されれば、かなり魅力あるモデルになるので期待したいと思います。 この「2.0Lダイナミックフォースエンジン」は、マツダが年内に予定されている「アクセラ」に搭載される「スカイアクティブX」との比較という点においても興味あるパワーユニットです。
 (51006)

https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/25340019.html (51007)

via https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/25340019.html
最新の車種にはコネクティビティが不可欠ですが、発表された新型カローラセダンには、Appleの「CarPlay」やアマゾンのAI音声認識アシスト、「アレクサ」(Alexa)と連携。セーフティコネクトやWi-Fi接続、テレナブ社が開発したナビゲーションシステムの「スカウトGPSリンク」にも対応しています。 また、ハンズフリーでiPhoneを操作する「Siri eyes free」、iPod接続とコントロール機能を備えた
USB 2.0ポートなどが採用され、さらに「Entune 3.0 App Suite」では、最新の天気や交通情報などが取得できるとしています。 日本仕様においては、これもカローラスポーツに導入済みなのでそのままセダンにも流用されるでしょう。また、「トヨタセーフティセンス2.0」を全車に標準装備するのも織り込み済みです。

まとめ

TOYOTA、新型カローラ シリーズのセダンを中国 広州国際モーターショーで世界初披露 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (51011)

スポーツもいいけど、やはりカローラは4ドアセダン。2019年の早くても春以降となる発売が待ち遠しい一台であることは間違いない。ライバルは新型となっているはずのマツダの「アクセラ」。かなり力の入ったフルモデルチェンジになるはずなので、ハッチバックのスポーツとともに、セダンでもガチンコの戦いになるでしょう。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。