2019年9月8日 更新

欧州日産で新型ジュークがフルモデルチェンジに!

欧州日産は、新型ジュークを9/3(現地時間)から販売開始しました。斬新なディテールやデザインは継承され、サイズは拡大していそうです。同モデルのエクステリアや内装、パワートレイン等をご紹介します。

欧州日産で新型ジュークがフルモデルチェンジに!

欧州日産 新型ジュークの概要等

欧州日産は、2019年9月3日(現地時間)に、コンパクトSUVであるJUKE(ジューク)を、約10年ぶりにフルモデルチェンジして販売開始しました。ボディサイズは拡大されて、居住空間も拡大しています。プロパイロットなどの日産先進技術もふんだんに盛り込まれてのフルモデルチェンジになっていそうです。

今回新型ジュークは、欧州のロンドン、パリ、ミラノ、バルセロナ、ケルンの5か所で同時発表されました。初代モデル同様に大胆なクーペフォルムSUVを継承しています。ボディサイズは、全長×全幅×全高4,210×1,800×1,595mmと拡大されて、先代型(欧州)に比べて、後席の足元空間や荷室・収納スペースを拡大しています。

搭載されるパワートレインは、最高出力117psを発揮する1000cc3気筒ガソリン直噴ターボエンジンです。6速マニュアルかパドルシフト付き7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)がチョイスできます。

欧州仕様車は現行モデル同様に日産の英国・サンダーランド工場で製造されて、2019年11月頃より納車が開始される予定です。価格は、17,395ユーロ~25,395ユーロとのことで、日本円では、約2,020,000円~約2,950,000円)となっています。
 (65872)

欧州日産 新型ジュークのエクステリア等

クロスオーバークーペSUVとして、断定的なラインに、壮大な光の特徴を活かしたディテールに仕上げています。19インチの合金ホイールは、大胆なデザインとし、燃料効率と静寂を最適化する空力ラインが特徴的です。

日産新型ジュークのフロントランプは、キャラクター的存在になっていて、Y字型の円形ヘッドライトディテールに仕上げています。LEDテールライトは、特徴的な「ブーメラン」のディテールになっています。LEDライトの明るさにより、他のドライバーにより目立つようになり、セキュリティとエレガンスを組み合わせていますね。
 (65873)

欧州日産 新型ジュークでは、ファーストエディションが180台限定で設定されています。ブラックメタリックツートンカラーのコンビネーションとフジレッドルーフを備えたエクスクルーシブなエクステリアデザインに、幅19インチのアロイホイールは、ユニークなラインを与え、インテリアでは、プレミアムレザーとAlcantara®Black室内装飾品を特徴としています。エレガントで洗練されされた一台ですね。
 (65874)

欧州日産 新型ジュークの内装等

欧州日産 新型ジュークの革新的な内装デザインには、高品質のシステム等が組み込まれています。インテリアは、直感的な運転の世界に没頭できるように設計され、人間工学に基づいた制御と照明で、ユーザーのために設計されています。

最新の技術革新は、指先で活性化することができます。フロントヘッドレストがプライベートコンサートホールになります。「モノフォームスタイル」のシートは、乗員をしっかりホールドします。居住性が最適​​化され、キャビンは可視範囲を広くしています。

センターコンソールには、8インチのタッチスクリーンインフォテインメントディスプレイが装備されています。情報を提供し、世界とつながる真のコミュニケーションセンターとなっています。メーターの間にある7インチのTFT-LCDディスプレイで、オンボードコンピューター、ナビゲーション指示、オーディオシステムなど、必要なすべての機能を操作できます。
 (65875)

ドライバーと助手席のヘッドレストに組み込まれたUltraNearFieldスピーカーは、搭載されているサウンドに革命をもたらし、360°サウンドの中心に乗員がいる状況になります。

NissanConnect Servicesアプリケーションは、使いやすさと、非常に幅広い機能を提供します。重大な事故が発生した場合に自動的に助けを求めるなど、安全性を高めるために使用できます。より実用的な用途のために、ジュークをリモートでロック/ロック解除できます。

 (65876)

欧州日産 新型ジュークのパワートレイン等

欧州で発売の新型ジュークのパワートレインは、1000cc直列3気筒ガソリンエンジンで、最高出力117psとなっています。組み合わされるミッションは、、6速マニュアルトランスミッションまたは7速デュアルクラッチDCTオートマチックトランスミッションです。

ステアリングホイールのパドルは、指先での高速ギア変更を可能にし、よりスポーティな感覚を提供します。(注)DCTデュアルクラッチオートマチックトランスミッションでのみ使用できます。

 (65877)

欧州日産 新型ジュークの安全装備等

欧州日産 新型ジュークは、PROPILOTテクノロジーが搭載されています。
①インテリジェントクルーズコントロール
先行車を検出しているときは、運転者がセットした車速(約30~100km/h)を上限に、車速に応じた車間距離を保つように車間制御を行い走行します。

②先行車が停止したときは、先行車に続いて自車も停止します。一度停止すると、インテリジェントクルーズコントロールは停止した状態を保持します。

③先行車が発進したときは、ステアリングスイッチのRES+スイッチを押すか、アクセルペダルを踏むと停止状態を解除し、再びインテリジェントクルーズコントロールによる追従走行を開始します。

④先行車を検出していない場合は運転者がセットした車速で定速走行します。(約30km/h以下では前方に車両がいない場合使用できません。)

ハンドル支援として
車線中央付近を走行するようにステアリングを制御し、運転者のハンドル操作を支援します。(約50km/h以下では前方に車両がいる場合に作動できます。)

AVMシステムは、車両の前面、背面、または右側の選択可能なビューを備えた360度のパノラマビューを提供し、完全に制御して駐車できるようにします。どんな状況でも簡単に駐車できます。
 (65884)

まとめ

ついに欧州日産で新型ジュークが発表され、販売開始になりました。発売開始にあわせて180台限定のファーストエディションも設定されています。筆者が1つ気がかりなのは、日本には新型ジュークに関する情報が今のところ入ってきていないことでしょうか。今後も日産ジュークに注目です。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me